誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    小説

小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 小説
テーマ「小説」のブログを一覧表示!「小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ
 買い物を終えて家に戻る頃雨が落ちて来た。荷物を台所に運ぶが、家の中は静か、訝りながらも祐樹は部屋に入る。 「ええ、何だ、居ないのか・・」「えっ・・」「あのね、御免、妹が病で寝ているから見舞にだって・.. » more
テーマ 小説

最高な心地を彷徨う祐樹、生まれて初めて味わう女性になるのかと、其処は少し何かが挟まった感じがする。「良いわね、其のキスの味を覚えて置くんだ未だ駄目、目を開けちゃ駄目、良いね・・」顔を突き合わせて言われ.. » more
テーマ 小説

何とか三月を迎えて、祐樹はひと段落、其れは由里にも言える事だが、祐樹は修了式を終えると由里の里にと出掛けていた。「まああんた・・、よう来てくれたがね、来月から三年生かね」「おばさん、ご無沙汰です」「な.. » more
テーマ 小説

KING'S RANSOM (1959) Ed Mcbain キングの身代金 (ハヤカワ・ミステリ文庫 13-11) - エド・マクベイン, 井上 一夫 黒澤映画「天国と地獄」の.. » more
テーマ 小説

 思いもしなかった極上の喜びは由里にとって最高な息子からの贈り物となる。しかもなんと女の居る状態が読めると思えた、其処は経験者の由里には理解出来るが、なんせ年端も行かない少年に何でそれが判るのかと考え.. » more
テーマ 小説

 部屋に戻るが、買い物に大事なものが無いと知ると、又も家を飛び出た。カ-マホ-ムセンタ-に懸け込んで何かでかい敷物を抱えて又も家にとまっしぐら、呆れる程用事がすむと帰宅。リビングで何食わぬ顔でお正月の.. » more
テーマ 小説

[注意事項: コピー及び転載は禁止です] 気力を振り絞るように、逆転の森の中を一歩ずつ進むウィリー。 この先に泉があることは所々妙に曲がりくねった小川が証明しており、涼やかなそよ風.. » more
テーマ 小説

TTB財団 格納庫・デッキ ブリザードジェット「そんな事があったのですね。」 バーニングポリス「不思議な事もあるもんだなぁ」 ヒガンバナ「そのおかげで元の姿に戻れたけどね。(…精.. » more
テーマ 小説

 クリスマスも終えると、もうお正月が目の前、この家では何時も正月料理は馴染みの店で仕度されて来た。其の品物が届くと、遂に正月を迎えることが出来るのだ。古くからある家だが、此処に引っ越しをしてからは、正.. » more
テーマ 小説

 十一月の半ば、既に秋も深まり、飛騨では雪の便りも名古屋で知らされる。「お前・・」「・・」「ねえ、お前・・」「・・」「何で聞いて居るに返事せんのかね・・」「え、僕にか・・」「他に誰が居るんだぎゃ・・」.. » more
テーマ 小説

遠藤伸治県立広島大教授の論文「村上春樹『海辺のカフカ』論ー性と暴力をめぐる現代の神話ー」を引き続き叩き台にさせてもらいます論文は以下のアドレスからダウンロードできます 村上春樹『海辺のカフカ』論 :.. » more
テーマ 小説

 十一月に入った、義母はパ-トを熟しながら東区にあるマンションの掃除をメンテナンス会社を取りやめて、由里が引き受けてしている。二日の夜、既に解禁に為った義母の風呂場で洗う事は又も祐樹の日課に為る。「お.. » more
テーマ 小説

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ

テーマのトップに戻る