誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    短編小説

短編小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 小説
テーマ「短編小説」のブログを一覧表示!「短編小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「短編小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「短編小説」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

蓮と獄箱入り娘とシャイボーイ
※現パロ綾部×♀久々知----僕の幼馴染は、一つ年上の綺麗な人名は久々知兵助さんという家も隣同士、そして親達は古くからの同級生で仲が良いそんなこんなで親達が毎度一緒にいる為 ... » more
テーマ 短編小説

蓮と獄小話集
※何でも有りほぼ綾くく-----小ネタ@「もし綾部が、長身になったら」久々知兵助は、何処か拗ねたような機嫌を損ねているような、何とも複雑な顔をし腕を組んで突っ立 ... » more
テーマ 短編小説

蓮と獄嘘つき、大好き、
綾部+タカ丸→久々知----肌寒い秋の風が吹く、季節はもう冬に移り変わる時だった俺の隣に立っている喜八郎君もポッケに白い手を突っ込んで、まだ見ぬ姿が現れるであろう道をじっと見ていた本当だったら ... » more
テーマ 短編小説

蓮と獄百合色の愛
綾部→久々知-----それは、地の穴からひょっこりと現れた愛の嵐だった「じゃぁはっちゃん、三郎、雷蔵、また後で」「おう、委員会頑張れよ!」「またあとでね、兵助」 ... » more
テーマ 短編小説

酒好きの僕が巻きこまれた事件。(後)机の上に鏡を置いて、カバ男を眺めながら、ばんそうこうを貼った。落ちついてよく見ると、部屋はけっこう散らかっていた。これが自分の部屋かどうか分からないが、とにかくこの部屋の持主はだらしな ... » more
テーマ 小説 短編小説

酒好きの僕が巻きこまれた事件。(前半。)気付くと冷蔵庫が天井で、床と机が壁だった。「――あれ?」机と床の隙間の先には台所がみえた。僕は気を失っていたのか?どうやら僕はうつ伏せになって、リビングで倒れていたらしい。 ... » more
テーマ 小説 短編小説

雪月花狼と蛇
月明かりの夜でさえ存在の証である¨吠える¨こと をとうに忘れてしまった狼が 崖の淵に一匹…すべての光を失いその 細い灰色の首はうなだれたまま力なく動かぬ影…その影の線を 丁寧に実にゆっ ... » more

蓮と獄甘い僕ら
三木×久々知----ドサ、と着物の擦れる音と髪が落ちる音そしてその華奢な身体が床に落ちる音が確かに聞えたその全てが、まるでスローモーションのようにゆっくりで優しくて顔を真っ赤にし ... » more

蓮と獄咽返る程に、
※病み表現綾部→→→→←久々知------鍵を差込み、ガチャンと開かれた重く慣れた音「ただいま」と声に出さず、息だけを吐き呟く薄い唇靴を脱ぎ、荷物を無雑作に吐き捨てるように投げる ... » more
テーマ 短編小説

蓮と獄愛とはどうすれば
竹谷→久々知-----長い黒髪は風に靡いて揺れる、髪が揺れ白い首筋が露になるその背中越しにいる俺は、その髪から香る匂いに胸を締め付けられる靡いて細かい髪の毛が顔に当たったようでその ... » more
テーマ 短編小説

蓮と獄久々知兵助唇奪還戦
久々知総受け-----平穏な日に起こった出来事、一人の少年は状況把握出来ずに只追う敵から逃げていたいや、どうしてこうなったのかは理解できるしかし、何故自分が追われる状況なのかは分か ... » more

蓮と獄猫が鳴く
※猫化注意(微エロ)綾部×久々知------障子の隙間から太陽の光が差し込む顔に光が当てられぎゅぅっと強く瞑り、眉を寄せるうっすらと目を開けると、目の前には愛しい人すぅすぅ ... » more
テーマ 短編小説

蓮と獄悪魔の旋律
孫兵→竹谷→久々知-----それはとても愚かで、餓鬼の我儘だとは解っているそれでもこの嫉妬に焦がれる炎が消える事は無い何に嫉妬するのか、それは貴方の全てあの人に想わ ... » more
テーマ 短編小説

蓮と獄ある日の保健室
六は+仙蔵が久々知を巡る※伊作が変態----「ねぇー…留さん」「何だ伊作」「五年い組の久々知って…可愛いよね」「ぶっ!!!!」「うわ!いきなり噴出さ ... » more
テーマ 短編小説

妄想。短編小説【8月15日】
あるクラスメイトの話。* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *【8月15日】 ... » more
テーマ 短編小説

蓮と獄涙よ止まれ、どうか笑って
タカ丸×久々知---ある日、先輩の久々知兵助君が泣いていましたひっく、ひっく、と声を懸命に押し殺して泣き崩れてました情けない自分を追い詰めるように手の平に青筋が浮かぶくらい ... » more
テーマ 短編小説

三木×久々知+文次郎----何故此処に丁重にお呼ばれしたのか何故己は此処で背を張り顔を強張らせ鬼の委員長を疑視しているのかそして何故その鬼の委員長が己に用が有るのか ... » more
テーマ 短編小説

とうとう追い詰めた!光一が松岡のポルシェを確認すると、長瀬たちの到着を待つ。ハーレーの爆音に気づかれないように、少し距離を置いて来てくれと携帯で告げると秋山は「分りました・・・ボス」後は、その時まで・・・・。剛は光一 ... » more

3年前のこと。山下には婚約者がいた。松岡にとっても大切なひとであった。果たして、山下の婚約者とは松岡の実の妹であった。その当時、松岡は、山下を弟のようにかわいがっていた。そんな松岡は、まだ駆け出しの熱血刑事であった。 ... » more

「屋良っしゃい!」では町田から受け取ったチップのデータ処理をしているまっ最中だった。ボスは知っていた・・・・。本当の敵は山下ではないことくらい。黒幕の存在に一同は固唾を飲んだ。ただちにデータはボスの光一の元に送信された。光一 ... » more

光一は変わらず、お年寄りとのふれあいを大切にして時を過ごしている。車椅子の、可愛いお婆ちゃんに「あたしが、もっともっと若かったらねぇ」なんて言われると「またまたぁ!桜ばぁちゃんの、お相手なんて百年早いですよー!」と微笑んだ。 ... » more

田口の剣幕に、大体の見当がついた光一は、ある程度、愚痴を訊いてやり、おもむろに彼の耳元に手をやり、ささやきだした。すると、田口の表情が、みるみる輝きを帯び始めた。首を何度も縦に振ると、早速、自分を苦しめるボランティアの元へと駆け ... » more

僕・・・屋良はボスの過酷過ぎる運命を知る唯一のメンバー。なぜ、親友同然の長瀬さんじゃないのか?とボスに聞くと、一言「あいつは、熱い男だから・・・・」と言って目尻を下げた。この話をボスから聞いたのは、いつもの歌舞伎町の酒場。人 ... » more

がらーーーぁんとした事務所は、いつもの騒がしさとまったく違う趣をもっている。「そっかぁ・・・皆、パクられちまったかぁ・・・・遅かった・・・」そうして口元にフッと笑みをたたえると、いきなり今度はメンバー全員の名前を呼び始めた。 ... » more

「屋良(やら)っしゃい!」という看板は「いらっしゃい」にかけているのか。何軒も連なる雑居ビルの中の、ひときわ目立つ看板に、通り過ぎる人々は失笑。4階建てのグレイの雑居ビル。その中の事務所こそ、光一の闇の顔の一部。オーナーであ ... » more

「おばあちゃん!!気ぃつけて病院、行ってきなはれやぁ!!」剛は、街でも人気も人気の「おまわりさん」である。すっかり地元の住人とも打ち解けていた。そんな春先のことだった・・・・。彼にとって、転機が訪れた。今日は、駐在さん、 ... » more
テーマ ジャニーズ KinkiKids 短編小説

この世は、諸行無常。さながら人間たちは羊の皮をかぶった狼同然。「このオレは?どうなんだ?」ふっと、自嘲気味に嗤い、ここ新宿歌舞伎町に潜むただならぬ妖気を感じて、公園の前で足を止めた。四角いブルーシートの群れが、歌舞伎町の ... » more

※現パロ綾部→久々知(♀)----「んっ…はぁ…!きはち、ろ」肩越しに喘ぐ女の声、柔らかな白い肌が自分の肌と擦れるそれが異常に腹が立って、女の肩を噛んでやるする ... » more
テーマ 短編小説

蓮と獄「きり丸の森の段」 綾久々編
アニメ綾部×久々知----それは突然の事だった長引いた授業で五年い組は少し遅く食事を摂っていたしばし静かな食堂で歯ごたえの良い、たくあんとご飯を黙々と食べていた久々知に ... » more

蓮と獄小さな手
三郎次→久々知―――久々知先輩は綺麗な人だ初めて会った時からずっと思ってた所謂眉目秀麗、白い肌長い睫大きな瞳細い身体すらりと伸びてる背長い黒髪でも先輩は綺麗すぎて、時々恐ろく見える ... » more
テーマ 短編小説

 

最終更新日: 2018/05/26 09:36

「短編小説」のブログ関連商品

» 「短編小説」のブログレビュー をもっと探す

「短編小説」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る