誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    麻酔法

麻酔法

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 麻酔法
テーマ「麻酔法」のブログを一覧表示!「麻酔法」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3    次のページ
・術後の神経認知機能の回復の遅れは予後不良と関連している。ほとんどの手術には全身麻酔が必要であるが、その中でもセボフルランとプロポフォールが最も一般的に使用されている吸入麻酔薬と静脈麻酔薬である。著者.. » more
テーマ 麻酔法

・帝王切開時に導入される麻酔として、全身麻酔や硬膜外麻酔よりも脊椎麻酔が好まれている。本研究は、2013 年から 2018 年までの韓国健康保険審査評価院のデータをもとに、帝王切開時の麻酔法の傾向を検.. » more
テーマ 麻酔法

・今日まで、虚血性脳梗塞急性期患者の血管内治療(EVT)中の最適な麻酔管理の選択は、依然として議論の余地がある。総合脳梗塞センター 2 施設での第一選択の麻酔管理に応じて、EVT の機能的転帰と合併症.. » more
テーマ 麻酔法

・英国では、毎年約 76,000 人が、相当なの人的、社会的、経済的コストを要して股関節骨折を起こしている。長年の議論にもかかわらず、最適な麻酔の種類(全身または脊椎)は不明のままである。著者らの目的.. » more
テーマ 麻酔法

・本研究の目的は、脊髄、硬膜外、全身麻酔の手術転帰と、尿道アクセスの成功と結石アクセス達成に及ぼす麻酔法の影響を評価することである。 ・本前向き無作為化試験では、尿管結石に対して初回の URS .. » more
テーマ 麻酔法

・本研究では、人工膝関節置換術(TKA)を受ける患者で、他の共変量を調整後、輸血イベントのリスクに麻酔の種類が独立して関連しているかどうかを評価した。 ・これは、シンガポールで初回片側 TKA .. » more
テーマ 麻酔法

・乳癌は女性で最もよく見られる癌であり、いくつかの周術期因子が腫瘍の再発と転移の原因となる可能性がある。癌手術中に使用される麻酔薬は、癌細胞の生存と患者転帰に重要な役割を果たす可能性がある。経験豊富な.. » more
テーマ 麻酔法

・癌手術時に、周術期の 3 つの要因が、再発に対する宿主の防御を損なう:外科的ストレス反応、揮発性麻酔薬の使用、鎮痛のためのオピオイド。全ての要因は、区域麻酔/鎮痛により改善される。根治可能性のある乳.. » more
テーマ 麻酔法

・術後回復の質は要因の影響を受ける可能性があるが、麻酔の種類がそれに影響を与えるかどうかについての調査はほとんどない。この単盲式前向き観察研究で、著者らは、整形外科の前腕手術を受ける患者の術後回復の質.. » more
テーマ 麻酔法

・神経学的合併症に及ぼす麻酔法の効果に関するさまざまな報告がある。韓国で人工股関節全置換術を受けた患者の術後せん妄の発生率に及ぼす麻酔法の効果を推定するために、地域住民ベースの研究が実施された。 .. » more
テーマ 麻酔法

・下肢骨折固定はよくある手術であり、整形外科の外傷外科手術症例の大部分を占めている。それにもかかわらず、この手術集団における区域麻酔または脊柱管麻酔(RA/NA) vs 全身麻酔(GA)の使用を検討し.. » more
テーマ 麻酔法

・最近発表された研究は、腫瘍外科手術中に使用される麻酔法が患者の転帰を改善する可能性があることを示唆している。したがって、著者らは、EGA(全身麻酔[GA]と硬膜外麻酔[EA]の併用)または GA 単.. » more
テーマ 麻酔法

 
前のページ    1  2  3    次のページ

テーマのトップに戻る