誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    スピーカー

スピーカー

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「スピーカー」のブログを一覧表示!「スピーカー」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「スピーカー」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「スピーカー」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

DCU-F101G(その3)歪率 DCU−F101Gの2Wayの歪率を測ってみました。マイク位置はリスニングポイントでスピーカから2.5mほど離れています。クロスが200HzだとスコーカのF101Gの歪が増える前にウーファに引き継げるので歪の増加はせずにうまくつなが ... » more
テーマ ND-140 スピーカー PARC

 ラムダ音楽日記TAD Evolution One
『レコード芸術』のオーディオコーナーで、TADのEvolution Oneの紹介記事を読みました。Evolution Oneは、1本110万円というトールボーイ型スピーカーです。3ウェイスピーカーで、ユニットは三つついているように見えま ... » more

『レコード芸術』のオーディオコーナーで、ディナウディオのEvoke30の紹介記事を読みました。Evoke30は、ペアで46万円というトールボーイ型スピーカーです。発売されたばかりの新シリーズということで、見た目はごく普通のトールボーイ型 ... » more

ケンのオーディオメモSP補正Qノッチ
SP補正Qノッチ ゴンザエモンさんのところで導入されたAccuton C51セラミックドームを聞かせて頂いたのですが、ユニット単独なのでバッフルステップの関係か中域に若干盛り上がりがあり、今一つバランスがまとまらない印象がありました。解決方法 ... » more
テーマ スピーカー

DCU-F101G(その1) 昨年製作したDCU-F101Gですが、最近は出番が余り無いのでシングルに組み替えてみようと思います。ユニット外径が100Φのボイド管の径とほぼ同じなので、バッフルレスエンクロージャとします。2Lほどの小容積で単独で低音を欲張らず ... » more
テーマ 2Way スピーカー PARC

 ラムダ音楽日記JBL L100 Classic
『レコード芸術』のオーディオコーナーで、JBL の L100 Classic の紹介記事を読みました。L100 Classic は、1本228000円というブックシェルフ型スピーカーです。これは、1970年代にデビューした L100 C ... » more

大創スピーカ(その5) 大創USBスピーカの問題点はやはり低音ですので、先日作ったDaytonのND140ウーファを付けて2Way化してみました。グラフは室内のなのであまり精度が出ませんが、低音はしっかりカバーできているようです。(赤線-ウーファ、青線-大創、 ... » more
テーマ ダイソー ND-140 スピーカー

ND-140 2Wayスピーカ シングルでも補正すれば結構いけそうなDaytonのND140-08ですが、やはりここはツィータを追加して2Wayスピーカを試してみました。今回のツィータは以前飛ばしてしまったSEASのマグネシューム振動板をソフトタイプの代替品に ... » more
テーマ 測定 ND-140 スピーカー

ケンのオーディオメモND-140スピーカ
ND-140スピーカ DaytonのND140-8を使った(サブ)ウーファを作ってみました。今回のねらいの音質よりも軽量化なので、相変わらず200φのボイド管を使用します。容積は10L(高さ36cm)ほどのバスレフタイプで重量は@1.54kgに収まりました。 ... » more
テーマ 測定 ND-140 スピーカー

変えちゃいました。 以前、PC用スピーカーの入れ替えを考えていたことを書かせていただきました。で、実は今日、仕事が休みだったわけですが。用事ついでに新しいPC用スピーカーを購入しました。JBLのPebblesというモデルです。実は、 ... » more
テーマ PC スピーカー

OmniMIC 簡易マニュアル 昔作ったOmniMICのマニュアルを最新版に更新しました。簡単な説明なので細かいところは抜けていますが、むしろ取り扱いよりも音響測定そのものの考え方が大事かと思います。まずは測定そのものには余り意味が無いのではないか、測っても効 ... » more

逢瀬WATERFALL Integrated 250 先日、合同会社逢瀬のWATERFALLIntegraed250アンプ(以下逢瀬)を自宅で聞ける機会がありました。自宅装置はマルチアンプで専用接続(コネクタ等)になっているので市販アンプが簡単に試せません。そこでミニ対向3Wayス ... » more

 ラムダ音楽日記ミライスピーカー
きょうのNHKのニュースで、ミライスピーカーが紹介されていました。ミライスピーカーとは、株式会社サウンドファンの佐藤和則さんが開発した、老人性難聴の方にも聞き取りやすく、健聴者の方のとっても遠くまでよく聞こえるというスピーカーです。番組 ... » more

ケンのオーディオメモAVセット再調整
AVセット再調整 メインスピーカは室内を横配置にした設置に変更した為に、横長で見るAVセットはお休み状態でしたが、専用にDCU-F131PP対向とTOT19NC00の変則2Wayをあてがう事にして再調整しました。スクリーンを避ける様にスピーカはト ... » more
テーマ 対向 スピーカー AV

mini対向スピーカ(その9) 久しぶりにネットワークSPが必要になり、以前のmini対向3Wayを見直したのですが、やはり当時アライメントが詰め切れていなかったようで、再度全体を見直し再調整しました。ネットワークの場合は物理的な前後でアライメントを調整するの ... » more
テーマ 対向 3Way スピーカー

 ラムダ音楽日記ダリ OBERON3
『レコード芸術』のオーディオコーナーで、ダリのOBERON3の紹介記事を読みました。OBERON3は、ペアで8万円という2ウェイバスレフ型スピーカーです。しばらく前に書いたOBERON1の上位機種にあたります。ウーハーは、OBERON1 ... » more

GENELEC 8030A アクティブモニタースピーカー レビュー このレビューは2011年2月に作成し当時のブログ(現在は閉鎖)に掲載していたモノを転載しました※ fansfansのブログレビューを書いた当時の内容を転載しますこのときのレビューが評価され GENELEC 8020B をいた ... » more
テーマ アクティブモニター GENELEC スピーカー

大創スピーカ(その5) 大創スピーカは約80cm長のポールの底を十字スタンドで2cmほど持ち上げて開放し、ポールの管共鳴で低域を持ち上げると100Hzぐらいまでほぼフラットになりました。このくらいなら後は若干の周波数特性の補正でこの状態でも使えそうです。(測定 ... » more

大創スピーカ(その4) 対向は片側2組で計4個のスピーカをつけました。90度ずらせて2段重ねでバッフル間はできるだけ最小寸法にしました。対向ユニット間にはボトムエンドに5mmほどの板を挟んで長ネジでバッフル板と一緒にトモ締めです。接続はシリパラですが、 ... » more
テーマ 対向 ダイソー スピーカー

大創スピーカ(その3) そのままシングルでエンクロージャを作ってもよいのですが、シングルではパワーも入らず能率も低いので、ここは音圧を稼くために複数使用を前提に考えます。折角の複数使用ですから、まずは対向にして使ってみようかと思っています。対向は立ち上 ... » more
テーマ 対向 ダイソー スピーカー

iLoud MTM / iLoud Micro Monitor の上位スピーカー iLoud Micro Monitor は発売以来多くのミュージシャンやエンジニア・プロヂューサーのスタジオに設置されるなどユーザーが広まっていますが、大ヒットしている iLoud Micro Monitor の上位機種となるモニタース ... » more
テーマ iLoud IK multimedia スピーカー

 ラムダ音楽日記エラック VELA FS407
『レコード芸術』のオーディオコーナーで、エラックのVELA FS407の紹介記事を読みました。VELA FS407は、ペアで約66万円というトールボーイ型スピーカーです。VELA400シリーズは、以前の400シリーズの後継モデルで、VE ... » more

 ラムダ音楽日記ダリ OBERON1
『レコード芸術』のオーディオコーナーで、ダリのOBERON1の紹介記事を読みました。OBERON1は、ペアで57000円(税別)という2ウェイバスレフ型スピーカーです。ウーハーには、上位機種譲りのSMCマグネットシステムを搭載し、ツィー ... » more

 ラムダ音楽日記B&W 603
『レコード芸術』のオーディオコーナーで、B&Wの603の紹介記事を読みました。603は、1本14万円というトールボーイ型スピーカーです。大きな特徴は、上級機で使われたコンティニュアム・コーン素材によるミッドレンジ/ウーハーを採用したこと ... » more

 ラムダ音楽日記エラック VELA BS403
『レコード芸術』のオーディオコーナーで、エラックのVELA BS403の紹介記事を読みました。VELA BS403は、ペアで33万円というブックシェルフ型スピーカーです。第五世代のJETトゥイーターを搭載しているのが大きな特徴です。外観 ... » more

 ラムダ音楽日記FyneAudio F501
『レコード芸術』のオーディオコーナーで、FyneAudio のF501の紹介記事を読みました。F501は、ペアで約20万円というトールボーイ型スピーカーです。FyneAudioは、タンノイにいたエンジニアたちが、理想のスピーカー作りを目 ... » more

ケンのオーディオメモCF120に換装2Way
CF120に換装2Way 以前のDENONユニットを使った2WaySPのウーファをDaytonのCF120-04に換装してみました(ツィータはXT25SC90-04のまま)。幸いにも外径がほぼ同じだったので割と感単に入れ換えることができました。今回は分割 ... » more
テーマ CF120 XT25SC90-04 スピーカー

『特選街』で、DEVIALETのPHANTOMシリーズの紹介記事を読みました。PHANTOMシリーズは、約25〜40万円というワイヤレススピーカーです。無線LANとBluetoothを搭載し、アナログアンプの品質とデジタルアンプの効率を ... » more

大創のUSBスピーカ(その2) 箱を開けて特性を測ってみました。磁石が弱いせいかQは高めですが、むしろ低域を上手くカバーするのに使えるかもしれません。現状だと300Hzぐらいに山があり、低域はまったく望めませんが、2リットルぐらいの箱に入れるとレンジも広がり良さそうで ... » more
テーマ DATS スピーカー

 ラムダ音楽日記テクニクス SC-C50
『特選街』で、テクニクスのSC-C50の紹介記事を読みました。SC-C50は、約9万円というワイヤレススピーカーです。コンピューターに保存したハイレゾ音源、音楽ストリーミングサービスなどをワイヤレス再生することができます。幅375mmと ... » more

 

最終更新日: 2019/05/12 17:22

テーマのトップに戻る