誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「性」のブログを一覧表示!「性」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「性」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「性」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

Ban'yaよく眠る
11月25日(木)、27日(土)と、出講のない日は、断続的によく眠る。横になりながら、井原西鶴を読む。『男色大鑑』は1回半読む。『西鶴諸国ばなし』1回読了。いまは『好色一代男』を読み始めている。西鶴の文体は、芭蕉の俳文にもつながる、 ... » more
テーマ 俳句 読書

女眩(文学シリーズショート(7)) わいは落ちぶれた女眩や。世話をしている女は二人だ。大阪の通天閣近くのある筋を島(シマ)にしている。近くには古びた昔ながらの連れ込みホテルも3軒あり、ちょっと離れるが国道を越え、高速道路の高架をくぐ ... » more
テーマ 文学 日常

家庭菜園 & 中国の「性文化展」 「家庭菜園一目瞭然」を創設しました猛暑の影響による野菜価格高騰がまだまだ続いています市場価格を心配することなく安全で新鮮な野菜作りをされているかたがたくさんいらっしゃいますあなたもいかがですか? ... » more
テーマ 中国 家庭菜園

現代人とその属性や状態、行為、場所について、いくつか二項対立の組が考えられる。○有名か否か○美しいか否か○裸か否か○性行為か否か○公的空間か否か○有名か否か『夢を与える』の主人公と恋人とのネット上でのセッ ... » more
テーマ 人間 有名人

mixiであんらぎさんのコメントに反応して書いているうちに、彼が海外に住み始めてからの10年間に、日本ではハーフ(ないしクオーター)のタレントが増えている気がする、と思った。 (敗戦による米軍占領という短期間の歴史的要因以後の、より ... » more
テーマ 有名人

ブログネタ:男と女どっちに生まれ変わりたい? カッコイイ男!!と、書いてはダメでしょうか?(笑)。・・・いえ、カッコワルイ男になら既になってますから(・・・って、オイ!!・笑)。昔は男は強くたくましく、女は優しくつつましく・・・と言ったり ... » more

性同一性障害≠同性愛 性同一性障害について、虎井まさ衛さんの講演を聞いた。 現在は戸籍上も男性である虎井さんは、日本で最初に女性から男性への性転換手術(今は「性別適合手術」と呼ぶのが正しいとされる)を受けたことで有名(ただ、知られてはいないが、その前に受 ... » more
テーマ 科学 有名人

Evolution and Human Behavior(進化と人間行動)という学術雑誌では、ほんまでっかTV的なネタがよく報告される。9月のものでは、「短期的な男女関係を求める男は体に注目し、長期的な男女関係を求める男は顔に注目する」と ... » more
テーマ 男女

2004.9刊。ちくま新書。¥680(税別)。セックスレスという言葉を初めて使い定義化した、この道の第一人者である精神科医による啓蒙書。 ... » more
テーマ 精神医学

読書 「わが性と生」瀬戸内寂聴 晴美と寂聴の往復書簡のかたちで性と生を語ってあるが、むしろ性のほうに重点が置かれているようだ。「花芯」で子宮作家と揶揄されたらしいが、本来作家になろうという男や女が、性体験が乏しくて何が書けるというのか。小説には男と女が出てくる ... » more

wind socks読書 「花芯」瀬戸内寂聴
読書 「花芯」瀬戸内寂聴 瀬戸内寂聴が30代の晴美時代に書いた作品。この本には「花芯」を初め全部で5作品が収められている。とくに「花芯」は女性が性愛を描いたとして、当時「子宮作家」というレッテルを貼られたといわれる。それは作品の中に、子宮という言葉が頻繁に現 ... » more

レンタルで借りて、オーストラリア映画『プリシラ』を見た。3人のドラァグクイーンが、改造バスでオーストラリア内陸部の砂漠地帯を横断するロードムービーである。 昔、テレビで紹介されたのを覚えていたが、見終わった後、1994年の製作、日本 ... » more
テーマ 映画

読書 永井義男「江戸の下半身事情」(2) 第二章は、性風俗こそ江戸の一大文化とあり、ほとんど遊郭のお話。当時の日本人の性に対するおおらかさを驚きの目で見るドイツ人医師シーボルトも、品川宿で目撃した白昼堂々と郭を出入りする紳士を見てである。確かにそういう面は戦後もあった。 ... » more

読書 永井義男「江戸の下半身事情」(1) 著者の『はじめに』から引用すると“近年、江戸時代や江戸について「江戸時代は豊かだった」「女性は自由を謳歌していた」「江戸の人々はグルメで旬の食材を食べていた」「江戸の町はリサイクルが行き届いていた」などという発言 ... » more

読書 田中優子「春画のからくり」「張形」 1989年発行の二見文庫「秘蔵の名作艶本・大奥の女」という淫文集に挿絵として春画が掲載されている。当時は局部の露出に神経質だったのか、すべてにボカシが入っている。男女の性器がかすかに分かる程度だ。「葛飾北斎・春画の世界」洋泉社2 ... » more

読書 「カラダと気持ち」40代〜70代セクシュアリティ1000人調査   中高年の性生活の実態は?目次を見ると、熟年世代のパートナーシップと性、熟年世代の結婚生活、夫婦の寝室、男性が求める性・女性が求める性、私たちは、セックスレス?離婚・不倫願望の心理、ミドルライフ・クライシス、男性の更年期?まだまだ ... » more

こころの病い人 こんにちは。セックスとは何でしょうか。こんばんは。セックスとは、なぜあるのでしょうか。あなたと、わたし。セックス出来るふたり。でも、先に愛があります。互いを必要とする、想いがあります。あなたはそれを信じる。僕もそこに生きたいと願う。ふたりは ... » more

読書 田中貴子「セクシィ古文!」 著者あとがきに、『この本は「性」(ひらたくいえばエロ)を題材とした古文を通じ、ひとりでも多くの人に古文を好きになってもらいたいという願いを込めて企画されたものである』とあるが、読み終わってみて私にはいささか荷が重く、原文を読みたいという ... » more

読書 人生観を変えるほど衝撃を受けたノンフィクション 河合香織「セックスボランティア」 この本にたどり着いたのは、映画「アウェイ・フロム・ハー/君に思う」でアルツハイマー病の妻と男の話を観て、痴呆症の情報を検索している時に、偶然この本が飛び出してきた。早速図書館から借り出した。最もショックだったのが69歳の男性。*脳性麻痺 ... » more

マイミクの順子さん(注:自らも女装している性社会史研究者)によれば、先日の日記に対して「マツコさんは、メディアが求めるゲイのイメージ(=いかにもゲイらしい人)を巧みに体現しているのだと思います。」 そうかも知れないが、マツコ・デラッ ... » more

読書 小林美佳「性犯罪被害にあうということ」  夜帰宅中、道を聞く振りをした男に車に引き込まれてレイプされたOLの告白。その経験から性犯罪被害者自助グループ運営にも携わっている。著者は被害者の苦しみや悩みなどを吐露している。性犯罪取締りの強化がなされているが、不思議に思うことがあ ... » more

マツコ・デラックス!! 旬というか、今ホットなテレビタレント。 体重150kgの女装ゲイ。それだけで、エキセントリック(eccentric)という言葉が思い浮かぶ存在。その体形・体重も、同性愛者であり、女装していることも、どれか一つだけでも、文字どおり「中 ... » more

【18歳未満お断り】熟女がお好みなのはどんな動物のオスなの? ●●●●★科学★●●問題:15歳の美少女と45歳の美熟女。もし、おふたりから「好きなようにして」と同時にいわれたら、あなたはどちらの女性とおつきあいなさるでしょうか?ごく純粋に考えてください。美女2人に同時に迫られるという異常事態の裏に ... » more
テーマ クイズ 科学

読書 桜井裕子「性教育の暴走」 セックス奨励教育の実像という副題のついた性教育を厳しく批判するノンフィクションである。身辺に幼児や小・中・高生のいない私にはまったくの初耳に属する。なんともマンマンデーの日々を送ってきたことか。小学一・二年段階からの性教育。この本の ... » more

読書 ジェイムズ・N・パウエル「エロスと精気(エネルギー)」 現代人のセックスの性急さにスローセックスを勧めているように思われる。挿入と射精がすべてで、性器のオーガズムのみを求めていると言う。アマゾンでのこの本のレビューを読むと、ほとんどの人が性愛指南に共鳴している。そして本の内容は、紙面の多くは ... » more

最近SEXLESSなカップルが増えてるんですって。こんな本が気軽に読まれるような女性が大切にされる国になりたいものです。パートナーと読みたい、真面目な性の本。でもなかなか本屋さんで買う勇気がいりますよね。じゃ、ネットで注文しちゃおう。お休み ... » more
テーマ 恋愛

脱がせても脱がせても又他の女の服もぬがせたい男の心理はいでもはいでもどこから食べられるのかがわからない採れたてのたけのこむいてもむいても痛くなるまではどめのきかない足の裏の皮の角質むいてもむい ... » more
テーマ つぶやき

「いのち、響きあう」森崎和江 「女」性というセクショナリティ≪平均寿命が延びつづけている。(中略。以下…)女に生まれた私は、吐息が洩れる。…せいぜい四十代で野垂れ死にだと思っていたのだ。…≫「老いのセクショアリティ」森崎和江がこんなことを思って生きてきた ... » more
テーマ 老人文学コレクション

発言小町の『生理用ナプキンを夫に見られて、自分への性欲が無くなったのではないかという心配』に関する投稿を読んで、考えたことを書きます。女性が絶対に見られたくないものを夫に見られちゃいました(泣)30歳の主婦で不妊治療中で ... » more
テーマ 発言小町 恋愛・結婚

発言小町の『妻と夫の父親との関係の悪化』に関する投稿を読んで、考えたことを書きます。女性(妻)としてはそんなに嫌な事でしょうか?(舅の態度)私42歳妻32歳娘もうすぐ2歳が居ます。私はバツ1で男性不妊という問題がある ... » more
テーマ 発言小町 家族  コメント(4)

 

最終更新日: 2018/07/10 11:28

テーマのトップに戻る