誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    士農工商

士農工商

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 士農工商
テーマ「士農工商」のブログを一覧表示!「士農工商」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2    次のページ
昔の人にとっては、至極“当たり前田の”常識だったのに、現代人にとっては イマイチ理解が及ばないというものも、実際には数多くあります。 人間社会の変化が歴史そのものであるという一面もありますから、あ.. » more
テーマ 士農工商

孔子(前552?-前479年)に始まった「儒教」を新たな形で体系化・発展させた 「新儒教」ともいうべき思想は、その創始者の名を取って「朱子学」と呼ばれ ました。 中国南宋・朱熹(1130-1200.. » more
テーマ 士農工商

~軍隊の力を背景に、軍人が政治権力を掌握して支配する政府の形態~ これが「軍事政権」に対する一般的な説明です。 もしそういうことなら「江戸幕府」(1603-1867年)という存在もまた その「軍.. » more
テーマ 士農工商

時代劇でよく見掛ける男性頭のテッペンの剃り上げた部分を「月代 (さかやき)」といいます。  もう少し丁寧な紹介をすれば、~成人した男子が冠または烏帽子の 下にあたる額ぎわの頭髪を半月形に剃った部.. » more
テーマ 士農工商

落語の中の言葉198「士農工商」
       三代目三遊亭金馬「たが屋」より  咄の中で江戸時代には士・農・工・商という四つの身分があったと云っている。「士農工商」という言葉は学校でも習い、よく知られている。  封建社会の身.. » more
テーマ 士農工商

「儒教」あるいは「儒学者」という言葉は日本史の中にもよく登場しています。 では、その「儒教」って、いったいなんなの?  なんとなく分かっているようで、その実分かっていないのは、筆者とて その例外.. » more
テーマ 士農工商

国家を安定させ長い繁栄を保つためには、特にその中枢を担うべき官僚に 優秀な多くの人材を必要とするものです。 このあたりを、うっかりスカタンな人間に任せようものなら、たちまちに国が 傾きかねないこ.. » more
テーマ 士農工商

~江戸っ子は宵越しの銭は持たぬ~ 本音であったかどうかは分かりませんが、こんなセリフを吐いて粋がっていた とするなら、江戸っ子の「お金」に対する感覚は、チマチマ貯金に励む 現代日本人とは少しばか.. » more
テーマ 士農工商

12世紀・南宋の儒学者・朱熹(1130-1200年)が興した「朱子学」の思想は、 いわば「新儒教」との位置づけがなされていますが、オリジナルの 「儒教(孔子)」に比べると、随分とヒステリックな一面.. » more
テーマ 士農工商

将軍本家ではなく御三家の一つ紀州藩の出身で第8代将軍に就いたのが 徳川吉宗(1684-1751年)で、後に「享保の改革」(1716-?年)と呼ばれた 幕政改革に乗り出しています。(将軍在任1716.. » more
テーマ 士農工商

随分と昔の映画の中にこんなセリフがあったことをヒョッコリ思い出しました。  正義の人VS悪漢の対決が見せ場という、お約束通りの展開の「西部劇」で、 その中で正義の人が悪漢に向かって吐いたこんな言葉.. » more
テーマ 士農工商

現代の「お仕事ぶり」はといえば、概ねのところ、「週休2日・40時間労働」が 一つの基準になっています。 もっともこれは建前であり、必ずしも遵守されているとは言い切れません。 過労死などの報道に接.. » more
テーマ 士農工商

 
前のページ    1  2    次のページ

テーマのトップに戻る