誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    イスラム教

イスラム教

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 写真・カメラ
テーマ「イスラム教」のブログを一覧表示!「イスラム教」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7    次のページ
表現の自由とイスラム教への侮辱
西洋の人間は風刺画は「表現の自由」だと言う。しかし、その「表現」は、イスラム教徒から見れば「ふざけるな!」と怒鳴りたくなる「侮辱」となる。 表現の自由と名誉毀損は西側の国でもしばしば衝突する。し.. » more
テーマ イスラム教

想像していた内容とは違っていたが、面白い ただアマゾンの宣伝文句には「衝撃のルポルタージュ」とあるが、これはルポルタージュじゃなくてノンフィクションでしょう。「亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリ.. » more
テーマ イスラム教

「宗教とテロは関係ない」という言い回しがある。まことに良識的に聞こえるし、そう言ってりゃあ宗教テロリストに襲われる確率もグッと減るので便利でもある。 これが「宗教はテロの原因ではない」という表現なら.. » more
テーマ イスラム教

前回に引き続き旧聞ネタ。例の預言者侮辱動画についてです。 「Innocence of Muslims」で検索すると、今でもみることができます。 これは一見そうみえるよりも結構手が込んでいます。 .. » more
テーマ イスラム教

おひさしぶりです。ほぼ一年ぶり。 以下は去年の7月に書きかけてそのままにしていたものをもとにしています。旧聞ご容赦ください 2012年7月17日(火)の朝日新聞に、インドネシアにおける同性愛を.. » more
テーマ イスラム教

久しぶりに更新します。 当ブログ2011年1月22日の記事には東京財団上席研究員の佐々木良昭氏のサイト「中東Today」への言及がある。チュニジアの政変を予想していた事について好意的に取り上げたのだ.. » more
テーマ イスラム教

 前回に引き続き、『1冊でわかるファンダメンタリズム』(マリーズ・リズン著 中村圭志訳 岩波書店)について。 本書85ページには、以下の引用がある。 「[マイケル・クック、パトリシア・クロー.. » more
テーマ イスラム教

岩波書店が刊行した『一冊でわかるファンダメンタリズム』(マリーズ・リズン著 中村圭志訳)を読んでいて、ほほう、あらら、と感じたことをご報告する。82―84ページを引用する。傍点は省略した。 「文.. » more
テーマ イスラム教

前回に引き続きコーランから、タルムードの影響を受けたと思われる箇所を紹介します。以下、訳注を一部省略した。太字は原文のまま。 コーラン7章170節を引用します。「我ら」とはアッラーの自称です。 .. » more
テーマ イスラム教

コーラン12章は「ユースフ」と題されており、これは旧約聖書に出てくるヨセフのアラビア語名である。この章は旧約聖書「創世記」37章以下のいわゆる「エジプトのヨセフ物語」に相当する物語であるが、興味深い相.. » more
テーマ イスラム教

当ブログの2011年3月6日の記事「デタラメな支配者と現金な坊さん」にご登場いただいたウラマー(イスラム法学者)のアル・カラダーウィーに関する詳しい情報が『中東戦記 ポスト9・11時代への政治的ガイド.. » more
テーマ イスラム教

前回の続きですが、まずは復習です。ハディースとはイスラム教の預言者ムハンマドらの言行録で、ムスリム・イブン・アル・ハッジャージュとアル・ブハーリーの編纂したハディースはともに、イスラム教徒の九割を占め.. » more
テーマ イスラム教

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7    次のページ

テーマのトップに戻る