誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ゴダール

ゴダール

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: ゴダール
テーマ「ゴダール」のブログを一覧表示!「ゴダール」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5    次のページ
ジャン=リュック・ゴダールの新作映画、『イメージの本』を見るため、シネスイッチ銀座へ行ってまいりました。 これもすこし前の話になります。 今年89才になる映画監督、ジャン=リュック・ゴダー.. » more
テーマ ゴダール

映画、『グッバイ・ゴダール!』を見るため、おなじみの映画館、アップリンク渋谷へ行ってきました。 この映画、いったんロードショーが終わったものを、リバイバル上映してるみたいです。 僕はジャン.. » more
テーマ ゴダール

『さらば、愛の言葉よ』(ジャン=リュック・ゴダール監督、2014年、原題『ADIEU AU LANGAGE』、69分) ずっと「女」と「男」なのである。ずっと「路上」なのである。ずっと「さまよっ.. » more
テーマ ゴダール

ゴダール「Adieu au langage (さらば、愛の言葉よ)」を鑑賞しました。 ’さようなら’を言う者は、ウィットゲンシュタインの例のように、常に正反対の意味に行くことになります。 ゴダールも別.. » more
テーマ ゴダール

ジャン・リュック・ゴダールの新作3D映画、『さらば、愛の言葉よ』を見てきました。 東京は銀座、シネスイッチ銀座です。 僕は今まで、3D映画にほとんど興味がありませんでした。 理由は、.. » more
テーマ ゴダール

福沢の英国を称えた言葉全部に従うと、男性原理である英国のアイルランド植民地化を容認しなくてはならなくなります。是は不可能。現在の靖国的全体主義を批判していく為に、ここで書いたのは、後期水戸.. » more
テーマ ゴダール

政治は政治、文学は文学? ジョイス研究者に限らず、海外文学に寄生してきた日本の文化人達は、ジョイスがいかに現代のアイルランドを描く上で古代イスラエルのオリエンタリズムを必要としたかを知っているのに、パ.. » more
テーマ ゴダール

1 50年間ゴダールの映画は、それぞれの時代にそれぞれの課題をもちました。日本で公開されたときも映画「ソーシアリズム」は、反ネオリベグローバリズムの人々に支持されていました。五十年代後半から頭角を現.. » more
テーマ ゴダール

原初のテクストを映画に与えることー ゴダールの芸術至上主義について 「子の曰く、吾、衛より魯に反(かえ)りて、然して後、楽正しく、雅頌各得(がしょうおのおの)其の所を得たり」(「論語」)。嘗て定.. » more
テーマ ゴダール

1、演劇と映画 対象を追うという言葉は、演劇人が依拠する訴因的中心の構成を言い表している。対象とはなにか?それは、与えられた脚本から解釈し再現しなければならぬ、そこに作者が定位していると.. » more
テーマ ゴダール

ハネケ「愛アムール」を観た。ピカソのドアの様に幽霊の侵入が暗示される。窓から鳩が二回入ってくるのは、受難の大洪水の神話的喚起か。この映画は、ゴダールのアルファビルとÉloge de l'am.. » more
テーマ ゴダール

大島渚は日本のゴダールか?答えはゴダールをどう理解するかによる。ゴダールのヌーベルバーグは、外部世界よりも遠く外に突撃したダダの継承者。大島の「愛のコリーダー」のラディカリズムは、内部世界よりも深く内.. » more
テーマ ゴダール

 
前のページ    1  2  3  4  5    次のページ

テーマのトップに戻る