誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    卑弥呼

卑弥呼

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「卑弥呼」のブログを一覧表示!「卑弥呼」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「卑弥呼」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「卑弥呼」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい 歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませてい ... » more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい 歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませてい ... » more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい 歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませてい ... » more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい 歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませてい ... » more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい 歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませてい ... » more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい 歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませてい ... » more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい 歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませてい ... » more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい 歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませてい ... » more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい 歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませてい ... » more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい 歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませてい ... » more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい 歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませてい ... » more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい(再々々々々掲) 歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませてい ... » more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい(再々々々掲) 歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませてい ... » more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい(再々々掲) 歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませてい ... » more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい(再々掲) 歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませてい ... » more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい(再掲) 歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませてい ... » more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい 歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませてい ... » more

日本史の「冗談?」17 歴史オンチはホラを吹く 詳しいことは忘れてしまいましたが、〜自分は歴史にはとんと疎くて、実は室町時代と鎌倉時代のどちらが 先なのかも、よく分からない〜昔の小説にこんな自称・歴史オンチが登場していた記憶があります。ままあり得ないこととも言い切れません ... » more
テーマ 聖徳太子 中華思想 卑弥呼  トラックバック(1)

日本史の「忘れ物」26 人口僅少時代に巻き戻す 「小人閑居して不善をなす」・・・小人物(つまらぬ人間)がヒマを持て余すと、とかく悪事に走りやすい、という意味です。ところが、確かに「小人物」に違いないけど、筆者の場合は「不善をなす」どころか、そのヒマを逆利用して人口の変遷、少し ... » more

邪馬壹国から邪馬臺国への書き換えは古代中国の階級表記に拠る。か? 地震列島。われらはこの島国で生活しています。大阪府立中央図書館前から、東の風景。前のブログの再掲載です。一部修正補筆)『邪馬壹国から邪馬臺国への書き換えは古代中国の階級表記に拠る。か?』 2014/10/01 11:17 ... » more

卑弥呼は『倭国の邪馬壹国の女王』で、北九州に君臨したのです。古代中国史書はそう記述している!! 前のブログの再掲載です。修正加筆あり)『卑弥呼は『倭国の邪馬壹国の女王』で、北九州に君臨したのです。古代中国史書はそう記述している!!』 作成日時 : 2014/06/09 13:27 >> なるほど(納得、参考 ... » more
テーマ 邪馬壹国の女王 日本古代史 卑弥呼  トラックバック(3)

日本史の「迷宮入り」16 卑弥呼は文字を読めたの? 遥か昔の「邪馬台国」、その女王・「卑弥呼」(生年不詳-248年?)は文字※を読むことができたのか?この問いには文字が日本に伝わった時期の把握と、もう一つ、卑弥呼の教養?レベルを知る必要がありそうです。※この場合は「漢字」を指 ... » more

中国の正史の倭伝を集めたものです。その他にも百済、新羅、高句麗も一部あります。魏志倭人伝として有名な三国志の魏書しか読んだことがありませんでした。しかし全体を読むと驚くことにいろいろなことが出てきます。特徴的なことを抽出して書きます。 ... » more

日本史の「女性」15 兼任皇后?の神出鬼没 二十世紀に入ってから(1926/大正15年)のこと、表向きは「万世一系」とされている「歴代天皇」の顔ぶれを見直す作業に及んだことがあります。簡単にいえば、再調査・再点検を施したというところでしょうか。しかし、考えてみれば ... » more
テーマ 神功皇后 万世一系 卑弥呼

前回の掲載から相当な時間が経ちましたが、ようやく海音寺潮五郎記念館誌第25号までたどり着きました。振り返ってみると、ここに掲載するために紙媒体をスキャンしたのが2013年8月ですので、半年以上ほったらかしだったことになります。海音寺 ... » more
テーマ 聖徳太子 推古天皇 卑弥呼

しみチョコ日記箸墓古墳
奈良県の箸墓古墳(はしはかこふん)が話題ですね。なんでも卑弥呼の墓なんだとか。考古学者たちが初めて立ち入り調査してるらしいです。卑弥呼の墓だって証明できるんでしょうか? ... » more
テーマ 箸墓古墳 卑弥呼

日本史の「女性」09 未開人への好奇心 三世紀・中国の「三国時代」、中国大陸での会話。魏人A 「おいおい、聞いたか?東の島の土人たちはこともあろうにオンナを王にしているそうだぜ!」魏人B 「そんなアホな、ニューハーフならともかくもオンナとは!その土人たちの頭は確実 ... » more

日本史の「女性」07 カカア殿下は先祖がえり? 現代日本人が「昔の女性」の生活ぶりをイメージできるのは、遡っても明治時代、欲張ってもせいぜい江戸時代まででしょう。もっとも、それが正しいイメージなのかどうかは別問題です。つまり、戦国時代(1470年頃〜1570年頃)より以前 ... » more
テーマ 日野富子 天照大神 卑弥呼  トラックバック(2)

女性天皇と二匹目のドジョウ 人間は「成功体験」を忘れられない生き物である。いわゆる「二匹目のどじょう」という言葉は、このことを指しているのだろう。「国家」についても同様なことが言えそうだ。この国の初期の「成功体験」はおそらく、トップに「女性(卑弥呼 ... » more

ヤジ馬の日本史「女王と男弟」その虚構
「女王と男弟」その虚構 「天孫降臨」の神話は、持統女帝(祖母)から文武天皇(孫)への皇位継承の経緯をモデルにしているという指摘もある。史実にヒントを得て、お話(フィクション)を創作している、と言っているわけだ。もしこれが本当なら、同様のスタイルで「 ... » more

 

最終更新日: 2019/01/30 21:35

テーマのトップに戻る