誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    PCL83 CSPPアンプ

PCL83 CSPPアンプ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: PCL83 CSPPアンプ
テーマ「PCL83 CSPPアンプ」のブログを一覧表示!「PCL83 CSPPアンプ」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2    次のページ
PCL83 CSPPアンプはDCバランス調整を半固定抵抗で行っている。これを自動化したらどうなるのか検討してみた。 検討にはラジオ技術2016年1月号の塩田氏による「6AH4CSPPアンプの製作.. » more

PCL83 CSPPアンプ・完成
戴き物のPCL83を使って真空管アンプを作ろうと考えたのが2017年の3月末。4本あるのでプッシュプルアンプを組みたい。でもDEPPや差動ではつまらないのでCSPPならどうだろうか。 OPT.. » more

PCL83 CSPPアンプ本番機の配線が完了した。念入りに配線チェックを行った後に真空管を挿して動作確認を行う。 実測の電圧を上記に示す。特に異常なし。試作機と真空管を挿す順番が変わ.. » more

PCL83 CSPPアンプ本番機の組み立てを始めた。外装パーツは問題なく取り付けできた。真空管ソケットはM3スペーサーを使って下付けにしてみた。放熱は大丈夫かな? OPTを固定する際にスリーブを.. » more

PCL83 CSPPアンプ・磨き
塗装が乾いたのでシャーシと裏蓋の磨きを行う。#2000のペーパーでゴミを取り、ホルツのコンパウンド・ミニセットで磨く。 コンパウンドは粗目→細目→極細の順にかける。粗目と細目は長手方向の直線で磨.. » more

回路がフィックスしたのでPCL83 CSPPアンプ試作機を解体した。今回はOPTのトランスケースや電源トランスの上部カバーを再塗装する。同時進行でシャーシと裏蓋の塗装を行う。 解体してバ.. » more

PCL83 CSPPアンプの初段はFETと三極管のカスコードになっている。電源オフ後に三極管のヒーターが冷えてしまうと+B1がブリーダー抵抗のみの放電となるため、数分経っても電圧が下がらないことが気に.. » more

PCL83 CSPPアンプ・試聴
どうやら特性的には問題なさそうなので、3階の自室にて試聴を行った。比較機を用意し6T9 CSPPアンプと交互に鳴らしてみた。 回路的には殆ど同じということもあるけれど、聴いていて区別がつかな.. » more

PCL83 CSPPアンプは高域のクロストークが悪く、20KHzで-62dBとなっている。そこでクロストーク特性を改善するべく解析を行った。 現状のクロストーク特性。数100Hzあたりか.. » more

PCL83 CSPPアンプ試作機は無事動作していることが確認できたので、NFBをかけることにした。その前に無帰還での周波数特性を調べてみた。 高域がきわめてなだらかに落ちていく特性となっ.. » more

配線の完了したPCL83 CSPPアンプの配線チェックを行う。配線しながら回路図にマーキングしていったので、配線チェック自体は2回めに相当する。 大丈夫そうなので真空管を挿して電源投入する。初段.. » more

PCL83 CSPPアンプの配線の続きを行う。OPTからの1次配線を真空管ソケットやカソードバイパスコンデンサの平ラグにつなぐ。トランスケースの中に配線を押し込んでおけるので、OPTからの配線がシャー.. » more

 
前のページ    1  2    次のページ

テーマのトップに戻る