誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    高齋正

高齋正

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 高齋正
テーマ「高齋正」のブログを一覧表示!「高齋正」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2    次のページ
ノア・ヴォクシーと全く同じベースで、若干の高級感を持たせた- これが、エスクァイアの位置づけでしょう。トヨタお得意の兄弟車 ですね。最初は同じで、だんだん差別化していき、或る時独立し た車種にな.. » more
テーマ 高齋正

高齋正の反骨精神
近未来カーレース小説で、一時代を築いた高齋正は、端正な文体・ 常に感謝が前面に押し出される表現で、好感のもてる小説家の一人 ですが、あることに対しては、激情的とでも表現したくなるほどの迫力 をも.. » more
テーマ 高齋正

小説の必勝パターン
有名な作家の小説を続けて読んでいくと、あるパターンに気付くことが 有ります。このパターンこそが、その小説を魅力あるものとしている原 動力なのです。サクセスストーリーはその典型で、読後の清涼感が堪 .. » more
テーマ 高齋正

「灼熱の走路」は菅谷充、「激走のサーキット」は高齋正の作品で、 両者ともに大のレース好きを自認するだけあって、前者はインディー カー、後者はF-1(F3000も)が疾駆するカーレース小説の傑作です.. » more
テーマ 高齋正

「高齋正の小説 ニッサンがルマンを制覇する時」は、文字通り、ル・ マンを勝利で飾りますが、すんなりとは勝たせてくれません。六人の 精鋭を揃えてきていたにも拘らず、一番早いドライバーが事故で入院 .. » more
テーマ 高齋正

「ニッサンがルマンを制覇する時」は、ヒューマンドキュメント的テイスト を併せ持ったストーリー展開が、魅力なんです。レースと言えば、スプ リントのF-1がすぐに頭に浮かんでしまいますが、24時間レー.. » more
テーマ 高齋正

「ホンダがレースに復帰する時」で、カーレース小説の新たな地平線を 切り開いた高齋正は、続く「ロータリーがインディに吼える時」で早くも、 このジャンルを定着させました。そして、第三作目にあたる「ニッ.. » more
テーマ 高齋正

ロータリーエンジンが一番輝いていたのは、初代コスモがデビューした 時ではないでしょうか。当時の車としてだけでなく、今見てもあのフォル ムは先鋭的なデザインで、いすずのピアッツァが古くクラシックなス.. » more
テーマ 高齋正

ロータリーエンジンは、従来のエンジンとは異なり、エンジンの力その ものが円運動を行っているので、ピストンエンジンに比べれば、格段に 振動が少ないことは理解できます。しかし、円運動と言っても、中央が.. » more
テーマ 高齋正

高齋正の小説 今日からは、つい最近、佐藤琢磨の強烈なパフォー マンスが炸裂したあのインディーシリーズをフィーチャーした物語です。 未だ日本人が到達しえない高見と言えば、F-1とインディーカートシ .. » more
テーマ 高齋正

高齋正の小説 ランサーがモンテを目指す時 この作品は、書き込み が凄いんです。240馬力の最高馬力を、270馬力で何時間連続で稼働 させられるか、の命題に対する技術者の熱い思いと、1つ問題を潰すと.. » more
テーマ 高齋正

「ランサーがモンテを目指す時」この小説の主役は、当然、車である ランサーなのですが、主役はもう一人います。それは、等々力誠と いう人物です。冒頭に出てくるラリー界で名の知れた存在の岩田順 三が、.. » more
テーマ 高齋正

 
前のページ    1  2    次のページ

テーマのトップに戻る