誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    セボフルラン

セボフルラン

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: セボフルラン
テーマ「セボフルラン」のブログを一覧表示!「セボフルラン」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ
・セボフルランは、気道管理や血行動態の安定性に適しているため、成人の麻酔導入に用いられている。成人のセボフルランによる吸入導入時の不整脈を報告した研究は少ない。ここでは、成人のセボフルランによる麻酔導.. » more
テーマ セボフルラン

・文献によると、CLMA(クラシック・ラリンジアルマスク)挿入時のセボフルランの EC50(呼気終末濃度)は 1.5〜2% であり、これらの研究のほとんどは LMA 挿入前の 10〜25 分間、必要な.. » more
テーマ セボフルラン

・周術期に適切な肝血流(HBF)供給を維持することは、術後の正常な肝機能を維持するために不可欠である。プロポフォールとセボフルランは動脈と門脈の HBF に影響を与える。これまでの研究では、主に門脈の.. » more
テーマ セボフルラン

・乳幼児や小児をセボフルランなどの揮発性麻酔薬に曝すことは、長期的な神経認知作用の潜在的なリスクに関して懸念されるトピックである。本研究の主な目的は、バイスペクトルインデックス(BIS)モニタリングの.. » more
テーマ セボフルラン

・研究の目的は、長時間にわたる腫瘍手術後の術後回復に及ぼすデスフルランおよびセボフルラン麻酔の効果を分析することであった。 ・2019 年 11 月から 2020 年 3 月に河南癌病院で内視鏡.. » more
テーマ セボフルラン

・セボフルランとデスフルランは、麻酔の維持に最も一般的に使用される揮発性麻酔薬である。本研究では、揮発性麻酔薬の選択と術後早期の呼吸器合併症との関係を評価し、これら 2 種類の一般的に使用される薬剤間.. » more
テーマ セボフルラン

・麻酔導入は通常、血管アクセスのない小児患者では、セボフルランで達成される。本研究の目的は、セボフルラン導入後の小児患者において、最適な静脈路確保時間を調査し、対応するバイスペクトルインデックス(BI.. » more
テーマ セボフルラン

・頻繁に使用される全身麻酔薬としてのプロポフォールとセボフルランは、術後痛に影響を与える可能性がある。著者らの研究では、セボフルランまたはプロポフォールで麻酔をした人工膝関節置換術(TKA)を受ける慢.. » more
テーマ セボフルラン

・麻酔法は周術期の神経内分泌機能に影響を与える可能性がある。本研究の目的は、非機能性下垂体腺腫(NFPA)の除去のために、内視鏡的経蝶形骨手術(ETS)を受けた患者で、セボフルラン麻酔とプロポフォール.. » more
テーマ セボフルラン

・血行動態の安定性に対する麻酔薬の効果は、血行動態が低下している患者にとって最も重要である。セボフルランとプロポフォールの比較研究が報告されているが、これらのほとんどは維持と術後早期の回復を評価するこ.. » more
テーマ セボフルラン

・後ろ向き研究により、麻酔薬の選択が癌の長期生存に影響を与える可能性があることが示されている。プロポフォールはセボフルランよりも優れているようである。しかし、これは乳癌では疑問視されている。スウェーデ.. » more
テーマ セボフルラン

・手術中に静脈内リドカインを投与すると、術後の転帰が改善される。しかし、静脈内リドカインと揮発性麻酔薬必要量との関係を評価した研究はほとんどない。本研究では、大きな脊椎手術を受ける小児でリドカイン治療.. » more
テーマ セボフルラン

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ

テーマのトップに戻る