誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    村上春樹

村上春樹

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「村上春樹」のブログを一覧表示!「村上春樹」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「村上春樹」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「村上春樹」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

ウイスキーにサンドイッチ ウイスキーにサンドイッチが合う、と思ったのは神戸のあるバーで口にしてからだ。なんの変哲もないシンプルなハムサンド。はさまっているのはハム、きゅうり、チーズ、マヨネーズ。作り方を教えてもらってもこの味にはならない。そこ ... » more

とりあえず「騎士団長殺し」を全て確保しました 以前に、第1部の上下巻を確保しましたが、第2部の上下巻も刊行されたので取り急ぎ確保しておきました。ちなみに行きつけの小さな本屋(駅ナカ)で購入したのですが、レジに持っていったら、「カバーは?」との事だ ... » more
テーマ 村上春樹

海cafe2好きな作家なら新刊で買えよ!
好きな作家なら新刊で買えよ! 村上春樹さんの本は基本的に全て文庫本で揃えるようにしています。翻訳作品などは別と考えれば文庫本はコンプリートしています。「騎士団長殺し」が文庫化されたのですが、少し迷ったけど、新刊で買う事にしました。 ... » more
テーマ 村上春樹

あらためて紹介したい傑作短編小説です 2018年の海cafe2における面白かった本、第1位に輝いたのは、「あなたに不利な証拠として」でしたが、惜しくも選に漏れてしまった作品がこちらの、レイモンド・カーヴァー傑作選です。翻訳は村上春樹さんでして、本来なら ... » more

「東京奇譚集/村上春樹」を読んで 「偶然の旅人」かたちのあるものと、かたちのないものと、どちらかを選ばなくちゃならないとしたら、かたちのないものを選べ確かにそうかもしれない。確証はないけれど、多分そうした方が良いと思うことの方を選んだ方が、長期的には良い結果にな ... » more
テーマ 東京奇譚集 ハナレイ・ベイ 村上春樹

Ban'ya村上春樹症候群の傷跡
いつからだろうか、毎年秋、村上春樹がノーベル文学賞にノミネートされ、受賞するかもしれないとの空騒ぎを、日本の腐ったメディアが繰り返してきた。それがようやく2018年に終わった。この間、ノーベル文学賞の信頼性も失墜し、村上春樹 ... » more

「職業としての小説家」を読みました 著者は御存知の村上春樹さんです。私にしては珍しく、普通に本屋さんで購入したものです。もともと公の場にほとんど出ない村上春樹さんですがそれでも公表されてる写真などから受ける、なんとなくの印象はありま ... » more

「村上ラヂオ」がコンプリートしました 雑誌「アンアン」に連載されたエッセイをまとめたものです。画は雑誌連載時にコンビを組んだ大橋歩さんの版画をそのまま使ってます。全て108円で確保しました。大昔に「1」を買い、その後かなりすぎてから「3」を購 ... » more

いいかげんにしろ!バカ野郎!! いったい何度繰り返せば気が済むのでしょうか?ブックオフにて、村上春樹さんと糸井重里さんの共著、「夢で会いましょう」が売ってたので確保してきました。帰宅して本棚を見て愕然。持ってるじゃねーか ... » more

「文壇アイドル論」という本の紹介です 著者は斎藤美奈子さんです。ブックオフにて108円にて確保しました。「文学バブルの象徴」村上春樹、俵万智、吉本ばなな「オンナの時代の象徴」林真理子、上野千鶴子「コンビニ化した知と ... » more
テーマ 村上春樹

不思議な組み合わせでCDを買う 普段、あまり訪れる機会の無い、ディスクユニオンの某店に立ち寄って、CDを3枚購入しました。まずは大物、ブルース・スプリングスティーンの「ザ・リバー」です。2枚組みの大作であります。お値段は450円 ... » more
テーマ 音楽 村上春樹

村上春樹的文章講座 〜実践編〜 昨日の続きです(笑)いくつかの、お約束といえるキーワードを考慮しつつ、思いつくまま適当に文章を書いてみようと思います。ちなみに実戦ではなくて実践が適切かも(笑)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ... » more

村上春樹的文章講座 〜テクニック編〜 以前からネットで出回ってましたが、ここ最近またブームのようで村上春樹さんを真似た文章を多く目にします。そんなような本もあるし、最近ではワールドカップ観戦記なんてものもありますね。ツィッターでも全て村上春樹 ... » more

やっぱり村上春樹って凄いですよね〜 今更ながらで申し訳ないですが気になったので紹介します。ブックオフの中でも象徴的な地位を確立(?)している秋葉原店ですが村上春樹コーナーがしっかり設置されております。一般の書店でも大型店でないと見かけな ... » more

村上春樹 <チャーリー・パーカー・プレイズ・ボサノヴァ> 仕事帰り何気に書店に寄ったら、村上春樹の文字!なにやら文芸誌『文學界』に村上春樹の短編が収録されているようである。しかも3作!読まなきゃ!!文學界2018年7月号文藝春秋 2018-06-07売り上げランキング : ... » more

なんともいえない「騎士団長殺し」 大ファンでありながら、毎回ブックオフ購入で申し訳ありません!村上春樹さんの「騎士団長殺し」、第1部、第2部あわせて1000ページ以上の長編ですが、寝る前の布団の中で数夜に渡って読破いたしました。まあ、発売 ... » more

せっかくだから買ってしまった件 今日、仕事帰りに立ち寄った駅の中の小さな本屋さん(いわゆる駅ナカ)にていきなりスラムダンクが売ってるではないですか!いきなり新装版で6冊も並んでるのです。「これはなんだ!?」「新作?ではな ... » more

アンダーグラウンド (講談社文庫) [ 村上春樹 ]楽天ブックス 講談社文庫 村上春樹 講談社アンダーグラウンド ムラカミ,ハルキ 発行年月:1999年02月 予約締 楽天市場 by ねじまき鳥クロニクル 全3巻セッ ... » more
テーマ 小説家 対決7 村上春樹

海cafe2とりあえず確保できて一安心
とりあえず確保できて一安心 村上春樹さんの、今のところの最新の長編作品、「騎士団長殺し」を遅ればせながら確保いたしました。いつものブックオフなんですが、なんと1冊200円だったのです。他にもたくさん並んでて、どれも960円なんで ... » more

村上春樹 ‘ノルウェイの森’ ‘1Q84’が出てからの話なのですが、私自身、周期的に村上春樹氏の小説が読みたくなることが起こるようになりました。とはいっても、村上氏の小説は読んだことがないものがほとんどなので、メジャーといいますか、「ハルキスト」と呼ばれるファンの中でも ... » more

村上春樹 フジモトマサル ‘村上さんのところ’ フジモトマサル氏の漫画やイラストが好きなのでつい目についた本が‘村上さんのところ’です。この本は、作家の村上春樹氏がファンからの様々な質問に答えるという形式で書かれたものです。この本によると村上氏は、一時期ファンの質問を電子メールで受けてつ ... » more
テーマ フジモトマサル エッセイ 村上春樹

今はない元町宝文館で「風の歌を聴け」を手に取ったのが初めての村上春樹だった。それから、「ダンス・ダンス・ダンス」まで、僕は村上春樹ワールドを通り過ぎるのだが、これらの一連小説の意味など深く考えたことはなかった。この本は、それぞれの作 ... » more
テーマ 神戸 村上春樹

更新から遠く離れてハルキの呪縛
長い間、私は村上春樹が読めない人間であった。村上の文章を数行読むだけで、頭が拒否反応を起こし始めて、どうにも読み進むことができない。不可思議なことに「身体が受け付けない」という状態だった。最初からそうだった訳ではない。それどころか、 ... » more
テーマ 文学 村上春樹

「ロング・グッドバイ」を読みました レイモンド・チャンドラー作、村上春樹訳の、「ロング・グッドバイ」を読みました。村上春樹さんは、今まで読んだ本の中でとくに優れている3冊を紹介してまして、「カラマーゾフの兄弟」、「グレート・ギャッビー」、そ ... » more

「職場で『騎士団長ごっこ』がしたい(笑)」 村上春樹/騎士団長殺し 今頃?って感じなのですが、先週、『騎士団長殺し』を読み終えました。そして今、私は、「騎士団長ロス」となっております(^^;)。だって…。騎士団長が愛おしいんですっ(^^;)!主人公「私」の手で騎士団長が刺し殺されてし ... » more

海cafe2もう限界かもしれません
もう限界かもしれません なんだかんだ言って、私が一番好きな作家は村上春樹さんです。結局今回も、ノーベル賞はとれなくて残念ですな〜(しみじみ)文庫化された作品は大半は持ってまして、何度も読み返しております。その割には大半はブックオ ... » more

村上春樹『ノルウェイの森』上・下(講談社 今春、村上春樹の初期の短編集を何冊か(『中国行きのスロウ・ボート』『蛍・納屋を焼く・その他の短編』『パン屋再襲撃』など)を読んでみて、初期の村上春樹に興味を持ったので、『ノルウェイの森』を再読してみた。その時の感想を記事にしようと思う。 ... » more

村上春樹『蛍・納屋を焼く・その他の短編』(新潮文庫) GWに入ってから、村上春樹の『中国行きのスロウ・ボート』(中公文庫)、『蛍・納屋を焼く・その他の短編』(新潮文庫)と2つの短編集を立て続けに読んだ。両方とも1980年代という村上春樹の最初期の短編集である。管理人はこれらを80年代に ... » more

村上春樹『女のいない男たち』(文藝春秋) 村上春樹『女のいない男たち』(文藝春秋=文春文庫)という本を読み終えた。本書は短編集である。『ドライブ・マイ・カー』『イエスタデイ』『独立器官』『シェエラザード』『木野』『女のいない男たち』の6編で構成されている。本書が単行本で出た ... » more

読了「騎士団長殺し」(村上春樹) 翻訳家の鴻巣友季子さんは、村上春樹流「微笑み返し」と述べていた。その昔、アイドルグループ・キャンディーズが解散に際してそれまでのヒット曲のフレーズを入れ込んで作った最後の曲である。確かに、覚えのあるキャラクターや場面が多く出て来るハルキ ... » more

 

最終更新日: 2019/06/11 09:08

「村上春樹」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る