たくさんの人にブログを見てもらいたい

ブログを公開している以上、多くの方に見てもらいたいというのが一般的だと思います。
ブログ記事の書き方を工夫することで、よりたくさんの人に見てもらえる機会が増えますので、ぜひブログ記事をつくる際の参考にしてみてください。


目次



有名人・著名人ではない見ず知らずの人の雑記(日記)を読むのは他人にとってハードルが高いです。
主題を決めてブログを作成することで、同じ趣味嗜好の方が読んでくれる可能性が高くなり、コメントなどで反応があると、 モチベーションも上がるのでお勧めです。

自分が好きな趣味、ペット、食べ物、旅行など、興味のある特定のジャンルに絞って書くことで ネタにも困らないのではないでしょうか。

    


記事を作成する際にテーマを設定することも重要です。
テーマの設定方法については、こちらをご覧ください。

テーマにはアクセスランキングもあり、ランキングの上位のテーマ程、 より多くの方がその項目について興味があるという指針にもなりますので、参考にしてみてください。
テーマ別アクセスランキングについては、こちらよりご覧ください。

また、検索数も増えるので、季節のイベントに合わせて記事を作成することもお勧めです。
例えば、映画のブログを運営されている場合、クリスマスに合わせてクリスマス映画、ハロウィンに合わせてホラー映画、 年末年始に合わせて忠臣蔵などの記事を投稿することで、新たな読者を得る機会にもなります。

    






自分のブログをせっかく気に入ってくれても、ブログを訪問した際に更新がされていないと、徐々に人は離れていきます。
逆に言えば頻繁に更新することで、ブログの読者もチェックしに来てくれます。
毎日、更新するのは大変だと思いますが、週に1~2度、曜日を決めて更新するところから始めてはいかがでしょうか。




ブログ記事のタイトルは検索結果にも影響するので、非常に重要です。

検索結果について

検索結果については、弊社にて対応できかねますので、各検索サービスの提供元へお問い合わせください。
「検索しても自分のブログが表示されません」も併せてご参照ください。

検索結果への影響だけではなく、新着記事一覧からアクセスする訪問者の方も多いので、 人が読んでもわかりやすく興味を持たれるようなタイトルをつけることをお勧めします。

例えば、古い名作映画を観た記事を書く場合、下記タイトルではどちらの方がわかりやすいでしょうか。

例1)記事タイトル「昔の名画を観てきました」
例2)記事タイトル「『八人の侍』の感想・評価 @名画座東京」


例1では何を観たのか、映画なのか絵画なのかもわかりません。

それに比べて例2のタイトルでは、どこで何を観たか、それについて何を書いているのかが一目瞭然です。
映画に興味のある人にとっては、とても読みたくなるタイトルに見えるでしょう。

同様に本のタイトル、製品名、イベント名、有名人の名前などがある記事の場合は、 正確な用語をタイトルや本文に盛り込むことを意識してみてください。




ブログだけではなく、ネット上において長い文章はあまり好まれません。
なるべく文章は短くし、一定の長さで改行した方が読みやすくなります。
また、旅行記など長くなる文章は、文章の途中に箸休め的に画像を挿入するなどして長文になることを避け、 複数の記事に分けて投稿するのがお勧めです。
例えば、下記例文をご覧ください。

「相対性理論」と名づけられる理論が倚りかかっている大黒柱はいわゆる相対性理論です。私はまず相対性原理とは何であるかを明らかにしておこうと思います。私たちは二人の物理学者を考えてみましょう。この二人の物理学者はどんな物理器械をも用意しています。そして各々一つの実験室をもっています。一人の物理学者の実験室はどこか普通の場所にあるとし、もう一人の実験室は一定の方向に一様な速さで動く汽車の箱のなかにあるとします。相対性原理は次のことを主張するのです。


改行もなく、文字が詰まっているので、パソコンのモニターやスマートフォンの画面では非常に読みづらくなっています。
同じ文章でも以下のように適度に改行を行うことで比較的読みやすくなります。

「相対性理論」と名づけられる理論が倚りかかっている大黒柱はいわゆる相対性理論です。

私はまず相対性原理とは何であるかを明らかにしておこうと思います。

私たちは二人の物理学者を考えてみましょう。
この二人の物理学者はどんな物理器械をも用意しています。そして各々一つの実験室をもっています。

一人の物理学者の実験室はどこか普通の場所にあるとし、
もう一人の実験室は一定の方向に一様な速さで動く汽車の箱のなかにあるとします。

相対性原理は次のことを主張するのです。





せっかくブログを開設されても、数多く存在するブログの中に埋もれてしまい、 なかなか気づいてもらえないことはよくあることです。

そんな時にはコメントを利用することも一つの方法です。

ウェブリブログでは、ログインをしたままコメントを投稿すると、ニックネームへブログのリンクが自動的に張られます。

同じテーマについて書いているブログのコメント欄へ投稿することで、コメント投稿をしたブログ開設者の方や、その記事を読まれた閲覧者の方がリンクを通じて訪問してくれる可能性があります。

ただし、コメントを投稿する際にはマナーを守って、楽しくご利用ください。

ご注意

以下のようなコメント投稿はマナー違反となりますので、ご注意ください。

  • 自分のブログの宣伝のみ行う
  • 脈略のないコメントを連続で投稿する
  • 同じ内容のコメントを複数のブログへ投稿する
  • ブログ記事の内容を誹謗中傷する

悪いコメント例) ※ペットの記事に対して
「わたしも猫を飼っているのでブログを見てください!」


良いコメント例)
「影千代ちゃんかわいいですね。わたしもキナコという三毛猫と暮らしていますが、紹介されているオヤツがとても良さそうだったので、今度買ってみます。これからも拝見させていただきますので、よろしくお願いします!」






ウェブリブログでは300種類上のデザインテンプレートをご用意しておりますので、記事の内容と合うテンプレートにすることでアピールすることもできます。
デザインテンプレートの設定方法にきましては、こちらをご覧ください。

また、オリジナルのタイトル画像を設定し、より個性的にアピールすることもできますので、こちらをご参照の上、お試しください。


HTMLやCSS、画像の編集に関するお問い合わせはサポート対象外となります。




ウェブリブログでは、記事を投稿するたびにTwitterへ自動的に投稿する連携機能があります。
(管理画面の「設定」-「オプション」-「Twitter(ツイッター)設定」より設定)

また、連携機能はありませんが、その他のご利用のSNSへもブログの記事を更新したことをお知らせすることで、 アクセスアップにつながりますので、お試しください!

関連リンク