誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    カカドゥ(NT)

カカドゥ(NT)

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: カカドゥ(NT)
テーマ「カカドゥ(NT)」のブログを一覧表示!「カカドゥ(NT)」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2    次のページ
エスカープメント-Escarpment
ジャビル郊外にあるエアストリップを離陸して機首を南に向けると程なくエスカープメント Escarpmentと呼ばれる断崖が見えてくる。この崖は公園内を南東の方角に延々と連なっており、イエローウォータ.. » more

湿原の黄昏-2-Wetland at Twilight
二条の雲が一日の残り火を浴びて輝くと、その下に湿原が幻のように浮かんだ。雨期の近いこの時期、空には雲が絶えず沸き立ち、イエローウォーターの景観は非常に表情豊かである。時々刻々と景色は移り行き、今日.. » more

カカドゥの渡し-Cahill's Crossing
カカドゥ国立公園の東端を流れるイースト・アリゲーター・リバーはその下流域でアーネムランド(アボリジニ所有地)との境界線を成す。アーネムランドとカカドゥを結ぶ陸路は一つだけで、写真のCahill's.. » more

忘れ得ぬ光景-Spectacular !
初めてウビルに登ったときの衝撃は今も忘れない。アーネム・ランドへと続く広大な氾濫源の緑は鮮烈で、太陽は赤い火球となって地平に落ちた。トップエンドの、いやオーストラリアの大自然をまざまざと見せつけら.. » more

湿原の朝-Good Morning Wetland
クーインダの朝は早い。イエロー・ウォーター・クルーズの参加者で船着場は夜明け前から賑わう。朝の光線が美しく、生物の活動が活発な朝一番のクルーズは特に人気が高く、今日もボートは満席である。船着場を離.. » more

嵐の季節(その3)-Thunderstorm
キャンプ場に戻っても、嵐は勢いを増すばかり。息つく間もなく雷光は天を裂き、すっかり日の暮れた周囲を怪しく照らした。いっそ稲光で本でも読んでやろうかと開き直ったところ、ワシが閉じこもっていた車に異常.. » more

嵐の季節(その2)-Thunderstorm
このカットを撮っていよいよ夕陽も本番という時に、滝のような雨が降り出した。一気に天の底が抜けたような降り方だ。ちょっと我慢してやり過ごせばというような甘っちょろいものではない。最早、ワシに退去以外.. » more

嵐の季節(その1)-Thunderstorm
湿原に落ちる夕陽を狙って、イエロー・ウォーターのボードウォークでカメラを構えた。この日はいつにも増して雲が濃いと感じつつ、ワシは西の空の太陽の動きを追っていた。遠雷の響く中、すぐ脇をクロコダイルが.. » more

ウビルの夕陽-Ubirr's Sunset
ウビルからの日没は何度見ても圧倒的である。夕刻、ウビルの岩壁の西側はにわかに客席となり、人々が思い思いのスタイルで素晴らしいショーを観賞する。この日も厳しい暑さ、猛烈な湿度にもかかわらず、きつ.. » more

サンディー・ビラボン-Sandy Billabong
細く曲がりくねった道にランドクルーザーは巨体を持て余す。砂の深い隘路を慎重に進むとやがて、これまで見たこともない見事なビラボンに出た。その名はサンディー・ビラボン Sandy Billabon.. » more

アンバンバン・ビラボン Anbangbang Billabongはアボリジニ・ロック・アートで有名なノーランジー・ロック Nourlangie Rockのすぐ下に広がる小さな湿地である。この季.. » more

雷雲-Thundercloud
本格的な雨期に差しかかろうとしているカカドゥで、強く印象に残っているのは猛烈な蒸し暑さと、雲の表情の豊かさである。ケアンズのB&Bで主人から「これからどこに行くのか?」と聞かれた。「カーペンタ.. » more

 
前のページ    1  2    次のページ

テーマのトップに戻る