誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    街道

街道

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「街道」のブログを一覧表示!「街道」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「街道」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「街道」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

走る・登る・食べる武雄温泉元湯
武雄温泉元湯 めちゃ熱いぞ!1300年の歴史を持つ武雄温泉。武雄温泉のシンボル朱色の「武雄温泉楼門」をくぐると大衆浴場の「元湯」と「蓬莱湯」、 貸し切りの「家老湯」と「殿様湯」などの施設があります。江戸 ... » more
テーマ 温泉 街道

「小城羊羹資料館」見学 小城羊羹の歴史は「村岡総本舗羊羹資料館」で小城羊羹知っていますか?佐賀県小城市の小城羊羹協同組合に所属する羊羹店で製造・販売される羊羹で地域団体商標に登録されています。ここ小城市は長崎街道のほぼ真ん中にありま ... » more

長崎街道 龍馬の井戸〜古賀の藤棚 長崎街道を孫ちゃんとハイキングの計画が・・・「僕行かない!」ジョギングで数年前に走破しているのですが孫ちゃんも大きくなりGWにハイキングがてら峠道を歩こうと楽しみにしていたのですが…結局一人でバス ... » more

長崎街道 古賀の藤棚 予想はしていたけど・・・長崎街道を永昌宿(諌早)へ向かう途中に旅人たちが休憩をとった茶屋がありました。そこに立派な藤棚があり花の時期に行ってみたいと思っていました。2018年4月29日晴れ今年は花 ... » more

鳥栖市「村田八幡宮」 江戸時代は村田鍋島領の惣社でした!村田鍋島家は鍋島三支藩に次ぐ親類四家の一つです。領内には長崎街道が通っています。当時の村田村は人家40軒ばかりと茶屋、酒屋があったそうです。地図では長崎街道村田宿の文字も見ることができま ... » more

えっ? もう桜満開? 「富士フイルム九州」さん菊陽町工場のフェンスに沿って満開でしょうか?2018年3月14日晴この日の熊本市の最高気温23.6℃汗ばむ気温です。「春めき桜」だそうです。 ... » more
テーマ 公園 街道

走る・登る・食べる佐敷城跡
佐敷城跡 加藤清正が境目の城として 築城城山の上に石垣が見えています。ここ佐敷城の城下は薩摩街道と人吉街道が交わる交通の要地であり戦国時代中期までは相良氏領でした。戦国時代末期には島津氏の勢力拡大をめぐって攻防が繰り返 ... » more

てくてくにっき柳生街道・滝坂の道
柳生街道・滝坂の道 会のウオーク例会に参加して、滝坂の道を歩いてきました。てくてくの属する会は、毎月2回の例会があります。1回は山の例会。もう一回は、名所旧跡や峠や平野など歩くウオーク例会で、高齢者向けの例会。^O^滝坂の道は、江戸時代、多くの ... » more

長崎街道 永昌追分〜龍馬の井戸 諫早市内の長崎街道を走ってみたら・・・すでにここまで長崎街道を走ってきたのですがここ「永昌追分」をスタートということで…。長崎街道は、小倉〜長崎を結ぶ57里(約220km)の道です。ここ諫早市には当時「永 ... » more

鳥栖市「田代八坂神社」 鳥栖市「佐藤製菓本舗」さん前の神社「田代ゑびす市栗まんじゅう」を購入するために並んでいる間http://tor5555.at.webry.info/201712/article_18.html気になるのが ... » more

諫早市 常楽山慶巌寺 筝曲「六段の調」は本明川のせせらぎ?本明川は諫早市の中心を流れる長崎県唯一の一級河川です。諫早公園から飛び石で対岸に渡ることができます。渡ったところは長崎街道多良往還です。「多良海道と呼ば ... » more

坂本龍馬長崎への第一歩 島原湊坂本龍馬が勝海舟に随行して初めて長崎を訪れた時熊本から船に乗り島原に上陸し陸路長崎へ向かっています。今熊本港からのフェリーが着くのは島原外港です。フェリーで島原へ渡り昼食まで時間があったので ... » more

走る・登る・食べる矢上神社は
矢上神社は 長崎街道矢上宿跡に長崎街道25宿のうち長崎から数えて二番目の宿場町です今は長崎市ですがかっては諫早領の支配地だったそうです長崎市内では一番古い神社とも言われています ... » more

山鹿市のメインストリートは 豊前街道熊本の札ノ辻から小倉に至る豊前街道。先日久留米つつじマーチで歩いた御井宿へも続いています。山鹿市の中心を抜けています。菊池川を渡ると惣門をくぐるとそこは山鹿宿。山鹿 ... » more

横浜・神奈川宿 幕末史跡巡り 神奈川宿の幕末史跡めぐりをしてきた。昨年末に京都から江戸まで旧東海道を歩いた時は、ウォーキングが目的で、街道沿いの史跡めぐりができなかった。今年はオランダで建造された開陽丸が榎本武揚達によって横浜に回航されて150周年になり、そ ... » more

南関町 国指定史跡・豊前街道南関御茶屋跡 2017年2月15日南関町国指定史跡・豊前街道南関御茶屋跡そんなに大きな建物ではありませんが、藩主の休憩や宿泊などに使われた建物ということで、九曜紋の釘隠しや欄間などに、どこか格式を感じる建物でした。それでも床の間のある御居間でも質素な ... » more
テーマ 史跡 南関町 街道

旧東海道を歩く 19日目(12/11) 品川〜日本橋 品川宿から、いよいよ旧東海道東下りのゴールの日本橋まで歩く本日の最終コースはよく親しんだ場所で、特に田町の近辺は小学、中学、高校、大学時代に暮らしていた場所でもあるので、土地勘がある地域になる日本橋到着後は、千葉定吉の道場跡を経 ... » more
テーマ 史跡めぐり 先祖調査 街道

旧東海道を歩く 18日目(12/10) 保土ヶ谷〜品川 保土ヶ谷宿から、神奈川宿、生麦村、川崎宿を経て、品川宿まで28キロほどを歩く保土ヶ谷宿は、戸数558戸、人口2,928人(うち男1,374、女1,554)、本陣1軒、脇本陣3軒、旅籠67軒から成る0820保土ヶ谷宿を出立、神 ... » more

旧東海道を歩く 17日目(12/9) 大磯〜戸塚 大磯宿から、平塚宿、藤沢宿、戸塚宿を経て東戸塚まで歩く大磯宿は、戸数676戸、人口3,056人(うち男1.517、女1,498)、本陣3軒、脇本陣0軒、旅籠66軒から成る東の平塚宿とは2.9km、西の小田原宿とは15.7km離れ ... » more
テーマ 史跡めぐり 先祖調査 街道

旧東海道を歩く 16日目(12/8) 箱根〜小田原 箱根宿から、箱根旧街道(東坂)を下り、小田原宿まで歩く前夜から気温が低く、下りの坂道の丸い石畳は朝霜が溶けて滑るおそれもあるため、注意深く下る必要がある。箱根路は、年代によって道が移り変わっている@碓氷道(箱根で最も古い ... » more
テーマ 戊辰戦争 先祖調査 街道

旧東海道を歩く 15日目(12/7) 沼津〜箱根 その2 (前の記事のつつき)念願の箱根の西坂を登り、箱根宿までを歩く。本日は箱根温泉で一泊。1010緩やかな今井坂から、箱根街道の西坂を登り始める。1018今井坂を通り、愛宕坂石畳に入る。1769年に修理した記録によ ... » more

旧東海道を歩く 15日目(12/7) 沼津〜箱根 その1 沼津宿から、三島宿を通り、箱根宿までを歩く。沼津はもともと中世では漁村で、その地名のごとく蓼草(たでくさ)の生い茂った洲で、蓼原と呼ばれていた。この蓼原の東北に三枚橋の里があった。この地に人家が漸次に発達して沼津となる。元禄以前 ... » more

旧東海道を歩く 14日目(12/6) 蒲原〜沼津 蒲原宿から、吉原宿、原宿を通り、沼津宿まで、明日の箱根を前に平坦な道を歩く。蒲原は神原とも書いた。蒲原の駅はもとは富士川の東岸にあったが、川の氾濫で早くに廃れて、富士川の西側に移る。この地は蒲原丘陵が北方から駿河湾に迫って急崖をなし ... » more

旧東海道を歩く 13日目(12/5) 府中〜蒲原 府中宿から、江尻宿、興津宿を通り、薩埵峠を越えて由比宿に入り、蒲原宿まで歩く。いろんな意味で薩埵峠が楽しみなコース。0820府中宿を出立、但し時間の都合で東静岡の先までは早駕籠に乗る。従って、西見 ... » more
テーマ 戊辰戦争 咸臨丸・開陽丸・幕末軍艦 街道

旧東海道を歩く  12日目(12/4) 島田〜府中 島田宿から、藤枝宿、岡部宿を経て、宇津ノ谷峠を越えて丸子宿を通り、府中宿まで、31キロを歩く広重の島田の図絵は、島田の側から西方の金谷の方への河原を、ドローンを使って高い所から大井川を見下ろすように描いている。0815島田宿 ... » more

旧東海道を歩く 11日目(12/3) 袋井〜島田 袋井宿から、掛川宿、日坂宿を通り、小夜の中山を越えて、金谷宿をから大井川越えまでの35キロを歩く。アップダウンの多い道程になる。0740地元の人の吹くホラ貝に送られて、袋井宿の東本陣跡を出立。0743「東海道どまん中茶屋 ... » more

旧東海道を歩く  10日目(12/2) 浜松〜袋井 浜松宿から、天竜川を渡り、磐田、見付宿を通り袋井宿まで、26キロを歩く。浜松の地は、万葉集に「ひき馬(ひくま)」と謳われ、また平安時代の『和名抄』には「波万万津」とみえる。鎌倉時代の阿仏尼の『十六夜日記』には、「今宵は引馬の宿と ... » more

旧東海道を歩く 9日目(12/1) 二川〜浜松 二川宿から、白須賀宿、新居宿、舞坂宿を通って、浜松宿まで、36キロほど歩く。二川宿は、遠江国へ入る三河国の最後の宿になる。宿駅業務は、当初、二川村と大岩村で行っていたが、二つの村は12町(1.3キロ)離れていて、距離を隔てた継立 ... » more
テーマ 史跡めぐり 先祖調査 街道

幕末散歩2017年の予定
2017年の予定 明けましておめでとうございます。今年は退職して8年目に入ります。相も変わらず趣味の世界をさまよっています。昨年は、先祖調査はあまり進捗しませんでした。三吉慎蔵の妻・伊予の実家・正村家の末裔の方と面会し史料を頂戴したこと、 ... » more
テーマ 日記 先祖調査 街道

旧東海道を歩く 8日目(11/30) 藤川〜二川 藤川宿の先の長沢から赤坂宿、御油宿、吉田宿を通って、二川宿まで27キロを歩く。広重の「藤川」には、東の棒鼻が描かれている。棒鼻は宿場への入り口を示していて、そこに10尺(3.3m)の傍示杭(ぼうじぐい)を立てた。「自是岡崎藩領藤川宿 ... » more
テーマ 史跡めぐり 先祖調査 街道

 

最終更新日: 2018/09/02 13:11

「街道」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る