誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ユダヤ人/ユダヤ教

ユダヤ人/ユダヤ教

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: ユダヤ人/ユダヤ教
テーマ「ユダヤ人/ユダヤ教」のブログを一覧表示!「ユダヤ人/ユダヤ教」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2    次のページ
臼杵陽監修、赤尾光春・早尾貴紀編『シオニズムの解剖ーー現代ユダヤ世界におけるディアスポラとイスラエルの相克』(人文書院、2011年)  私も企画から関わり、編集・執筆した『シオニズムの解.. » more

ヤコヴ・ラブキン『トーラーの名において――シオニズムに対するユダヤ人の抵抗の歴史』、菅野賢治訳、平凡社、2010年  以前からここで紹介してきた、ボヤーリン兄弟による『ディアスポラの力』.. » more

マルコ・ベルポリーティ編『プリーモ・レーヴィは語る――言葉・記憶・希望』多木陽介訳、青土社、2002年  最近、サラ・ロイの『ホロコーストからガザへ』の重版が出たので、重版にあたって文章.. » more

サラ・ロイ『ホロコーストからガザへ――パレスチナの政治経済学』(岡真理・小田切拓・早尾貴紀=編訳、青土社、2009年)  昨年末に編訳刊行した、サラ・ロイ『ホロコーストからガザへ』が、刊.. » more

サラ・ロイ『ホロコーストからガザへ――パレスチナの政治経済学』 (岡真理、小田切拓、早尾貴紀=編訳、青土社、2009年、2600円)  年末に編訳・刊行した、サラ・ロイの本が、今日の朝.. » more

池澤夏樹『ぼくたちが聖書について知りたかったこと』小学館、2009年  パレスチナ/イスラエルでの移動中、中途半端に空いた時間などに、この本を読んだ。  これは、オビに名前の出ている、.. » more

サラ・ロイ『ホロコーストからガザへ――パレスチナの政治経済学』 (岡真理、小田切拓、早尾貴紀=編訳、青土社、2009年、2600円)  今年3月に招聘したサラ・ロイさんの来日講演・対談.. » more

マイケル・シェイボン『ユダヤ警官同盟(上・下)』、黒原敏行訳、新潮文庫、2009年  新潮文庫の海外翻訳ものハードボイルド小説の新刊。  設定がものすごい。1948年に建国されたイスラ.. » more

村岡晋一著、『対話の哲学――ドイツ・ユダヤ思想の隠れた系譜』、講談社選書メチエ、2008年  前回書いたように、ローゼンツヴァイク『救済の星』(みすず書房)が刊行されたわけだが、このある.. » more

フランツ・ローゼンツヴァイク、『救済の星』、 村岡晋一・細見和之・小須田健=訳、みすず書房、2009年  ドイツ・ユダヤ人の思想家フランツ・ローゼンツヴァイクの主著であり、原書で500.. » more

臼杵陽、『イスラエル』、岩波新書、2009年  現代イスラエル国家の成り立ちについて、ここまで正確な記述で全体像を描くことができる研究者は、日本語圏ではやはり臼杵陽氏をおいてほかにはいな.. » more

野村真理、『ガリツィアのユダヤ人――ポーランド人とウクライナ人のはざまで』、人文書院、2008年  「歴史家」野村真理氏の最新の著作である。最近になって、著者と面識ができたが、しかし、私.. » more

 
前のページ    1  2    次のページ

テーマのトップに戻る