誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    日本史

日本史

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 歴史
類似テーマ: 日本史 日本の歴史
子テーマ: 江戸時代 縄文時代 昭和時代 戦国時代
テーマ「日本史」のブログを一覧表示!「日本史」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
テーマ「日本史」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

時雨亭往還さきたま古墳群
さきたま古墳群 今回はいつも訪ねて来てくださるみなさんには、おそらくとっても退屈な内容です。かたや私には大ご馳走とでもいうべき内容で、筆(キーボード)が進みます。たまには好きなネタを書かせてくださいな。興味ない方はどうぞ遠慮せず閉じてくださ ... » more

落語の中の言葉197「大名屋敷」 古今亭志ん生「妾馬」より大名のお目にとまって奉公に上がった妹のお鶴がお世取りをもうけたため、屋敷へ呼ばれた八五郎が出世をする咄。その中に屋敷の門番や御広敷の役人とのやりとりの箇所がある。大名屋敷については、「太郎稲荷(続き)」や「お ... » more
テーマ 江戸時代 落語 大名屋敷

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい 歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませてい ... » more

熊野速玉大社 熊野5 新宮市は熊野の中心都市に思えた。木材の集散地として栄えた。中上健二、佐藤春夫はここの出身である。熊野速玉大社に参詣する。朱塗りの建物が美しい。境内にある巨大ななぎの木は御神木。そばにあるみかん屋さんが ... » more

落語の中の言葉196「天下の往来」 三代目三遊亭金馬「たが屋」より咄の中に「天下の往来、七分は士が通り、残りの三分を農工商が通る。その頃は咄家の通る所はなかった……」とあるが、江戸の往来は士農工商、馬・荷車も入り交じって通っている。『江戸名所図屏風』日本橋の部分、 ... » more
テーマ 江戸時代 天下の往来 落語

補陀洛山寺  熊野4 熊野那智大社を海岸近くまで下って来ると補陀落山寺がある。この寺では観音様の南方補陀落浄土を目指して、生きながら渡海する補陀落渡海が行われていた。山形県で見た僧侶のミイラ、即身仏になるのと同じような考え方か。 今は面していな ... » more

青岸渡寺 那智滝  熊野3 熊野那智大社の隣に青岸渡寺がある。もとは那智滝を中心に神仏習合だったものが、明治になって別々になった。神仏分離令では、お寺が姿を消すことが多い中で、こちらは残った。 青岸渡寺は那智大社よりも活気があるように見える。それもそ ... » more

大門坂から熊野那智大社 熊野2 熊野三山の旅の始まりは那智大社から。大門坂を歩く。鳥居をくぐり、橋を渡ると石畳の登りの道になる。 石畳の道の両側にある夫婦杉。 登りはいなくて、下りの人とすれ違う。バスで来たら大門坂は下りで体験するというのが、 ... » more

エルトゥールル号の遭難と白蝶貝の採取  熊野1 旅の始まりに、富士山が見えると嬉しくなる。 4月2日から5日まで熊野の旅。関空イン・アウトでレンタカーの旅。いつも通り、運転はお任せで、とっても快適。 西海岸を南下して潮岬に出る。本州の最南端にあたり、陸繋島にある。串 ... » more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい 歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませてい ... » more

マルハナバチのつぶやき三渓園
三渓園 横浜に行く機会があるといつも三渓園に足を伸ばしたいと思っていた。でも、ちょっとアクセスが悪い。今回は三渓園を訪れる為に横浜に行った。何しろ桜の季節である。原三渓は生糸の取引で財を成した実業家で、この地に屋敷を構え、各地の由緒ある建築物を移 ... » more

歴史散策〜御所市〜 日曜日街歩きに出かけた行き先は奈良県の御所市江戸時代の街並みが残る街だ歴史愛好家の方が主宰してくれているツアーに参加した集合は近鉄御所駅10時だが鉄旅用に買った18きっぶを使いJR ... » more

落語の中の言葉195「駕籠屋・下」 辻駕籠の実態についてその全体像を描くほどの知識が無いため、断片的にいくつか採り上げてみたい。*辻駕籠の駕籠舁には元手も技術をあまり必要なかった。船頭は「竿は三年、櫓は三月」と落語にもあるように、舟を自由に操るには技術が必要である ... » more
テーマ 江戸時代 駕籠屋 落語

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい 歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませてい ... » more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい 歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませてい ... » more

奄美大島に行って自衛隊の南西シフトについて考えた 奄美大島の瀬戸内町で元自衛隊の人から、その日近くでミサイル基地の開所式があることや、自衛隊の南西シフトの話しを伺ったので、帰宅してからそのあたりのことを調べてみた。自衛隊や在日米軍の動きはごく大まかにしか理解していなかったけれど、実際に展開 ... » more

旧陸軍弾薬庫跡 シュノーケル体験が終わって上陸すると、案内して下さった方のお友達が陸に居た。同行者が上陸準備している間に、この方とお話をする。海上自衛隊を退職して15年ほどたち、対潜哨戒機に乗って厚木にも居たということで、国防関係のお話を伺う。現在、古仁 ... » more

落語の中の言葉194「駕籠屋・上」 駕籠と乗物そのものについては既に採り上げた。今回は駕籠屋である。駕籠屋には三つある。@乗物駕籠を製造販売する店。A宿(やど)駕籠駕籠や乗物を保有し、駕籠舁を抱えて貸駕籠営業をする店。B辻駕籠の駕籠舁。ここに採り上げるのはB辻駕籠の駕 ... » more
テーマ 江戸時代 駕籠屋 落語

時雨亭往還直木孝次郎さん逝く
直木孝次郎さん逝く 直木孝次郎さん死去=歴史学者「河内政権論」提唱2/17(日) 10:50配信時事通信古墳時代に政権交代が起きたとする「河内政権論」で知られる歴史学者で大阪市立大名誉教授の直木孝次郎(なおき・こうじろう)さんが2日午前1時27 ... » more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい 歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませてい ... » more

六代目三遊亭円生「百年目」より咄の中に、「旦那」という言葉の訳について人から聞いた話として、センダンとナンエンソウのことが出て来る。センダンのダンとナンエンソウのナンからダンナン、ダンナになった、持ちつ持たれつの関係だという。上方落 ... » more

伏見稲荷 狐火 10年ぶりの伏見稲荷。前回行ったときは脊柱管狭窄症による間欠性跛行状態。腰を痛めていて、少し歩いただけで足腰が痛くなり歩くのがやっとだった。でも自転車には乗れたからクロスバイクを持参して京都に行ったのだ。その時に京都駅近くから自転 ... » more

マルハナバチのつぶやき比叡山
比叡山 日吉大社の次に比叡山に向かう。出発は11時になってしまった。奥宮は後にして、先に比叡山に登っておけばよかった。数日前に雪が降っているし、私には初めての道なのだから、すこし緊張する。でもどうしたって行きたいところから先に行きたい。 ... » more

日吉大社 奥宮のある八王子山 坂本から比叡山頂を目指す。前回、日吉大社に行ったのはいつだろう。あの頃よりもこの神社に対する思い入れがある。日吉大社は平安京の鬼門を守る延暦寺とともにあった。けれども廃仏毀釈では、日吉大社こそいち早く仏教を排したという。湖西線で ... » more

多摩地方、鎌倉古道を歩いて小野路宿を探訪+ブライアン・フェリーのライヴ、行きますよ 春待つや万葉、古今、新古今(久保田万太郎)面白い句ですね。季語は「春待つや」で冬季です。詞書に「おのづと口にのぼりたる、四文字、三文字、五文字なり」とあるのを、『万太郎の一句』で小澤實さんは、「これは作者の照れが置かせたか」と注釈し ... » more

マルハナバチのつぶやき適塾
適塾 1月恒例の京都の2泊目は今回は大阪に泊まることになった。数年前に行ったときにはじめてキタとかミナミというのがわかり、あわせて大坂城、中之島、造幣局、四天王寺を回ったので大阪の概要がやっとわかるようになった。今回は船場とか北浜とい ... » more

 

最終更新日: 2019/05/01 11:35

テーマのトップに戻る