誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    アマチュア無線

アマチュア無線

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: アマチュア無線
テーマ「アマチュア無線」のブログを一覧表示!「アマチュア無線」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ
 新居用アンテナ設計試案が続きましたので、過去の記事に戻ります。電源フィルタにはFT240#43材コアを使用します。そのときのコアの使用方法について、ここで検討しています。それは2個のコアを使用する場.. » more

6m久々のGood OPEN!
8月に入り6mシーズンはもう終わったもの・・・と思っていたら、今日は朝の北米、午後からはEuropeが入感し久しぶりに6mのDXで楽しむことができた。入感エリアはある程度限定されてはいるものの15時過.. » more

 前回の垂直型1.8MHzモデルのようにR≒25Ωが得られれば、現実マッチング回路無しでSWR2.0あたりでじゅうぶん実用なアンテナとすることができるのですが、エンドローディング方式での逆L形アンテナ.. » more

はじめて見た表現
とりあえず、↓を見てください。 日本に向けCQを出す場合はCQ JAが普通だと思っていました。が、今朝はじめてJAPと使う局を見ました。言葉は時代とともに変化するものですが、今でもあまり品の.. » more

 本命はこのバンドによる設計です。新居予定の逆L形+TOPLOAD方式では、給電点インピーダンスの純抵抗分Rは約5Ω、ゲインも-2dBi以下となって、通常の水平系DPの理想ゲイン+8dBi(2.15+.. » more

 3.5MHzの場合は、予定逆L形と今回の垂直型のどちらもλ/4長のフルサイズで動作します。違いは、逆L形だと給電インピーダンスのうち純抵抗分Rが20Ω前後まで低くなるのと違い、垂直型では35Ω前後と.. » more

14MHzのアンテナ復旧
キウイが巻き付いて、栗の枝に引っかかっていた14MHzの傾斜ダイポールがとりあえず復旧しました。傾斜と言ってもタワーに沿うようなものなので特性はぐちゃぐちゃのはずです。早速、試しにFK8を呼んだのです.. » more

 前回までの屋根上での逆L変形タイプの水平エレメントが主となるアンテナだと1.8MHzでの特性(ゲインと給電インピーダンスのうち純抵抗分R)を改善することができないので試行錯誤を繰り返していましたが問.. » more

 昨日(8/1)から新宅の上棟が始まりました。本日に一般の木造家屋で言うところの「上棟式」に該当する部分まで完成する予定です。また、家屋を取り巻く足場も完成しています。私にとっては、この足場がいつ使え.. » more

 前回の予告どおり、本日早朝から玄関先路上に粗大ゴミとして並べてゴミ収集車待ちの状態となっています。 1.家財品目 (1)ビニル外装のファンシーケース1台相当   (鉄骨組み、補強板、ビニル材に.. » more

7MHzの交信
Low Bandは寒い季節のものと思っていたのですが、夕食前に7MHzを覗いてみるとWがそこそこの強さで見えます。 たまたま空き周波数があったのでCQを出してみると中西部から南部を中心に交信できまし.. » more

 今回から過去のHP記事「実験レポートその5(最終まとめ)」の内容となります。ここでの主役は電源ラインに挿入するコモンモードフィルタです。当初の設計は、電源インピーダンスは低いので、同軸ケーブル回路と.. » more

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ

テーマのトップに戻る