誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    南イタリア

南イタリア

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「南イタリア」のブログを一覧表示!「南イタリア」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「南イタリア」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「南イタリア」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

シチリアC アグリジェント(世界遺産) まるでギリシャにいるような錯覚になりました。ギリシャの植民地として紀元前6〜5世紀に栄えた町ですコンコルディア神殿大きく開けた丘の上、広々とした海を背に美しいドーリス式神 ... » more

ミモザ シチリア島B 果物屋さん
シチリア島B 果物屋さん シチリアでは果物だけを置いている果物屋さんをよく見かけました坂の下にあった果物屋さんいろいろな果物が綺麗に陳列されていました。どれも新鮮で美味しそうです ... » more

シチリア島A ラグーザ(世界遺産) 華やかに装飾されたバロック様式の家並みが坂道に続くラグーザの町でしたサン・ジョルジョ大聖堂階段の上に堂々とそびえ立つゴシック建築の傑作のひとつに上げられる聖堂で、1775年 ... » more

ミモザ シチリア@ タオルミーナ
シチリア@ タオルミーナ 美しい景観は地中海の女王と讃えられています。イオニア海に面して標高400mのタウロ山の中腹にある高級リゾート地ですギリシア劇場紀元前3世紀に建てられた円形劇場です。ロ ... » more

ミモザ イタリア本島→シチリア島へ
イタリア本島→シチリア島へ イタリア本島→シチリアのメッシーナ港までの乗船時間は20分でした向こう岸に見える灯りはイタリア本島になります。船それ程、大きな船ではありませんが ... » more

ミモザ 花と木々(シチリア島)
花と木々(シチリア島) シチリア島では(タオルミーナ・ラグーサ・アグリジェント・パレルモ)4か所周ってきましたが、お天気は良く暖かったです広場のお花屋さんチューリップ・バラ・カスミ草{%バラwebry% ... » more

南イタリア・マンホールの蓋 (9点) マンホールの蓋には、いろいろな形とデザインがありますねアルベロベッロ木の左右に人間と動物がいますね。続いて細長いマンホールの蓋です。 ... » more

夜のアルベロベッロ&ホテルでのディナー アルベロベッロに1泊しましたので夜の町を散策しホテルでの楽しいディナーでした夜のアルベロベッロ日中とは違い、人出も少なくしっとりとした町の中を散策し ... » more

アルベロベッロ (世界遺産) (トゥルッリ)というトンガリ屋根に白い壁の童話の世界のような家々が並ぶ可愛い町へ行ってきましたよく手入れされたトンガリ屋根標高415メートルの丘の上に ... » more

ランチ (マテーラ・洞窟レストラン) 洞窟レストランでの楽しいランチタイムです。狭い洞窟レストランですが店内は清潔でしたパン風ピザパンの上にはチーズがたっぷり・・・香ばしく焼きあがっています{%パンd ... » more

ミモザ マテーラ・新市街を散策
マテーラ・新市街を散策 昨日はマテーラの旧市街本日は新市街を散策しましたのでご覧下さいませ新市街地モダンで清潔な町並みでした。街の中心には噴水(↑右です)アーチ型になっています。 ... » more

マテーラ・洞窟住宅サッシ地区(世界遺産) 岩山をくり抜いた洞窟住宅群(サッシ)が残る町で1993年世界遺産に登録されましたセピア色の町・マテーラ洞窟住宅群は荒あらしい大地に重なり合うように建っ ... » more

ミモザ ナポリの夜景と朝もえ
ナポリの夜景と朝もえ 1995年に世界遺産に登録されたナポリのサンタ・ルチアの夜景をご覧下さいませサンタ・ルチアの夜景有名なナポリ民謡(サンタ・ルチア)の夜景はまるで宝石が煌いているような ... » more

ミモザ ポンペイの遺跡
ポンペイの遺跡 紀元前8世紀に建設された商業都市ポンペイは、ヴィスヴィオ火山が大噴火を起こして、一瞬にして消え去った古代の町でしたアポロの神殿48本のイオニア式円柱に囲まれた大神殿です。 ... » more

ランチ (カゼルタ→ポンペイまでの中間地点) カゼルタからポンペイまでの中間地点での遅めのランチでした前菜魚介類と言ってもほとんどがイカですがニンニク・オリーブ油で炒めたものです ... » more

ミモザ カゼルタ宮殿の天井画&絵画
カゼルタ宮殿の天井画&絵画 宮殿の天井には素晴らしい天井画、壁には数多くの絵画が掛っていました天井画&絵画まるで美術館のように、たくさんの絵画が展示されて ... » more

ミモザ カゼルタ王宮 (世界遺産)
カゼルタ王宮 (世界遺産) ローマに1泊して、18世紀の王宮を見るのにカゼルタへ向かいましたカゼルタ王宮ブルボン家のナポリ王が建設を命じ1780年に完成されたそうです。宮殿には120 ... » more

Ver日記 since Feb/25/2006ガーミン
ガーミン 12月5日今日の天気は、12月としては暖かでバイク日和なんやけど事務所へ出社Yオクでポチしてたガーミンが届いてたんで遊んでみました。バイクで使うことは ... » more
テーマ 南イタリア

鬼が笑うかも(その3) 11月15日先週初めAmazonUKにポチしてた道路地図が届いた、同時に昨日ポチした本もAmazonJPから届いてたイタリア旅行のネタに読んだのは1.南イタリアへ!陣内秀信著2.チンクエチェントで駆け巡る ... » more

南イタリア紀行…Ostuni編 Alberobelloから30kmほど東に向かって車を走らせそろそろアドリア海が見えてくる辺りに差しかかると白い建物がぎっしり立ち並ぶ低い空中都市のような丘が見えてきます。それが今日の町、Ostuni(オストゥーニ)。 ... » more
テーマ イタリア-旅 南イタリア  コメント(4)

南イタリア紀行…Alberobello編 お待たせいたしました!前回の「南イタリア紀行」では世界遺産の町Matera(マテーラ)を紹介しました。第二回の今日は同じく世界遺産の町Alberobello(アルベロベッロ)です。“美しい木”という意味の ... » more
テーマ イタリア-旅 南イタリア  コメント(2)

南イタリア紀行…Matera編 日本は今、梅雨の真っただ中。この湿気と気温の高さにぐったりしている人も多いことでしょう…。そんなさなか、南イタリア旅行から帰ってきたばかりの友人が何とも爽やかな写真を沢山届けてくれました。同じ夏でも空の色と空気が日本と違 ... » more
テーマ イタリア-旅 イタリア‐味覚 南イタリア

“Il Brigante” 「ジェラテリア・イル・ブリガンテ」とても長い名前です。しかも覚えにくいですね。“ジェラテリア”はいいとして、“イル・ブリガンテ”はいったいどういう意味?とよく聞かれます。“Il Brigante”を辞書で引くと「義賊」と出ていま ... » more
テーマ イタリア-歴史 イタリア‐文化 南イタリア  コメント(2)

旅行記番外編(自分へのお土産) 新婚旅行は2人ともバックパッカー用のリュックで行ったのでワインなどの液体物は預ける荷物にいれず、トラーパニ空港で搭乗直前に買おうと思っていたのですが、中にはお店が無く全滅。バルサミコ酢や美味しいワイン、マルサラワインなど沢山 ... » more

とうとう最終日。かえりたくなーい、、、。 楽しかった旅行も最終日。最後の最後の日まで遺跡三昧の2人です。でも、この最終日に見に行った遺跡が圧巻。口をぽっかりあけて2人とも魅入ってしまいました。ギリシャ神殿で有名な「Segesta」に行って来ました。こ ... » more

決死の強行軍3(新婚旅行なのに、、、) 前回の続き。この2人カーナビにしたがってSalemiからMarsalaに入らずにホテルに直接行ける近道を選択してしまったんですね〜なるほど、、、、、、。なんて、機械を信用するんじゃなかった!ここからが悪夢の始 ... » more

決死の強行軍2 天国と地獄(アグリジェント〜トラーパニ) アグリジェントでも街中で迷ってやっとこさっとこ遺跡に到着着いたときはもう午後3時過ぎになってしまいました。ここの見物は「Valle dei Templi」(神殿の谷)ここシチリア島は本場のギリシャも顔負けのギリシ ... » more

決死の強行軍1(カターニャ〜Piazza Armerina) 旅もだんだん終わりに近づいてきて、残すホテルは一つのみ。なんだか寂しくなってきて「あ〜、あと○日しかない。もっと居たかったな〜。」と言うセリフが多くなってきました。それだけ、シチリアの事が好きになってきたのかも。 ... » more

エトナ山からタオルミーナへ カターニャって、シチリア島に来る前は全く知らない都市だったけど、来てみると結構大きな町でした。活火山のエトナがすぐそばにあることで有名で、エトナ通りっていう長く一直線な通りがあるんだけど、その通りから晴れた日はエトナ山 ... » more

迷路のような魚市場とエトナ山(カターニャ) 私たちが泊ったホテルは、なんと偶然な事にカターニャでも有名な大市場の開かれるところの近く。朝は5時から11時までしか開かないと言うので、コレを逃しちゃいけないとばかり、いつもより早起きして朝ごはんの前にお散歩。さすが海の ... » more

 

最終更新日: 2016/11/23 01:49

「南イタリア」のブログ関連商品

» 「南イタリア」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る