誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    郷土

郷土

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「郷土」のブログを一覧表示!「郷土」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「郷土」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「郷土」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

江ノ電沿線にて。 江ノ電柳小路駅のそばの斜め電柱は有名らしい。折角の江ノ電沿線という情緒が偲ばれる場所。安全性と景観には気を使って欲しいとの住民の声です。 ... » more
テーマ 歴史 道路 郷土

毎年、賑わいの地元・辻堂東海岸夏まつり ◇来たる8/4−5の16時半〜20時です。◇辻堂小学校グラウンド町内会と商店街合同の夏まつりというのがいい。盆踊りもあるけど、若い方中心・子どものキッズダンスが中心になってきました。花の30代・40代は家族のゴールデンタイム。私もあ ... » more
テーマ 歴史 郷土

2018.6/17開催の湘南辻堂四季まつりへの懸念 辻堂の発展に多大な貢献もされた亡き山田栄氏らの活動を継承して毎年標記のまつりが実行されます。スケジュールが公開され、さっそく私にも何人かから取組への抗議の声がかけられました。それはこのスケジュールに登場する在日米海軍第七艦隊音楽隊25分 ... » more

ドッキッ! ぐらっと来た「ゆれるん」 緊急地震速報のロゴマーク「ゆれるん」南海トラフ巨大地震か?ついに来たか!ここ30年以内に70パーセントの確率で発生されると言われて久しいが、いつ来る、いつ来ると構えていた。出来れば目の当たりにせずに逝きたいのが念願で ... » more
テーマ 三河地震 地震 郷土  コメント(1)

甲山噴き出すマグマ安山岩 玄武岩より流れは遅い 西側から見た甲山富士山は玄武岩からできている。玄武岩は粘度の低い岩なのでサラサラの状態で山肌を流れ落ちる。流れが淀んだり不均等にならないので、富士山のようなきれいな形ができあがる。西宮市にある甲山は主として安山岩からでき ... » more
テーマ 甲山 岩石 郷土

清らかな乙女の想い伝わるも思いつめるな35億 下の方形部の端から上の方形部を望む段上の方形部段上から下の方形部を撮る神戸市東灘区の珍しい古墳。処女塚古墳(オトメヅカコフン)と呼ばれている。前方後方墳で二つの方形から成る。ロマンチックな名前の古墳にはロマン ... » more
テーマ 古墳 伝説 郷土

こんにちわ山内みきおです鵠沼と引地川
... » more
テーマ 郷土

モース展、いきたいなあ。 →http://hp.brs.nihon-u.ac.jp/~NUBSmuseum/E.S.Morse.html ... » more
テーマ 歴史 郷土

私の町内も夏祭り。 スタッフのみなさんの暑い中でのご奮闘に敬意を表します。私も少し夏休み気分を味わいました。ありがとうございました。写真は、市営住宅の前の花うつぎ。数年前の工事の時に根本まで伐採されましたが、ようやく前の高さまで伸びてきました。でも今はなか ... » more
テーマ 郷土

暑さの中、火ぶたが切られる! 我が市の市議会議員の任期満了は、かつては年頭の一月改選であった。正月過ぎて、すぐに選挙戦に突入。自営業の支援者などは頭抱えたものだ。「なんとかこの時期を、変えられぬものか!」常にそのような思いを、市内では起きていた。 ... » more

蚕が国を支えた 日清、日露戦争へ日本が進むのに膨大な金がかかった。 それを支えた輸出に生糸があり、世界遺産になった官営富岡製糸工場なる巨大な工場も建設されたようだ。当地でも、水田を持たない貧乏な農村地帯ゆえに、蚕を育てる養蚕が盛んであった。 ... » more
テーマ 大地震に備えて 公園 郷土  コメント(2)

母の日、つい燕詩を思い出す 母の日も済んだ。チラシに「母の日に・・・」と勧める商品の広告も、今日からもう見当たらない。家内には次男から「嫁が婆ちゃんにーーと」きれいな袋に入った洗剤セットが届いた。きっと婆さんは内心嬉しいでしょう。今年は ... » more

雉はケーン、ケーンとは鳴かない? 牧草地が牛の飼育をやめてから、住処を替えたか近くで鳴いている。「ケーン、ケーン」と鳴くと言われるが、どう耳を澄ましても、ケー・・・まではなんとなく分かるが、ケーンとは聞こえない。カラスの「カー、カー、」という声と ... » more

頑張れグランパス 昨日サッカーを見てきました。老夫婦で電車で出かける。 郷土のチーム、名古屋グランパスのチケットを息子から老人二人にプレゼントされて、 「ゴッツォーさん」ですと、いただき観てきました。J1からJ2に落ちてしまい、や ... » more

やっと・・・来た、文明開化 わが国は古来より、農は国の基本なりとし、し尿を有力な肥料として農地に施肥しては、作物の育成の一助とした歴史があり、農村地帯への下水道の普及は遅れていた。世界の下水の歴史は世紀前までさかのぼり、我が国では平安時代、有名な秀吉の太閤下水 ... » more

 俺が死んでからにしてくれ! 村から町になり、町が合併して市になり、区域が指定されて、田ばかりでも住宅区域に指定されて、税金も農地ならぬ住宅地並に課税されるようになった。これでは堪らない、みんなで「道路のない地では価値がない」価値を上げるには区画整理をしよう ... » more

”卵かけご飯” 現代ではグルメのひとつ テレビや口コミは恐ろしい。婆さんが「今日は雨で外にも出られないし、お勝手も嫌だ。、お昼は外食しません」とーーー言われれば全くだ、一日三回、365日のお手間も大変だ。こちらは「ごはんですよ!」の声で、ノソノソと起き上がり食べる ... » more

古稀を過ぎてからの毎日いが饅頭
いが饅頭 三河伝承の味いがまんじゅう。今日は桃の節句。いがまんじゅうを例年通りに供える。昔から伝わる郷土の菓子だ。米を挽いて米の粉をつくり、饅頭に餡を入れて頂上に赤、黄色に染めた米粒を載せて蒸す。紅の粉で赤色、黄色はくちなしの ... » more
テーマ 四季 いがまんじゅう 郷土  コメント(2)

巨石出どころ 西日本 大阪城は巨大石のオンパレードである。大手門から入ると巨石が次々と出てきて入ってくる者の度肝を抜く。まずそれで優位に立つことを狙っている(もちろん江戸時代までの話)。写真は京橋口にある肥後石と呼ばれている石で、肥後守(加藤清正)が ... » more
テーマ 遺跡 岩石 郷土

かもめが翔んだ 正月にはどこにも行けない家内へのサービスで、海鮮丼で有名な店に行き、海の幸を満腹でお許し願い、途中で越冬のかもめと遊んだ。かもめは数百羽、ビニール袋を下げて歩くだけで察して飛んでくる。上空ではトビが回って降りてくる。鳩が素早いか ... » more

大文字から ノッポビル 「失われた20年」といえばネガティヴにとらえられる場合が多いけれど、ネガティヴな面ばかりではない。以前は大阪の神崎川は電車でその上を通過するとき窓からすごい悪臭が入ってきて閉口したものだ。1970年ころから官民協力して工場排水を減ら ... » more

いまだ現役 毛馬閘門 パナマ運河は閘門式で水位調節をし、船は26mの水位差を上がり下がりする。これと同じ水位調節の閘門が大阪市内にある。何十年も大阪市内へ通学・通勤をしていて、それを知ったのはつい最近。閘門のある場所は大阪でも北のほうの毛馬(ケマ ... » more
テーマ 運河 郷土

元の姿は インドサイ? 本年8月11日付の八坂神社の狛犬関連。上の写真は金沢尾山神社の狛犬。京都八坂神社の場合、向かって右が阿形で、左が吽形だった。この尾山神社の狛犬も同じ配置。像の材質はどちらも同じブロンズ製である。多数派の石造狛犬に比べてブ ... » more
テーマ 狛犬 旅行 郷土

二宮町吾妻山からみた富士、新年に行ってみたい。 富士がきれいにみえますね。辻堂ココテラス7階の浮世絵館に先日行ったときもきれいでした。ここに来て展示をみると、江戸時代、遊行寺と江の島街道、大山街道など藤沢は観光の中心だったことがわかります。11世紀初めに書かれた更科日記には、「にしと ... » more
テーマ 郷土

古稀を過ぎてからの毎日正月の準備
正月の準備 カウントダウンを始めても良いくらいの2016年が去りゆく。神社の年番の人たちが正月準備に汗かいてみえる。今年の年番さんは、新しい住宅地の一角の、新町民の方々の集まりであるが、従来の決まりを継承してくださる。” ... » more

ほんとにトビは 死肉食? ずっと昔、村の小学校の同級生がトビを飼っていた。そのころ人間が食べていくだけでも大変な時代でトビみたいなカッコよい鳥に魚や肉を与えて育てていた同級生がすごくうらやましかった。そのころの田舎には沢山田んぼがあってその上空にはトビが普通 ... » more
テーマ 郷土 探鳥

渡りの時期を 逃がしたか 合言葉12月17日夕刻、六甲山系近辺の山麓。日の入り前の時刻ヒヨドリのねぐらと思われる付近で羽を休めるために多数のヒヨドリが帰ってきてピーッ、ピーッと鳴き交わして大変にぎやかだ。ねぐらの取り合いをしているのか、追っかけあ ... » more
テーマ 渡り 郷土 探鳥

討ち入りの日を迎えて 今日、12月14日といえば、赤穂浪士が吉良上野介屋敷に討ち入り、主君の無念を晴らした日として、我が地元にとっては不名誉な日である。プロレスも悪役が居らねば盛り上がらない。好くも悪くも吉良公は悪役でなければならない。地元では名 ... » more
テーマ 忠臣蔵 吉良上野介 郷土  コメント(2)

天下の奇祭 「てんてこまつり」 市内で来年正月に行われる祭りのポスターが貼られています。太鼓を「てんてこ、てんてこ♪」と叩いて、42歳、24歳の厄年の男性が、覆面の赤い装束で町内を周り、神社に奉納致します。例年、四、五人ですが、正直、この村の住人でなくてよかっ ... » more

 

最終更新日: 2018/07/22 20:43

テーマのトップに戻る