誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    小説

小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 
子テーマ: 推理小説 SF小説 BL小説 ミステリー小説 携帯小説 ライトノベル 恋愛小説 ホラー小説 オリジナル小説 小説家 連載小説 夢小説 時代小説 短編小説
テーマ「小説」のブログを一覧表示!「小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
テーマ「小説」で閲覧数の多い注目記事をピックアップしています。

冴えない彼女の育てかた 12を読みました。丸戸史明さんの小説になります。加藤とのデートの約束の日、倫也に入った連絡は紅坂朱音が倒れたという連絡で…ということでデートはお流れに。実は、フィールズクロニクルの制作がかなりまずいことに ... » more
テーマ 小説

Re:ゼロから始める異世界生活 第六章44『血の勲章』 を読みました。長月達平さんの小説になります。メイリィとなにか会話をしていたはずが、目の前に彼女の死体が転がっていたというところからのスタート。知りうる蘇生の手を尽くすのです ... » more
テーマ 小説

【ネタバレ】 「レーン最後の事件」エラリイ・クイーン DRURY LANE'S LAST CASE (1933) ElleryQueenレーン最後の事件 (角川文庫)KADOKAWA 2011-09-23 エラリー・クイーン Amazonアソシエイト by レー ... » more

縄奥のブログお兄ちゃんだめー・・・
3話私が中学二年生、兄の公彦は高校へ入学そして弟の信彦は中学一年生へと三人が制服になった頃、ようやく私達は念願だったマイルームを持つことになった。長い間、3DKで頑張ってきた両親が中古だけど庭付きの二階建てを買っ ... » more
テーマ 生活 小説 ブログ

◆◆◆ま、言ってしまえば「人生」とは「記憶」だ。偽の記憶を植えつける類の話を、いちいち否定するほど暇人ではない。しかし、記憶に「本物」「偽物」という区別は、本来ありえないんだぜ。アハハハハ、哲学や脳科学の ... » more

8月12日、アニメ編集・保存作業しながらラノベ読む。 今日はタイトル通り、撮り溜めてた過去のアニメ作品を編集してBDディスクに保存する作業をやりつつ、昨日買ってきたラノベを読んどりました。読んでたラノベは「魔法科高校の劣等生」の新刊です。で、編集・保存したアニメは、、、、、こんなところです ... » more

◆◆◆僕は死神と逢う約束がある或るバリケェドの争奪戦で春が物騒がしい明暗と共に還って来て林檎の花々が中空を満たす頃僕は死神と逢う約束がある春が水色の美しい日々を呼び返す頃( ... » more

【ネタバレ】「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」フィリップ・K・ディック DO ANDROIDS DREAM OF ELECTRIC SHEEP? (1968) Philip K. Dickアンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))早川書房 フィリップ・K・ディック ... » more
テーマ SF 小説

【ネタバレ】「高い城の男」フィリップ・K・ディック THE MAN IN THE HIGH CASTLE (1962) Philip K. Dick高い城の男 (ハヤカワ文庫 SF 568)早川書房 フィリップ・K・ディック Amazonアソシエイト by ... » more
テーマ SF 小説

養子三代 12 自分は、突然現れた三国老人の抱擁に、身体が浮き始めていた。如何してだろう?・・・・・・・・嫉妬した自分は居たが、眼の前に居なければ、忘れられるのに?・・・でも、顔を合わせれば、ましてや、唇まで合わせられれば、身体が反応してし ... » more
テーマ 官能小説 養子三代 小説  コメント(5)

【ネタバレ】 「Yの悲劇」 エラリイ・クイーン THE TRAGEDY OF Y (1932)ElleryQueenYの悲劇 (創元推理文庫 104-2)東京創元社 エラリー・クイーン Amazonアソシエイト by ミステリー最高傑作は「そし誰」でな ... » more

【感想】ハイスクールD×D 25巻「夏期講習のユグドラシル」 ロスヴァイセを賭けて「王たちの戯れ」チームと対決!アニメ4期も4月から放映開始と久々に盛り上がりを見せるハイスクールD×Dですが25巻にして400万部突破だそうで。すごいなあ。アニメのほうは今回は10巻までらしいですけど劇場版でもい ... » more

【ネタバレ】「ローズマリーの息子」アイラ・レヴィン(後編) SON OF ROSEMARY (1997)Ira Levin名作「赤ちゃん」の続編、この終わり方は一体・・・(汗)前編↓からの続きですぞ!http://puripuriouch.at.webry.i ... » more

「ソードアート・オンライン シュガーリィ・デイズ」 感想 「ソードアート・オンラインシュガーリィ・デイズ」の感想になります。こちらはSAO2のブルーレイ第5巻に特典小説として収録された短編です。元々は川原さんが同人誌として書いていた短編で、それをまとめた形ですね。 ... » more
テーマ ソードアート・オンライン(原作) 感想 ライトノベル

【ネタバレ】「ローズマリーの息子」アイラ・レヴィン(前編) SON OF ROSEMARY (1997)Ira Levin「ローズマリー」続編キターーーー!!まず、「怖い映画ランキング」1位に選ばれた名作ホラー映画「ローズマリーの赤ちゃん」エントリーはこちらh ... » more
テーマ ホラー 小説

【ネタバレ】「死の接吻」アイラ・レヴィン A KISS BEFORE DYING (1953)Ira Levin死の接吻 (ハヤカワ・ミステリ文庫 20-1)早川書房 アイラ・レヴィン Amazonアソシエイト by 天才レヴィンの衝撃処女作は、 ... » more

浅田次郎 『中原の虹』 傑作『蒼穹の昴』の続編。待ちに待った全四巻を読み終えて 新国家建設に混迷する中国大陸。民の平安のために!と張作霖は燃える。彼を新しい英雄にしようとする浅田次郎の着想は成功しただろうか。冒頭、100歳を超えた占い師の老婆から汝、満州の覇者となれ汝東北の覇王たれかし走れ、はるかなる中原の ... » more

【ネタバレ】「幼年期の終わり」アーサー・C・クラーク CHILDHOOD'S END (1953)Arthur C. Clarke幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341))早川書房 アーサー・C・クラーク Amazonアソシエイト by 三島由紀夫も絶 ... » more

山間<峠>に棲む鬼 W ある日、村井老人は、麓に降りた。村井老人は、診療所のドアを開けた。待合室では、麓の住人達が、屯していた。村井老人は、いつものように、健やかな笑顔で、老人達に声を掛けると、腰を下ろした。そして、一人の老婆が、話しかけた。・ ... » more
テーマ 官能小説 山間<峠>に棲む鬼 小説  コメント(2)

【ネタバレ】「ソラリスの陽のもとに」スタニスワフ・レム SOLARIS (1961)Stanislaw Lemソラリスの陽のもとに (ハヤカワ文庫 SF 237)早川書房 スタニスワフ・レム Amazonアソシエイト by 人類の想像を超えた異星人(?)と対話 ... » more
テーマ SF 小説

【ネタバレ】 「Xの悲劇」 エラリイ・クイーン THE TRAGEDY OF X (1932)ElleryQueenXの悲劇 (創元推理文庫)東京創元社 エラリー・クイーン Amazonアソシエイト by アメリカでは、これがクイーン最高傑作との評価 ... » more

【四話】「こ…これが俺…?そ…そんな…可愛いい…」鏡台を横に首輪をつけられた信也は鏡に映る自分ではない愛苦しい女性の顔に唖然と瞬きを忘れた。信也の弱みを「これでもか!」と、握った美野里は一階にある ... » more
テーマ 恋愛 生活 小説

【ネタバレ】「ランゴリアーズ」 スティーブン・キング THE LANGOLIERS (1990) Stephen Kingランゴリアーズ (文春文庫―Four past midnight)文藝春秋 スティーヴン・キング Amazonアソシエイト by なんと ... » more
テーマ ホラー 小説

北の大地 14 大地にとって、北村老人は、広岡老人同様、心を許せる老人だった。・・・・・「・・・やあ〜、待たせたな?・・・」・・・・・(・・・おじいさん、用意は出来てますから?・・・それに、冷蔵庫も、勝手に、開けさせてもらいました。・・・) ... » more

【ネタバレ】「幻想と怪奇1」 仁賀克雄(編) THE MAN WHO COLLECTED POE AND OTHER STORIES (1975)Edited by Katuo Jinkaなかなか豪華ラインナップの怪奇アンソロジーですぞ以前にハヤカワ ... » more
テーマ ホラー ポオ 小説

養子三代 U 過去を振り返る堅治の脳裏に、今、呑み会での事が、頭を過った。・・・・・今思えば、あれが、全てだった。あの時の自分は、その場の雰囲気と、老人達の空気に、呑まれていた。無論、酒に呑まれた自分も居た。・・・・・【・・・堅治 ... » more
テーマ 官能小説 養子三代 小説