誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    地理

地理

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「地理」のブログを一覧表示!「地理」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「地理」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「地理」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

「鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー」 その25 鎌倉五山別館で昼食後、建長寺を見学 お昼を過ぎたので、建長寺の前にある鎌倉五山別館で昼食とした。 建長寺はけんちん汁が生まれた寺であり、この店では看板メニューがけんちん汁となっていた。 食べたのはけんちん汁と山菜ご飯がセットされているけんちん ... » more
テーマ 歴史 鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー 地理

「鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー」 その24 長寿禅寺に立ち寄り「亀ヶ谷坂切通し」を歩く   明月院の次に、予定になかった長寿禅寺に立ち寄った。 この寺は臨済宗建長寺塔頭寺院で、いただいたパンフレットによると、1336年に足利尊氏邸跡に創建され、諸山第一位の列に定められた。 尊氏没後、初代鎌倉公方足利基氏が ... » more
テーマ 歴史 鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー 地理

「鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー」 その23 明月院を歩く 鎌倉五山第4位の浄智寺の次は、午前中の最後となった明月院ブルーとよばれる紫陽花で有名な明月院である。 寺までの道中が田舎道で、道路脇の川の流れの音や11月7日というのに季節外れのような鈴虫が鳴いていて、野鳥の鳴き声も聞こえ ... » more
テーマ 歴史 鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー 地理

「鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー」 その22 浄智寺を見学 東慶寺の次に、鎌倉五山第4位の格式の高い臨済宗円覚寺派の浄智寺に行った。 この浄智寺は、鎌倉幕府第5代執権・北条時頼の3男である北条宗政の菩提を弔うために1283年に宗政の妻と兄北条時宗により創建された寺である。 ... » more
テーマ 歴史 鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー 地理

「鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー」 その21 東慶寺を歩く 次に、円覚寺とJR横須賀線の線路を挟んで向かい側に立地している東慶寺(鎌倉尼五山二位)に向かった。 東慶寺は臨済宗円覚寺派の寺院で、この寺の開山者である覚山尼は円覚寺を開山した北条時宗の夫人である。 夫と妻の開山となる寺が線 ... » more
テーマ 歴史 鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー 地理

越前と若狭の旅 その28 東尋坊と雄島を散策 丸岡城から1時間程走って、九頭竜川の河口部にある東尋坊へ到着した。 東尋坊は恐竜博物館、永平寺と並んで福井県が誇る最大の観光名所で、ここへ行く前に、海抜100m、地上55mの東尋坊タワーに上がった。 展望台からは、 ... » more
テーマ 歴史 越前と若狭の旅 地理

越前と若狭の旅 その27 丸岡城を見学 これから赤字Bの丸岡城に向かう。 この城は戦国時代の1576年に一向一揆の備えとして織田信長の命により柴田勝家が甥の柴田勝豊に築かせた城で、国内に現存する12の天守閣の中で、最古の建築様式を有する平山城である。 丸岡城には午 ... » more
テーマ 歴史 越前と若狭の旅 地理

越前と若狭の旅 その26 越前竹人形の里を見学 恐竜たちと別れて、これから九頭竜川沿いの勝山街道を一気に河口まで下って行く。 恐竜博物館は黄星印の地点で、まず赤字A;越前竹人形の里、それから赤字B;丸岡城を目指して進んでいく。 出発してから20分程走って、 ... » more
テーマ 歴史 越前と若狭の旅 地理

越前と若狭の旅 その25 福井県立恐竜博物館を見学 平泉寺白山神社の次に、勝山市にある福井県立恐竜博物館を訪ねたが、ここではいっそう考古学者に憧れていた頃(高校時代のこと)を思い出した。 福井県立恐竜博物館は恐竜に関する資料を展示した恐竜に関する国内最大級の博物館で、銀色に光るドーム ... » more
テーマ 歴史 越前と若狭の旅 地理

越前と若狭の旅 その24 平泉寺南谷発掘地を歩く 中世の平泉寺は宗教都市とよべる性格を備えていて、境内の中心部分は東西方向の細長い尾根上にあって社殿や堂塔が建ち並び、これを挟んだ南北両側の谷には多数の坊院(僧の住居)が密集して建っていた。 延暦寺が三千坊といわれた時代に六千坊とうた ... » more
テーマ 歴史 越前と若狭の旅 地理

越前と若狭の旅 その23 平泉寺白山神社拝殿などを歩く アの白山神社社務所を出て、鬱蒼とした杉並木が両側にそびえ立っている、二の鳥居まで続く真っ直ぐな参道を歩いていく。 地面の苔も見事だし、杉並木から降り注ぐ明るい光線も実に気持ちがいい。 凛とした気分のままで、静寂の世界 ... » more
テーマ 歴史 越前と若狭の旅 地理

越前と若狭の旅 その22 平泉寺白山神社に向かう 今日7月29日(水)の日程は下記のとおりである。 昨日は足羽川に沿って走行し、その後美濃街道を走ったが、今日の旅は九頭竜川本流を一日かけて下る旅である。 まず黄線の道路を走り、平泉寺白山神社に向かった。 ... » more
テーマ 歴史 越前と若狭の旅 地理

越前と若狭の旅 その21 越前大野の俵屋旅館に宿泊 再び越前大野の町に戻って大雨の中街中を少し散策したが、そのことは省略する。 今夜は越前大野で泊まることとし、宿は1泊2食付き6264円の格安料金の俵屋旅館とした。 この宿の創業は天保元年(1830年)とのことで、ま ... » more
テーマ 歴史 越前と若狭の旅 地理

「鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー」 その20 円覚寺を歩く 円覚寺入口の階段を上がると、まず瑞鹿山の額が掲げられている総門である。 創建当時の伽藍配置は総門・三門(山門)・仏殿・法堂・方丈が一直線に並ぶ典型的な禅宗様伽藍配置であったが、現在法堂は失われている。 円覚寺の主な ... » more
テーマ 歴史 鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー 地理

「鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー」 その19 ホテルニューカマクラから北鎌倉へ 11月7日(土)の日程である。 午前中に北鎌倉のお寺を巡り、午後から鎌倉アルプスハイキングコースを歩く予定。 今夜の宿泊先だが、土曜日はどこのホテルも料金が高く設定されている場合が多く、ホテルシャングリラ鶴岡も例外 ... » more
テーマ 歴史 鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー 地理

「鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー」 その18 宿泊ホテルと食事の話 ホテルシャングリラ鶴岡で、前夜の11月5日(木)と今夜の11月6日(金)宿泊した。 今回は宿泊したシャングリラ鶴岡とここでの食事を紹介する。 ここは自室前の三階の廊下で、隠れて見えないが写真の左手にフロントがある。 ... » more
テーマ 歴史 鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー 地理

越前と若狭の旅 その20 感動の宝慶寺への旅(k) 永平寺を出て、越前大野市と池田町の境あたりに位置する曹洞宗の第二道場である宝慶寺という禅寺に向かった。 永平寺から足羽川沿いの黄線の道を走り、オレンジ矢印地点の宝慶寺を目指して進んでいく。 途中越前大野の街の ... » more
テーマ 歴史 越前と若狭の旅 地理

越前と若狭の旅 その19 永平寺の法堂、山門などを見る 承陽殿の次は法堂、禅師様の説法の道場で朝のお勤めなどの各種法要もここで行われる。 法堂(はっとう)は1843年の建築で、聖観音像を安置する。 法堂の中の内陣は絢爛豪華で、この中に聖観音像が安置されているという ... » more
テーマ 歴史 越前と若狭の旅 地理

越前と若狭の旅 その18 僧堂と承陽殿を見学 傘松閣を出てこれから、僧堂、仏殿、承陽殿、法堂と見学していく。 永平寺の伽藍を上から見ると、こういうふうになっている。 建物一つ一つは実に重厚で、中庭の樹々も大きく育っている。 これらの建物を繋ぐ廊下 ... » more
テーマ 歴史 越前と若狭の旅 地理

「鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー」 その17 杉本寺等見学後、茜草屋でお茶 昼食を終えると、黄線に従って金沢街道を引き続き歩き、黄星印の杉本寺そして鎌倉宮と進んだ。 午前中のオーバーペースがたたったのか、昼食後は足が重くなり、若宮大路にある黄菱形印の宿泊ホテルまでの道がキツかった。 ... » more
テーマ 歴史 鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー 地理

越前と若狭の旅 その17 傘松閣まで見学 見学の経路は赤線に従い、伽藍と伽藍を結ぶ廊下を通って一回も靴を履くことなく黄矢印の方向に進んでいく。 この図の通り歩いてまた元の場所に戻って来るのである。 まず、吉祥閣一階から二階に上がる。 吉祥閣か ... » more
テーマ 歴史 越前と若狭の旅 地理

「鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー」 その16  報国寺の竹林にて 今回は報国寺の竹林から始める。 竹林の入口から入って行ったが、天井から降り注ぐ光と竹林群の奏でる光と影の造形があまりに美しいので十枚程の竹林の写真をここで撮影したが、その中から2枚ほどを紹介する。 少しだけ目線を上 ... » more
テーマ 歴史 鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー 地理

越前と若狭の旅 その16 永平寺に到着 (k) 一乗谷の次は永平寺町の永平寺である。 赤字@の箇所に永平寺があり、黄線の道路を走ってそこを目指し、それから再び同じ道を戻って、今度は青線の美濃街道を走って赤字Aの越前大野を目指す。 まず赤字@の永平寺に向かった。 ... » more
テーマ 歴史 越前と若狭の旅 地理

越前と若狭の旅 その15 朝倉氏の遺構を歩く これから一乗谷川を渡って対岸にある朝倉氏の遺構を見ていく。 一乗谷川を渡る際に渓流魚でもいるのではないかと思ったが、イワナの姿もヤマメの姿も見えなかった。 朝倉氏の遺構については、赤字い;中の御殿と赤字ろ;朝 ... » more
テーマ 歴史 越前と若狭の旅 地理

越前と若狭の旅 その14 復元武家屋敷と武家屋敷跡を覗く この道路を突き当りまで進んでいく。 日本海側を進んでいた台風12号が温帯低気圧となり、その残滓で天気が小雨交じりとなっていて、昨日までの34度〜35度の世界と違ってクールな一日となっている。 道 ... » more
テーマ 歴史 越前と若狭の旅 地理

越前と若狭の旅 その13 復元町並を歩く ここで復元町並に入る前に一乗谷遺跡の全体図を紹介する。 遺跡はこのようにとても広大なので、赤字A;復元町並と赤字B;義景館跡などの二箇所を見るにとどめた。 それでは復元町並に入っていく。 ここが復元町 ... » more
テーマ 歴史 越前と若狭の旅 地理

越前と若狭の旅 その12 一乗谷朝倉氏遺跡に入る 一乗谷朝倉氏遺跡は、福井市街の東南約10キロメートル、九頭竜川水系足羽川支流である一乗谷川下流沿いの細長い谷あい(一乗谷、東西約500メートル、南北約3キロメートル)に築かれた戦国時代の城下町と館跡および背後の山城の遺跡である。 一 ... » more
テーマ 歴史 越前と若狭の旅 地理

「鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー」 その15 浄妙寺から報国寺へ(k) 青砥藤綱旧邸跡を発ち、金沢街道を浄妙寺そして報国寺と歩いた。 まず浄妙寺である。 浄妙寺は鎌倉市にある臨済宗建長寺派の仏教寺院で、山号は稲荷山(とうかさん)、本尊は釈迦如来、開基は足利義兼、鎌倉五山の第五位の寺格 ... » more
テーマ 歴史 鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー 地理

越前と若狭の旅 その11 鯖江第一ホテルから一乗谷朝倉氏遺跡へ 今夜の宿は鯖江第一ホテルである。 鯖江は武生の隣の町なので、紫式部公園からは1時間もかからずに広い駐車場のあるホテルに到着した。 朝食付きで4,950円という値段なのでそう期待もせずに値段なりのこのホテルでくつろいだ ... » more
テーマ 歴史 越前と若狭の旅 地理

 

最終更新日: 2019/01/19 13:49

テーマのトップに戻る