誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ブックレビュー

ブックレビュー

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ブックレビュー」のブログを一覧表示!「ブックレビュー」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ブックレビュー」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ブックレビュー」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

『新薬の狩人たち』  ドナルド・R・キルシュ著 世の中にはあまり知られていない仕事や職業があります。「ドラッグハンター」(新薬研究者)もその一つでしょう。著者はこの ドラッグバンター として、スクイブ社、アイアナミッド社、アメリカン・ホーム・プロダクツ社などで、足かけ35年に渡って創 ... » more

『モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語』 内田洋子著 この物語は冬のイタリア、ヴェネツィアから始まる。細かな雨が降り続け、昼過ぎなのにあたりの景色は無彩色に沈んでいる。ミラノを拠点にジャーナリストとして活動している著者は、ヴェネツィアのサンマルコ広場での要件を終え、足早に駅に向かっていた。 ... » more

「AI vs 教科書が読めない子どもたち」  新井紀子・著 人は自分が携わっている仕事について、世の中が間違った理解をしていると憤慨するものです。著者も本書において、怒りの矛先をAI(人工知能)に対する世間の過大な評価に向けています。AIが神になることはないし、人類を滅ぼすこともない、またAIが ... » more

『スタートアップ・バブル』 愚かな投資家と幼稚な起業家 1990年代の末、アメリカは好景気に沸いていた。社名に「ドットコム」とつけば、どんなIT企業の株も上昇したことから、「ドットコム・バブル」と呼ばれた。その後バブルは崩壊し、多くの投資家が痛手を被った。だが現在再びIT企業に札束が舞い込ん ... » more

『不合理だらけの日本スポーツ界』  河田剛・著 昨今は日本のプロ野球選手が大リーグへ移籍するのは珍しくなくなりました。なぜ彼らはメジャーリーグを目指すのでしょう。一つは野球の本場で自分の力を試してみたいというスポーツ選手としての気持ちです。そしてもう一つは報酬の魅力でしょう。 ... » more

佐藤幹夫の編集室書評束集(1)
中井久夫『樹をみつめて』(みすず書房)平和を維持することの難しさ二〇代に入ってすぐの頃、死ぬまでかけて読む本のリストを作った。そのリストをもとに出版社から目録をとり寄せて注文したり、古本街を回ったりしながら、三〇半ば頃まで文 ... » more

『荒くれ漁師をたばねる力』  坪内知佳・著 『君たちはどう生きるか』という本がベストセラーになっています。先行きが不透明で、将来が見通せない時代を迎えているためかもしれません。社会の安定の礎であったはずの終身雇用や社会保障は制度疲労により雲行きが怪しくなり、親や先輩諸氏の生き方は ... » more

『ブロックチェーン・レボリューション』  ドン・タプスコット&アレックス・タプスコット著 今や私たちの生活に欠かせなくなったのがネットシッピングです。インターネットにより自由にモノを売買できるようになったと思われがちですが、本当に自由なのでしょうか・・・ネットを通じてモノを売り買いするには、必ずアマゾンや楽天 ... » more

『超監視社会』  ブルース・シュナイアー著 今や警察の捜査に欠かせないのが防犯カメラによる映像だ。警察の捜査に協力するため防犯カメラの映像を提供することに反対する人は少ないだろう。だが防犯カメラは事件とは関わりなく、絶えず私たちを監視し続けていている。近い将来、録画された映像が良 ... » more

『枕草子のたくらみ』  山本淳子・著 枕草子のたくらみ「春はあけぼの」 に秘められた思い枕草子と源氏物語と言えば日本を代表する古典文学だ。作者の清少納言と紫式部は、同じ時代を生き、共に高い知識・教養を備え、天皇の后に仕える女房(今で言う秘書官)だった ... » more

『人生を変えてくれたペンギン』 トム・ミッチェル著 人生を変えてくれたペンギン海辺で君を見つけた日トム・ミッチェル著税込1620円時折、人間には経験を溜め込む容器が備わっていると思うことがある。年を重ねるごとに、容器には経験という水が注がれ、やがて新しい出 ... » more

昨今、かなり暑くなってきた東京地方、ボチボチ冷房のお世話になってるMimiyです。Mimiyのブックレビュー、今回は、宮部みゆき著「希望荘」杉村三郎シリーズの第4作となる本書では、ついに小さな探偵事務所を開業、新しい街で ... » more

5月になり、春、というよりも、次の季節がすぐそこまで来ているような昨今の東京地方Mimiyのブックレビュー、今回は、柏井寿著「京都嵐山桜紋様殺人事件」「桜」というにはちょっと遅すぎましたが……プロカメラマンで京都通の星井が、 ... » more

『魚と日本人』 食と職の経済学  濱田武士・著 築地市場の移転問題が長引いている。そんな中、豊洲市場への移転が遅れることで、廃業する業者が増えることが懸念されるという報道がある。築地市場は水産物の取扱いで日本最大の中央卸売市場だが、そこで廃業が相次ぐのはなぜなのだろう ... » more

『なぜ日本のフランスパンは世界一になったのか』  阿古真理・著 私たちの主食であるコメの消費が年々、減少している。しかし、食べる量は減っても主食であることには変わりはないようで、数週間でも海外にいると、ご飯が恋しくなる。人間の舌の嗜好は簡単には変わらないようだ。このため日本に住む西洋 ... » more

昨今、だいぶ暖かくなってきました&会社の帰り道がちょっと明るくなってきたことがちょっとうれしいMimiy。Mimiyのブックレビュー、今回は東野圭吾著「人魚の眠る家」娘が小学校受験を終えたら離婚する、のつもりだったが ... » more

2017年2月7日松浦理英子「最愛の子ども」(『文学界』2月号)読了。(2.13訂正)1.どんな作品なのか久々に、小説を読む醍醐味と愉悦を、全身で感じながら読み終えることができた。なによりも作者・松浦理英子の実力が存分に発揮 ... » more

インフルの倦怠感で、パソコンともスマホとも遊べず、すごく暇なわりにはテレビも見ずに、視覚障碍者用の音声図書を大量にダウンロードして、読書三昧。思えば、サラリーマンが大っぴらに1週間もゴロゴロ過ごせるのってインフルにかかった時くらい ... » more

『時を刻む湖』 7万枚の地層に挑んだ科学者たち 科学の進展には観察によって長さや量、重さなどを測ることが欠かせない。そのため度量衡と呼ばれるモノを測定するためのモノサシが必要になる。この測定は過去の時間に及ぶことがある。発掘や採取された試料が存在していた年代を明らかにすることで、私た ... » more

『ショパン・コンクール』  青柳いづみこ・著 2020年には日本でオリンピックが開催される。4年に1度の晴れ舞台の結果は、選手生命はもとより、その後の人生も大きく左右する。そんな重要な大会の順位の決め方が不透明なら、選手はもちろん、監督、コーチといった関係者もやり切れない。 ... » more

Mimiyのブックレビュー、今回は、内館牧子著「終わった人」ひところ、すごく話題になってた一冊ね。サラリーマンであれば誰にでも訪れる「定年退職」それからどうする?というのは、これまた誰にでも課題ではなかろうか。再就職する ... » more

『酒の科学』  アダム・ロジャース 著 私たちは一生のうちに大小様々な節目となる出来事に遭遇する。そうした場に欠かせないのがお酒だ。祝福の時や記念の日、晴れの場でお酒を飲み、悲しみの席、別離や禍根に見舞われた時にお酒をあおる。酒で人生を棒に振ることもあれば、酒が取り持つ縁で一 ... » more

★角田光代著「紙の月」 久しぶりにMimiyのブックレビュー。本はそこそこ読んで(音声図書を聴いて)いるんだけど、ちっともブックレビューを書いてない……。で、今日は、角田光代著「紙の月」、少し前、映画化されて話題になった作品ね。人は、どこまで金銭によっ ... » more

『学びとは何か』  今井むつみ・著 「学生時代にもっと勉強しておけば良かったなぁ」という声を耳にすることがある。今の職場では自主的、自発的、自律的、自走的な行動が必要とされ、あなたにしか出来ない仕事、他の人とは違う仕事、あなたらしい仕事が求められている。イ ... » more

『サーチ・インサイド・ユアセルフ』  チャディー・メン・タン 著 私たち一人ひとりが幸せになることで、世界に平和がもたらされる・・・そんな夢みたいな話を真面目に考えているのが本書の著者、チャディー・メン・タン(Chade-meng Tan) だ。そして、この夢を実現させる方法を開発する ... » more

Mimiyのブックレビュー、本は読んでるんだけどちっとも書いていない、で、今回は湊かなえ著「物語のおわり」これからの自分に迷って立ち止まり、北海道の大自然を旅する人たちの手から手へ読み継がれる未完の物語は、それぞれの読者によ ... » more

6月21日はmiffyちゃんのお誕生日。デビュー作「ちいさいうさこちゃん」がオランダで出版されたのが61年前の6月21日なんですって。かわいい顔してるけど、miffyは61歳、Mimiyよりもだいぶお姉さん、ということになります。 ... » more

『トウガラシの世界史』  山本紀夫・著 私たちが普段口にする香辛料の中で世界を席巻しているのが胡椒と唐辛子だ。胡椒はコショウ科コショウ属の植物で、他に絡むという 「つる性」 があり、熱帯低地でしか生育しない。一方、唐辛子はアメリカ大陸が原産地のナス科の植物で、温帯地域でも栽培 ... » more

ゴールデンウィークもあっけなく終わり、強風と蒸し暑い日が続く東京地方、Mimiyのブックレビュー、今日は荻原浩著「誘拐ラプソディー」人生の「壁」に突き当たった主人公、伊達秀吉は、ひょんなことから金持ちの子供を誘拐、身代金を要求す ... » more

『フランス人とパンと朝ごはん』  酒巻洋子・著 最近は日本を訪れる観光客が増加していることが報道されるが、上位の国との開きはまだかなりある。世界で最も観光客を集めるのはフランスだ。だがフランスが気に入って何度訪れても、名所旧跡を周って、ホテルに泊まっているだけではフランス人の実生活は ... » more

 

最終更新日: 2019/04/28 11:05

「ブックレビュー」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る