誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    小説

小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 
子テーマ: 推理小説 SF小説 BL小説 ミステリー小説 携帯小説 ライトノベル 恋愛小説 ホラー小説 オリジナル小説 小説家 連載小説 夢小説 時代小説 短編小説
テーマ「小説」のブログを一覧表示!「小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
テーマ「小説」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

淡海乃海 水面が揺れる時 1 え?最近この作品の話ばかり?それだけ嵌ってるって事だよ!!淡海乃海 水面が揺れる時~三英傑に嫌われた不運な男、朽木基綱の逆襲~TOブックス 2017-11-10 イスラーフィール Amazonアソシエイト現在公開されてる分を ... » more
テーマ TOブックス ラノベ

親父が亡くなり母も気落ちしたのか元気が無い、其処だけが気がかりだが、母は翔馬の大阪行きを薦めている。そんな状態で早くも三月が来る、忙しい中で里を離れるとなると、翔馬と手いささかセンチメンタル、其処に叔母の存在が有るし、以前よ ... » more
テーマ エッセイ 小説

◆◆◆かつては考えもしなかったな。この私が子供を産むことを想像するとは、つくづく人生は面白い。相手がいないどころか、初潮すら来てない餓鬼の分際で、未来を作りたがっているらしい。服を脱いで、姿見に裸身を映してみる。 ... » more

「窓の枠」の向こうへいつもの散歩
コーギーという一五歳の老犬が我が家にいる。四ヶ月前、彼女が、片方の後ろ足を引きずるようになった。病院で椎間板ヘルニアと診断された。治療の甲斐もなく、4つ足で立つことはできない。今は、痛みが消えたことが、せめてもの救いである。器用に前足で ... » more
テーマ 60代以上のブログ 短編小説

縄奥のブログ天皇・皇后陛下様
天皇・皇后陛下の皇后陛下を見ることが出来た。一瞬だったけど皇后様の穏やかなお顔が品格をあらわしていた。 ... » more
テーマ 生活 小説 ブログ

疲れられたのか早めに叔母はベットに横たえて居た。寝姿を見ると色々な思い出が蘇る、あのサイロでの事や、覗き見の事も総てが鮮明に見えた。本当に叔母には人には言えないほど世話になって来た。此処までこれたのは母より叔母の力だと思える ... » more
テーマ エッセイ 小説

◆◆◆◆◆◆気が付けば私は、煌びやかな屋敷の中にいた。新聞や雑誌でしか見たことのないような、良質の衣服に身を包み、ワイングラスを傾けていた。水で割ってあるとはいえ、それなりの度数だろうが・・・飲まなく ... » more

【義母監禁・調教そして折檻】【一話】「さあ!跪いてシャブれ!!俺の汚れをお前のネットリした舌で洗うがいい!!」両腕を後ろに縛られた三十四歳の美しく華麗なる熟女は、肩 ... » more
テーマ 生活 小説 ブログ

夏休みに入ると、翔馬の日課は納屋の二階での勉強。家の母と父も感心するほどそれは変わらなかった。無論、其処は叔母の存在が大きい、四日毎に夜中に忍び込んで来てくれた。必ず翔馬が好きな食べ物や果物持参、序に翔馬のアソコに刺激を ... » more
テーマ エッセイ 小説

あああ小説:黒猫の小夜曲
黒猫の小夜曲を読みました。知念実希人さんの小説になります。いつくらいに買ったんだろう。なんか出たときに買わなかったのと途中で外の本を読んだりしたせいで結構時間がたってしまいました。死神みたいな役目を負っている主人公が上司の命令で猫の ... » more
テーマ 小説

◆◆◆孤児院の経営は持ち直した。《真紅眼の黒竜》を売り払ったことは、破滅の先送りではない。M&Wが孤児院に差す光となるまでの、時間稼ぎ。すなわち世間的にM&Wが広まるにつれ、この孤児院も注目されるようになった ... » more

縄奥のブログ? タイトルなし ?
【中堅商社・島崎部長】【一話】中堅商社に勤務する胸のある中年バーコードハゲ、小太りの部長は戸籍上は男性でありながら、会社への貢献と業績の鋭さが買われ特別に女性としての勤務が認め ... » more
テーマ 生活 小説 ブログ

縄奥のブログ【高校生】
【高校生】【一話】身長185センチ、体重85キロで前頭部が薄毛の椎名猛は似合わない学生服姿で車を降りた。「帰りは迎えに参りますので…」運転手らしきスーツ姿の男は、椎名にそう呟く ... » more
テーマ 生活 小説 ブログ

昼まで終えると翔馬はあの叔母の家のサイロにと向かう。「おう、来たね・・」「なんと綺麗になっている」「茣蓙敷いたけ〜、座りんさい」「・・、・・」「で如何・・」「え、ああ〜凄かった初めて見た・・」「そうか詰まらんから無理に魅せた ... » more
テーマ エッセイ 小説

◆◆◆私は無敵だった。トレーディングカードゲームにおいて、突出したカードを1枚でも持っていることが、いかに強力かを知った。強いカードを使えば勝てるわけではない。強いカードを所持しているという事実が心強い。 ... » more

翌日、翔馬は学校でも落ち着かない、昨日の叔母の一言でだ。夜八時過ぎ、言われるままに身体は既に叔母の離れの風呂小屋、其の小窓の前で立っている。すると時間を図った様に叔母が母屋から出て風呂場にと来た。脱衣場まで見通しできる小窓、 ... » more
テーマ エッセイ 小説

◆◆◆何も好きで こんなことに なったわけじゃないがこんな人生を歩くことを 願っていたわけじゃないがいつからかは 好きで こんなことになっていた途中からは自ら 陽の当たらない暗闇を歩いていた今 ... » more

「でさ、でさ、話変わるけど、今度グランピング行かない?」「何そのグランド、ピンク?」「えー、茉莉ってば知らないの?」「へんなネーミング。解説してよ」「えーっと、何でもグラマラスとキャンピングを合わせた用語だったと思う」「 ... » more
テーマ 恋愛小説

平成十九年、五月、井上翔馬二十六歳は、愛車でひた走る。一年前に嫌嫌戻った里に向かって・・、其処には良い思い出など皆目無かった。有るのは苦労していた母の最期の寝顔、手を合わすが既に親孝行したくても、其れが出来ない身、一筋の光明 ... » more
テーマ エッセイ 小説

◆◆◆あどけない少女が、幼子に胸を吸わせていた。悪魔の指で抱き締めていないと、いとも容易く幼子は虚空に放り出されてしまう。神の掌に抱かれていたのは、いつの頃だったかと、悪魔は追想する。母の掌に抱かれ、母のもとへ帰 ... » more

BL小説 「ラブホテルドキュメンタリィ」/鏡コノエ “岡田さんの息子。岡田Sonが、おじさんに隠れてGPSを起動させていた気持ちが今となっては良くわかる。このおじさん。謙虚なんだか頑固なんだか、こうと決めたら譲らないくせに、変なところでガードが緩い。こっちが必死に頼めば、そのうち応じ ... » more
テーマ BL小説 unlimited  コメント(2)

BL小説「秘めやかに熟れる白衣」/睦月りな 弱点だと悟った男は右胸に移動し、もう片方の粒も指先で同時に嬲りはじめた。*乳首が弱点な受さんだったのよ!!乳首舐めてってせびるくらい乳首が弱い受だったのよ!!乳首イキ期待するよねー。゚+(。ノдヽ。)゚+。甘美な駆け引きに乱れるドク ... » more
テーマ BL小説 unlimited

【雑記】デモンベイン新シリーズも発表! 来年が楽しみだ! 2019年には書籍で「斬魔大戰デモンベイン」、冬にはPS2版の移植!今年の4/25に「斬魔大聖デモンベイン」発売から15周年ということでプロジェクトが発表されたわけですが。【雑記】「斬魔大聖デモンベイン」15周年プロジェクト ... » more

四☆月読み夜は短し歩けよ乙女
夜は短し歩けよ乙女 森見登美彦著角川文庫2006この本が紹介されていてずっと気になっていたタイトルだったので購入しました。裏表紙の説明を借りますとキュートでポップな恋愛ファンタジーの傑作。読んでみたのですが私のまじめ ... » more
テーマ 濫読本 小説

四☆月読みさくさくかるめいら
さくさくかるめいら 坂井希久子著ハルキ文庫(時代小説文庫)2018居酒屋ぜんやシリーズ第4弾です。今日現在発売されている最新刊となります。5つのお話が入っているのですがタイトルのお話は只次郎のおうちの桃の節句に母側の祖父、す ... » more
テーマ 濫読本 時代小説

四☆月読みころころ手鞠ずし
ころころ手鞠ずし 坂井希久子著ハルキ文庫(時代小説文庫)2017居酒屋ぜんやシリーズ第3弾です。この回も、本当においしそうな季節の料理でいっぱいでした。タイトルになっている手鞠寿司はなじみ客の酒問屋升川屋の大阪から嫁いできたお嫁さ ... » more
テーマ 濫読本 時代小説

Le passe-temps影の車〔1970〕
影の車〔1970〕 松本清張の原作小説「潜在光景」を映画化したサスペンス。愛人の連れ子に殺されるという幻想に悩まされる男が、日常のささいな出来事から次第に恐怖を増幅させていくさまを描く。岩下志麻さん目当てで初めて観た時は、映画全編に漂うねっ ... » more
テーマ 松本清張 映画

 

最終更新日: 2018/09/19 03:56

テーマのトップに戻る