誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    自然郷土の史跡

自然郷土の史跡

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 自然郷土の史跡
テーマ「自然郷土の史跡」のブログを一覧表示!「自然郷土の史跡」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8    次のページ
高見城から三ノ丸北西出曲輪・馬背山城・萱刈坂-穂壷城へ延びる北尾根筋にも鴨野城(谷屋城)・泉山城・妙見砦…が点在する。玉巻城(久下城)東麓の県道86号から県道291号が石戸を越え山ノ神城麓から高見城登.. » more

稲畑区(見田)Ⅲ 高見城砦群 丹波市
元々稲畑と見田は稲畑村として1ヶ村だったが安永の頃(1772-81)稲畑と見田2ヶ村に区分されたが明治維新後稲畑地区に統合されている。見田井堰の完成後「堰止め神」として祀られていたがのが昭和7ー10年.. » more

見田の咳止神 Ⅰ(背割堤)に続く見田の咳止神 Ⅱ(見田井堰)です。日本一低い谷中分水界を流れ出る高谷川・柏原川を集める佐治川が氷上回廊を現:加古川へ緩やかに流れ下る。此れらの河川扼する(合流する要所).. » more

見田の咳止神 Ⅰ(背割堤)  丹波市
旧佐治川(加古川上流の丹波市域)は古来より毎年の様に荒れ・氾濫の都度流域の田畑は水害被害を被り農民の生活は困窮のどん底にあったといわれます。青垣町境界の沼城南麓:氷上町沼は芦田川が佐治川(加古川)に流.. » more

●丹生山城Ⅰ(丹生神社・明要寺) ●丹生山城Ⅱ(兵糧補給基地の明要寺)に続く 毛利の援軍は明石から神戸灘から荒木村重が守る花隈城に兵糧を入れた。信長の一向宗弾圧に対する本願寺を支える抵抗は根強く明要.. » more

丹生山Ⅰには神功皇后の三韓征伐に丹生神社の祭神:丹生都比売命の神託を得て戦勝、丹生(にう・にぶ)氏の氏神で水銀の原鉱である辰砂は古来「丹(に)と呼ばれ水銀鉱業を生業とする丹生氏族のこと、明要寺が推古天.. » more

丹生・帝釈山系の丹生山514m-帝釈586m-稚児ヶ墓山596m-花折山574m-金剛童子山566mへは平成10-11年に縦走したが山麓・山中の登山道には「太陽と緑の道」道標が立ち随所に史跡や伝説地が.. » more

稲畑区 (見田Ⅱ)御霊神社 丹波市
稲畑地区は明治維新まで旧稲畑村・見田村に分かれており『稲畑区 實光寺に記しており』…實光寺は見田の奥谷にある。稲畑の小字名に岡本・奥谷・堀の内・谷屋・岡田・見田…等がある。加古川沿いの稲畑「錦橋東詰交.. » more

稲畑区 (見田Ⅰ)實光寺 丹波市
加古川沿いのR175号の稲畑地区で県道290号と交差する「錦橋東詰」信号交差点を西へ折れ:加古川を渡り直進すると県道109号に合流する氷上町谷村一帯は、赤井野と呼ばれた赤井氏発祥の地…黒井城主荻野直正.. » more

北播磨にも加西市の鶉野飛行場(姫路海軍航空隊:紫電改)・加東市にグライダー基地(滋賀海軍航空隊戦闘機・秋水訓練嬉野飛行場)・加古川市に加古川(尾上)飛行場(日本陸軍:九七式戦闘機)・三木市にも三木飛行.. » more

鷹尾山城と宮ノ上要害 三木市
三木の本城から南へ住宅地の細く蛇行する坂道を登りながら、時々空地の土手の高みに三木新城跡かと思える土塁や曲輪跡?を感じながら勤労者体育センターと三木市役所間を抜け・中央図書館前までの広い駐車場に出てく.. » more

分水界尾根上の砦群(序章)で黒井城包囲の西面付城がR176号城山トンネル上の分水界尾根横田城だけとは?疑問。横田城は氷上から黒井に唯一南から入る狭間の要衝監視位置にあるが本拠:黒井城への見通しが悪い。.. » more

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8    次のページ

テーマのトップに戻る