誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    地理

地理

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「地理」のブログを一覧表示!「地理」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「地理」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「地理」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

越前と若狭の旅 その18 僧堂と承陽殿を見学 傘松閣を出てこれから、僧堂、仏殿、承陽殿、法堂と見学していく。 永平寺の伽藍を上から見ると、こういうふうになっている。 建物一つ一つは実に重厚で、中庭の樹々も大きく育っている。 これらの建物を繋ぐ廊下 ... » more
テーマ 歴史 越前と若狭の旅 地理

「鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー」 その17 杉本寺等見学後、茜草屋でお茶 昼食を終えると、黄線に従って金沢街道を引き続き歩き、黄星印の杉本寺そして鎌倉宮と進んだ。 午前中のオーバーペースがたたったのか、昼食後は足が重くなり、若宮大路にある黄菱形印の宿泊ホテルまでの道がキツかった。 ... » more
テーマ 歴史 鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー 地理

越前と若狭の旅 その17 傘松閣まで見学 見学の経路は赤線に従い、伽藍と伽藍を結ぶ廊下を通って一回も靴を履くことなく黄矢印の方向に進んでいく。 この図の通り歩いてまた元の場所に戻って来るのである。 まず、吉祥閣一階から二階に上がる。 吉祥閣か ... » more
テーマ 歴史 越前と若狭の旅 地理

「鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー」 その16  報国寺の竹林にて 今回は報国寺の竹林から始める。 竹林の入口から入って行ったが、天井から降り注ぐ光と竹林群の奏でる光と影の造形があまりに美しいので十枚程の竹林の写真をここで撮影したが、その中から2枚ほどを紹介する。 少しだけ目線を上 ... » more
テーマ 歴史 鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー 地理

越前と若狭の旅 その16 永平寺に到着 一乗谷の次は永平寺町の永平寺である。 赤字@の箇所に永平寺があり、黄線の道路を走ってそこを目指し、それから再び同じ道を戻って、今度は青線の美濃街道を走って赤字Aの越前大野を目指す。 まず赤字@の永平寺に向かった。 ... » more
テーマ 歴史 越前と若狭の旅 地理

越前と若狭の旅 その15 朝倉氏の遺構を歩く これから一乗谷川を渡って対岸にある朝倉氏の遺構を見ていく。 一乗谷川を渡る際に渓流魚でもいるのではないかと思ったが、イワナの姿もヤマメの姿も見えなかった。 朝倉氏の遺構については、赤字い;中の御殿と赤字ろ;朝 ... » more
テーマ 歴史 越前と若狭の旅 地理

越前と若狭の旅 その14 復元武家屋敷と武家屋敷跡を覗く この道路を突き当りまで進んでいく。 日本海側を進んでいた台風12号が熱帯低気圧となり、その残滓で天気が小雨交じりとなっていて、昨日までの34度〜35度の世界と違ってクールな一日となっている。 道 ... » more
テーマ 歴史 越前と若狭の旅 地理

越前と若狭の旅 その13 復元町並を歩く ここで復元町並に入る前に一乗谷遺跡の全体図を紹介する。 遺跡はこのようにとても広大なので、赤字A;復元町並と赤字B;義景館跡などの二箇所を見るにとどめた。 それでは復元町並に入っていく。 ここが復元町 ... » more
テーマ 歴史 越前と若狭の旅 地理

越前と若狭の旅 その12 一乗谷朝倉氏遺跡に入る 一乗谷朝倉氏遺跡は、福井市街の東南約10キロメートル、九頭竜川水系足羽川支流である一乗谷川下流沿いの細長い谷あい(一乗谷、東西約500メートル、南北約3キロメートル)に築かれた戦国時代の城下町と館跡および背後の山城の遺跡である。 一 ... » more
テーマ 歴史 越前と若狭の旅 地理

「鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー」 その15 浄妙寺から報国寺へ(k) 青砥藤綱旧邸跡を発ち、金沢街道を浄妙寺そして報国寺と歩いた。 まず浄妙寺である。 浄妙寺は鎌倉市にある臨済宗建長寺派の仏教寺院で、山号は稲荷山(とうかさん)、本尊は釈迦如来、開基は足利義兼、鎌倉五山の第五位の寺格 ... » more
テーマ 歴史 鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー 地理

越前と若狭の旅 その11 鯖江第一ホテルから一乗谷朝倉氏遺跡へ 今夜の宿は鯖江第一ホテルである。 鯖江は武生の隣の町なので、紫式部公園からは1時間もかからずに広い駐車場のあるホテルに到着した。 朝食付きで4,950円という値段なのでそう期待もせずに値段なりのこのホテルでくつろいだ ... » more
テーマ 歴史 越前と若狭の旅 地理

勝浦の地形を考えてみる ここ何回か、勝浦へ行ったこともあってちょっと地形を調べてみました。そもそも勝浦ってどんな場所なんだろう??画像はGoogleの航空写真ですが、第一印象は「狭い!!」>山ばかりで、限られた平地一杯に市街地が広がってい ... » more
テーマ 地理

「鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー」 その14 足利公方と青砥藤綱 帰りは朝比奈峠から十二所までバスに乗り、そこから金沢街道を鎌倉駅の方向へ向かって歩き始めた。 金沢街道沿いには鎌倉幕府高官の旧居が立ち並んでいたが、その中から赤字ア;足利公方邸旧蹟と赤字イ;青砥藤綱旧居跡を選んで立ち寄った ... » more
テーマ 歴史 鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー 地理

越前と若狭の旅 その10 紫式部公園散策 越前国府推定地跡の見学を終え、次に紫式部公園を目指した。 平安の世の996年、紫式部の父である藤原為時が越前守(現在でいう県知事)に任ぜられ、母親を幼くして亡くしていた紫式部は京から父とともに越前国へ下った。 越前国の敦 ... » more
テーマ 歴史 越前と若狭の旅 地理

「鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー」 その13  金沢街道を朝比奈峠まで歩く (k) これから十二所神社までバスで行き、そこから金沢街道を鎌倉市と横浜市の境まで歩いていく。 金沢街道は鎌倉七口(七切通し)の一つの朝比奈切通しのある街道だが、この街道は六浦湊に荷揚げされた物資の運搬に利用されたことから、昔は六 ... » more
テーマ 歴史 鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー 地理

越前と若狭の旅 その9 越前国府への旅 武生の越前国の国府があったと推定されている黄矢印の指している場所を目指して車を進めている。 2時間程走って、午後2時40分にJR武生駅に到着した。 駅の観光案内所でパンフレットを貰い、ついでに越前国府跡まで ... » more
テーマ 歴史 越前と若狭の旅 地理

「鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー」 その12 源頼朝の墓を見に行く(k) 次に源頼朝の墓を見に行くことにした。 黄線上の道路を、上図右上の黄色矢印の源頼朝の墓まで歩いていく。ここへ行くまでの道中が良かった。 雪ノ下3丁目という住居表示のこの辺りは、横浜国立大学付属小・中学校や清泉 ... » more
テーマ 歴史 鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー 地理

越前と若狭の旅 その8 越中国の国府推定地への旅  三国湊の見学を終え、これから武生(現越前市)に向かう。 最初に記したが、新潟県を含む現在の北陸地方は古来は高志国と言われていて、8世紀以降に越国と言われるようになった。 律令時代に入ると越国は分割されて、越前国、加賀国、 ... » more
テーマ 歴史 越前と若狭の旅 地理

「鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー」 その11 鎌倉国宝館を見学 これから鎌倉国宝館へ向かう。 鎌倉国宝館は昭和3年4月3日に開館した歴史・美術の博物館である。 大正12年の関東大震災で鎌倉でも多くの歴史ある社寺が倒壊して貴重な文化財を損失したが、これを教訓として不時の災害から由 ... » more
テーマ 歴史 鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー 地理

越前と若狭の旅 その7 旧森田銀行を見学  次にり;旧森田銀行の見学である。 旧森田銀行は明治期に福井県三国町で設立された銀行で、1894年に三国湊で北前船の廻船業であった森田家当主の森田三郎右衛門によって設立され、その後順調に業績が拡大し、福井県内において福井銀行そして同じ ... » more
テーマ 歴史 越前と若狭の旅 地理

「鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー」 その10 頼朝の城鶴丘八幡宮を散策 頼朝に連れられて鶴丘八幡宮に入っていく。 目の前の橋はかながわの橋100選の一つである太鼓橋で、将軍家が参拝する際はここで輿(こし)を降りた。 かっては朱塗りだったので赤橋とも呼ばれており、現在は渡ることができない ... » more
テーマ 歴史 鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー 地理

「鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー」 その9 鶴ケ岡八幡宮前まで歩く 鎌倉での宿は鶴ケ岡八幡宮前のホテルシャングリラ鶴岡である。 ここで、11月5日(木)、11月6日(金)、11月8日(日)の夕方から朝までを過ごした。 このホテルは鎌倉の中心若宮大路に位置し、鶴岡八幡宮まで徒歩1分鎌 ... » more
テーマ 歴史 鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー 地理

越前と若狭の旅 その6 旧岸名家を見学 家の中は通り庭となっている。 通り庭は民家の土間のことで,表口から裏口へ通り抜けられるようになっているもので、京都や特に大阪の商家では一般的で、ここ三国の商家も同じ造りである。 通り庭には笏谷石(しゃくだにいし)が使われてい ... » more
テーマ 歴史 越前と若狭の旅 地理

「鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー」 その8 甘縄神明神社から由比ケ浜へ これから赤星印の甘縄神明神社に向かう。 甘縄神明神社は710年に僧行基の草創によって、由比の長者と呼ばれた染屋時忠が神明宮と神輿山円徳寺を建立したのがその始まりとされ、鎌倉最古の神社といわれている。 前9年の役で有 ... » more
テーマ 歴史 鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー 地理

「鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー」 その7 鎌倉文学館 その1 鎌倉大仏の見学を終えて、赤字Cの鎌倉文学館へ向かった。 鎌倉文学館までは黄線の道を通って、辺りの風景を楽しみながら歩いて行った。 いよいよ文学館に近くなってきたが、かなりしっかりしたアプローチ道ができていて ... » more
テーマ 歴史 鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー 地理

岩井海岸と民宿街を散策 Cafeテラスに行った後、少し時間があったので岩井の町を散策しました。まずは何と言っても岩井海岸です。長く続いた砂浜は勝山海岸の2倍以上と思われます。この海岸線の長さゆえに、今でも臨海学校が盛んで民宿街も元気というのが勝 ... » more
テーマ 地理

「鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー」 その6 鎌倉大仏で有名な高徳院まで 長谷寺の見学をしている間に、午後2時に近くなってきた。 長谷通りに出て、鎌倉名物のしらす料理を扱っている適当な食堂を探してあるいていたが、ちょうどいい食堂が見つかった。 それがこの「きしめんむつ富」である。 ... » more
テーマ 歴史 鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー 地理

「鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー」 その5 阿弥陀如来坐像を見学 次に隣の阿弥陀堂の阿弥陀如来坐像を見学した。 この阿弥陀堂に安置されている2.8mの阿弥陀如来座像は、源頼朝が42歳の厄除けのために建立したという伝承から厄除阿弥陀と呼ばれており、鎌倉六阿弥陀の一つでもある。 ... » more
テーマ 歴史 鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー 地理

越前と若狭の旅 その3 三国湊散策は高見順の生家から 古来より三国湊は九頭竜川やその支流の足羽川などを使った水運による物流の拠点として発達し、戦国時代の武将朝倉義景が居城を構えた一乗谷朝倉氏遺跡内の庭園跡には、船によって運ばれてきた東尋坊周辺の岩が庭石として残っている。 また、朝倉氏の ... » more
テーマ 歴史 越前と若狭の旅 地理

歴史・地理雑学 日本という呼称の起源について 言語の歴史は人類の起源ほどにはわかっていないらしいが、人類の移動・拡散に伴ってどんどん数を増やしていった言語の数は、かって1万種以上もあったということだ。 それが文化のグローバリゼーション(地球規模の文化の均一化)によって、現在は6 ... » more
テーマ 歴史 地理

 

最終更新日: 2018/12/18 06:42

テーマのトップに戻る