誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    文芸エッセー

文芸エッセー

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 文芸エッセー
テーマ「文芸エッセー」のブログを一覧表示!「文芸エッセー」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8    次のページ
わが家の内助の功   庭にある柿の木の実が、すっかり色付いて食べ頃になっている。ひとつもぎ取って口にすると、いい按配に熟していて美味しい。 (これなら、お袋やって食えるなあ…)  もう八十を.. » more
テーマ 文芸エッセー

封印されたもの 「これ、なーに?」  末娘が訊く。倉庫の片付けは半ば。埃をかぶった段ボール箱が、彼女の視線の先にある。  十字に紐で頑丈に結び補強した箱。開けると、出て来た原稿用紙の山。思い.. » more
テーマ 文芸エッセー

恋する二人の作戦勝ち  若い頃、付き合っていた彼女の父親は当時国鉄に勤務する堅物で、娘の門限は8時!二十歳を過ぎた彼女にそれはないだろうと思っても無駄なことだった。  レストランの調理場で働い.. » more
テーマ 文芸エッセー

 次男坊は四人いる子どもの中で唯一の『お父さんっ子』。次男坊を授かったのは、長年やっていた喫茶店を閉めてしばらく仕事がなかった時。妻は保母として働きに出ていたので、育児が私の手に委ねられた。  オム.. » more
テーマ 文芸エッセー

12日。胸をわくわくさせながら朝早く家を出た。途中で連れと落ち合って、さあ出発だ!今日は待ちに待った日。何とも刺激も生気もない日々を、一日だけ神様?が変えてくれたのだ。ちょっと大げさだが、一日だけセレ.. » more
テーマ 文芸エッセー

男が泣くとき  元来、涙もろいほうだから、感動的なテレビドラマを見てはしょっちゅう涙ポロポロで、妻や子どもらに呆れられている。  だから生まれて40数年、限りなく泣いているわけだが、そんな中に.. » more
テーマ 文芸エッセー

史上最大のドジ? 8月29日、ひとつ年上の兄貴が急逝した。まだ3人の子どもは父親が必要な年代なのに、何ひとつ言い残すことなく亡くなってしまった。 「おい、仕事に行ってくるぞ」 と明るく出かけ.. » more
テーマ 文芸エッセー

結婚式エピソード 「エッ!!?ウッソー、こんなとこでするの?」  友人たちがいっせいに驚きの声をあげた。  豪華な結婚式が普通の時代に、町の集会室での披露宴。料理は仕出し屋さんからの出前。集.. » more
テーマ 文芸エッセー

禁煙喫茶店の顛末記――鉄則破りの末路?  実は小生、商売の鉄則を逸脱したせいで、8年間盛業を続けた喫茶店を引き継いで、わずか半年で閉めた愚か者である。  その店とは『禁煙喫茶店』。われながら、.. » more
テーマ 文芸エッセー

みずみずしい野菜は誰のおかげ?  わが家の家庭菜園は、この春、妻が、 「自家製野菜で家計を補うのよ!」  とえらく張り切って始めた。が、いつの間にやら、妻はその務めを放棄し、畑を耕し野菜を育てる.. » more
テーマ 文芸エッセー

ところどころでくすぼる土堤を取り囲んで待機していたムラの連中は、頃合いを判断した隣保長の合図で、あらかた焼け終わった土堤の斜面に踏み入った。まだ余熱を残した焼け跡を、長靴で踏み固めると、形を残したまま.. » more
テーマ 文芸エッセー

二年目の春―そして  背丈ぐらいに切った青竹の芯を抜いた。二節は抜かないと駄目なので、鉄筋を突っ込んで少し弾みをつけて押し込むと、スポンと気持ちよく抜けた。それを二度繰り返して、やっと出来上がる.. » more
テーマ 文芸エッセー

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8    次のページ

テーマのトップに戻る