誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    離婚原因その2 有責配偶者・性格の不一致

離婚原因その2 有責配偶者・性格の不一致

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 離婚原因その2 有責配偶者・性格の不一致
テーマ「離婚原因その2 有責配偶者・性格の不一致」のブログを一覧表示!「離婚原因その2 有責配偶者・性格の不一致」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3    次のページ
離婚親子問題にあまり経験のない弁護士には「離婚親子問題なんか問題がパターン化されていて、それほど高度な専門性はいらない」という認識をしておられる方がいます。 ある程度、経験を積んでいると、非常に難し.. » more

民法は、裁判で離婚できる離婚原因として、以下の5つを規定しています。 1号 不貞行為   2号 悪意の遺棄    3号 3年以上の生死不明    4号 強度の精神病    5号 そのほか婚.. » more

離婚事件で、ときおり遭遇するのが「稼がない夫」である。これには、いくつかの種類がある。 第1は、働いているが稼げない夫である。写真家とか音楽家とか、選択した職業そのものが、低所得である場合もあるし、.. » more

取引法と異なりグローバルスタンダードがない家族法の問題を扱っていると、欧米と日本とで「常識」がかなり異なることに当惑されることが多い。複数国にまたがる遺産分割などは、その「常識」がぶつかり合うため、お.. » more

有責配偶者からの離婚が認められるには最高裁によれば以下の3要件が必要である。 ① 子供が成熟している ② 離婚しても相手を経済的に困窮させない ③ 相当長期の別居 ところが、家裁判決で、こ.. » more

ときおり、 離婚というのは、本来は、相手方に何らかの落ち度がなければ離婚できない。 落ち度がない場合は、相当期間の別居が必要になる。 と誤解している弁護士に出くわす。それも、かなり多い。 .. » more

東京家庭裁判所の裁判官が、平成24年4月から平成25年12月までの203件の離婚事件判決を分析し、最近の慰謝料の動向を分析してくださいました。最近、その分析のレポートを拝読できました。今日は、その話で.. » more

不倫した配偶者からの離婚が認められるには、 ① 夫婦間に未成熟子がいない。 ② 離婚を認めても経済的に配偶者を困窮させない ③ 相当長期の別居 という3要件を充足しなければならないというのが、.. » more

ちまたのホームページや書籍では、不貞した人からの離婚請求は、およそ不可能という類の記述に溢れている。あまり経験のない弁護士が、実務家向けの書籍などを見て、そう書いているのだろうが、これは間違いである。.. » more

離婚原因で一番多いのが性格の不一致である。要するに考え方や価値観が違うと言うことで、双方が、相手の考え方は間違えていると主張するパターンである。 全然異なる環境で育ってきた夫婦だけに考え方・価値観が.. » more

多くの離婚事件の離婚原因は、性格の不一致です。当事者からすると、精神的虐待とか言葉の暴力とか、色々主張されますが、事情を聞いてみると、考え方の違いから紛争となり、その過程で大声を出したり、口をきかなく.. » more

不貞をした配偶者は、離婚請求できない。これは、皆さんが、誰でも、ご存知です。まあ、正確に言えば、離婚請求そのものはできるけど、裁判所では、離婚請求を棄却する、ということになるでしょう。 ただし、婚姻.. » more

 
前のページ    1  2  3    次のページ

テーマのトップに戻る