誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    俳諧

俳諧

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 俳諧
テーマ「俳諧」のブログを一覧表示!「俳諧」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6    次のページ
和歌~連歌~俳諧という歴史の中で、その時々に活躍した西行~宗祇~芭蕉は何者であったか。 彼らは、全国を遊行し、各地で歌の会を開きながら実は各地の情報を時の権力者に伝えるという役目をしていたという。 .. » more
テーマ 俳諧

西行法師ゆかりの鴫立庵
二宮の隣町、大磯の鴫立庵に{%ドライブうれしい(ブンブン)hdeco%}寄りました。 国道Ⅰ号線に面した西行法師の所縁とされる史跡です。 鴫(シギ)という{%ペンギンdeka%}野鳥はシギ科。 .. » more
テーマ 俳諧

(^_-)-☆special道楽
 3198 囲碁は道楽であり、打ったことで自己満足する。その為の往復で、徘徊をしてみた。三キロほど離れた場所にある生涯(障害ではない)学習センターで、木曜日、夜6時から囲碁同好会の集まりがあるので、薄.. » more
テーマ 俳諧

 もっとも、渭北は蕪村より十三歳年長で、俳諧の実力はすでに蓄えていたので、江戸の名のある俳人たちに紹介されるとじきに認められたようだ。蕪村も宋阿亡き後は渭北の導きに随って関東を遊歴したり、俳句にも影響.. » more
テーマ 俳諧

 宝井其角と大高源吾の交わりのことでは、其角が討ち入り前夜に笹竹売りに身をやつした源吾と出会った旨を記した其角書簡なるものが伝わっていて、講談の種にもなったが、今日では偽簡とする見方が有力だ。しかし、.. » more
テーマ 俳諧

 「そのころ深見新太郎といへるあり。何晏(曹操の娘婿)・董賢(前漢の哀帝の寵童)も恥べきほどの美童也けり。其雫、此少年をあはれみ、蘇李(前漢の蘇武と李陵)のちぎりふかかりけり。此新太郎、はいかいを好き.. » more
テーマ 俳諧

俳諧雑感――其角・蕪村など  34
 「梅津半右衛門ノ尉は佐竹家の股肱にて、難波の役(大阪の陣)にも絶倫のはたらきありて感状を給り、名誉の家也。されば俸禄も一万石を領して、かの家の元老にて有りけり。俳諧をこのみて、公務のいとま其角が門に.. » more
テーマ 俳諧

俳諧雑感――其角・蕪村など  33
 『新花摘』の六月九日の所には「得たきものはしゐて得るがよし。見たきものはつとめて見るがよし。又重ねて見べきおりもこそと、等閑に過すべからず。かさねてほゐ(本意)とぐる事はきはめてかたきものなり。」と.. » more
テーマ 俳諧

 さて、次の段の話は蕪村自身の経験ではなく、彼の絵のパトロンだった常陸の下館(しもだて)の中村風篁宅での伝聞である。ある時、主の風篁が公事で江戸へ行って留守で、夜更けに奉公人たちを寝させた後、妻の阿満.. » more
テーマ 俳諧

 同じ頃蕪村が描いた三俳人(芭蕉・其角・嵐雪)の絵の賛を淡々に書いてもらった話を次にちょっと挟んでいるのは、其角に関連した書画として思い出したのだろうか。  次に、さきにも引いた結城の丈羽宅に蕪村が.. » more
テーマ 俳諧

 さて、続いて同書では、其角の俳句の集大成ともいうべき『五元集』の筆写を請われながら、自分が年上の常盤潭北との上野同行以来、関東・東北放浪の旅に出たために果たせず、三年後に江戸に帰った時版本となった『.. » more
テーマ 俳諧

 『続花摘』の句日記が中断した後、その帳面の余白に書きつけられた回想記風の文章のはじめに、 「五元集は角(其角)が自選にして、もとより自筆に浄写して剞劂氏(きけつし 版木屋)にあたへ、.. » more
テーマ 俳諧

 
前のページ    1  2  3  4  5  6    次のページ

テーマのトップに戻る