誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    思索

思索

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「思索」のブログを一覧表示!「思索」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「思索」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「思索」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

タヌキの不定期日誌一番不思議なこと
私が、「個人的に」一番不思議だと思っているのは、「私ごときが」明らかに出来た真理を、なぜこれまで誰も明らかに出来なかったのか、ということ。よく、「お前ごときが、究極の真理を語るなどおこがましいのもいい加減にしろ」と言われ ... » more
テーマ 思索

愚者は体験に学び、賢者は歴史に学ぶ。ドイツの宰相、ビスマルクの言葉だそうです。体験は、その人一人のもの。歴史は、これまでの人類の知恵の集積。自分の体験を歴史から俯瞰することが出来て初めて、歴史学は成立する。 ... » more
テーマ 思索

エックハルトのテキストをじっくり読むのは、二〇年ぶりくらいでしょうか。以前、何度も何度も読んだテキストなので、久しぶりに読んでもまったく久しぶりという感じがしません。ただ、テキストを読む私自身が変化しているので、読み ... » more
テーマ 思索

タヌキの不定期日誌意味と価値
言葉は意味を持つ。意味を持たない言葉は、無意味である。では、言葉は、何らかの価値を示すのか。現代において、無意味であるとは無価値であるということとほとんど同義に用いられている。無意味な言葉は、価値がない。 ... » more
テーマ 思索

タヌキの不定期日誌面白い日本史?
橋本治の本に書かれてたことですが、平安時代には、男色は当たり前のことで、自分の身分を上げるために、男性が権力者に身体を売るなんてことは日常的だったとのことです。知らなかった。娘を天皇に嫁がせて、権力を手に入れ ... » more
テーマ 思索

以前、とある宗教系の大学の夜間の授業で、聴講している年配の方が、「論理よりも体験の方が深いはずだ」と言いました。私が、「論理は議論の基準となるので動かせない」と述べたことへの反論でした。もちろんこれは反論では ... » more
テーマ 思索

タヌキの不定期日誌うわっはっは!
昨年11月、拙著の刊行と同時に京大の名誉教授三名に拙著を送ったのですが、その後、何の音沙汰もなく、返事は期待出来ないなと思っていたら、半年近く経って、一番若い先生からお礼のはがきが届きました。現役では自他共に認める京都学派研 ... » more
テーマ 思索

タヌキの不定期日誌説明会&
5月25日土曜日に、拙著の説明会&質問会を開催します。場所は、西宮北口で、時間は午後の時間帯となります。参加を希望される方には詳細をお知らせしますので、参加希望と連絡ください。冒頭、私が、拙著がどういうことを問題にし ... » more
テーマ 思索

前回の拙著合評会に参加出来なかった学生から、可能ならば関西で、もう一度合評会か、説明会みたいなものを開催してもらえないだろうか、という要望が届きました。説明会というのは面白そうだなと思ったのですが、開催するとしたら参 ... » more
テーマ 仕事 思索 哲学カフェ

ハイデガーは、デカルト以降、世界は「世界像の時代」に突入したと言う。歴史的なまなざしとしては、ちゃちな視線だと思う。それは近代以降の世界を説明出来ても、それ以前の世界については何も語っていないからだ。デカルト以前は、 ... » more
テーマ 思索

タヌキの不定期日誌未踏の地
プラトンが洞窟の比喩で語ったように、人は、自分の目で見たもの、耳で聴いたものが真理だと信じる。これまでの人類の歩みの中で開拓された知の領域を人は自らの知の土台にする。現代では、哲学で生計を立てている人のほとんどが、 ... » more
テーマ 思索

タヌキの不定期日誌哲学の外側
存在を本気で問うためには、存在を忘れねばならない。存在の問いそのものすら忘れねばならない。これは矛盾です。おそらく禅が求める矛盾と同じ種類の矛盾です。自己を知るには自己を忘れなければならない。拙著が「存在 ... » more
テーマ 思索

タヌキの不定期日誌哲学の言葉
別に哲学専門の言葉というものがあるわけではありません。ただ、哲学が語る言葉というものは、当然のことながら、じっくり吟味されていなければならない。それぞれの言葉、それぞれの文章が、何を意味しているのか、何を主張している ... » more
テーマ 思索

タヌキの不定期日誌京大的アホ??
『京大的アホがなぜ必要か カオスな世界の生存戦略』 (集英社新書) という本が出ているようです。書店でちらっと眺めただけですが、内容は大体想像が付きます。著者は、京大の理系の教員のようですが、私の知る限り、京大の人文系には、 ... » more
テーマ 社会 思索

先週金曜日、東京の電気通信大学で拙著の合評会が開催されました。電気通信大学のN先生のお骨折りで開催に至った催しです。平日の午後にもかかわらず、十名以上の方が来場され、質疑応答に熱心に参加されました。特定質問者というこ ... » more
テーマ 思索

タヌキの不定期日誌別の問い
ライプニッツは、「なぜ無ではなくてむしろ或るものが存在するのか」という問いを第一の問いと呼んでいます。そしてそれに続いて「なぜ世界はこのようであって、別様ではないのか」という問いが続くと。つまりどういう意味にせよ、存在を問う問いと、 ... » more
テーマ 思索

タヌキの不定期日誌研究発表会
3月2日土曜日、私も発表する人文学会発表会の教室は、3号館2階第3会議室です。私の発表(ライプニッツにおける「無」と「可能性」)は、16時25分からの予定ですが、早まる可能性もあります。 ... » more
テーマ 仕事 思索

ラディカルradicalラテン語のradix 「根」が語源。根っこまでさかのぼって「徹底的に」物事を根本的に、徹底的に考える。子供達の素朴な問いに終わりがないように、ずっと問い続けること。 ... » more
テーマ 思索

タヌキの不定期日誌求めていなければ
拙著を読まれた人は、おそらくほとんどがだまされたような気分になるでしょう。存在の究極の意味が「無ではない」だなんて、子供じみた答えだと思うに違いありません。哲学の勉強をしたことがない人なら、「ふーん、そうか」とあっさ ... » more
テーマ 思索

タヌキの不定期日誌驚愕
今日、大学に行くと、私のメールボックスにとあるお寺からの封書が届いていました。全然身に覚えのないお寺だったので、何事かと思って開封すると、私の元指導教授(U)の甥という人物からの手紙でした。いわくUは、高齢で住所が変わっ ... » more
テーマ 仕事 思索

タヌキの不定期日誌世界の広さ
人類は、科学の進歩と共に、自らの世界が拡がったように思っています。確かに地球中心の世界から、太陽中心へ。、そして太陽系が銀河系の一部であるという認識へ。今では、全宇宙の始まりにまで科学は迫ろうとしています。他方、 ... » more
テーマ 思索

それ自身が古典と呼ばれる哲学テキストが難しいのは、分かります。しかし不思議なことに、そういう哲学テキストを読み解いているはずの研究論文の中に、その主張を読み取るのが難しい、難読論文があるのです。研究論文は、元のテキストを ... » more
テーマ 思索

最近は、かなり若い人が、哲学者という肩書で有名になることが結構あります。日本でも三十代前半の学者が、たくさんの本を書いて、メディアに露出している。技術革新のスピードが速いので、それに追いついていけるのは、あるいはそれ ... » more
テーマ 社会 思索

タヌキの不定期日誌隠居??
私の元指導教授、昨年、文化功労者にも選ばれ、名実ともに日本を代表する哲学者の一人でしょう。ところが、あちこちのネット書店で検索をかけても、彼の著作は(共著などを除き)一冊も引っかかりません。新たな著作集、もしくは全集 ... » more
テーマ 思索

タヌキの不定期日誌言葉にならない?
今日の夕方、京大のハイデゲリアンの先輩から電話がかかってきました。先日、拙著を送った一人です。彼は、以前にも拙論に丁寧なコメントを返してくれたことがあって、それへのお礼ということも含めて献本させてもらったのですが、今 ... » more
テーマ 思索

タヌキの不定期日誌そのドアを出れば
エックハルトは、ある説教の中で、次のようなことを語っています。あなたたちは、この説教を聞いて「良い説教を聞いた」と思っているかもしれないが、そのドアを出たら、もうそんなことは一切忘れてしまうのだ。この言葉を読んだとき、私 ... » more
テーマ 思索

拙著の議論の展開は、素人の若者が理解出来るくらい理路整然としています。そのことは、私の議論に接した者の誰一人、そこに論理的な飛躍を指摘していないことからも明らかでしょう。それが完璧と言えるかどうかは分かりませんが、文 ... » more
テーマ 思索

タヌキの不定期日誌合評会
昨日、定期的に行われている内輪の研究会の時間を使って、拙著の合評会を開催しました。研究会のレギュラーメンバーは、私も含めて三人だけなので、合評会と言っても、そんなに人数は集まらないだろうと思っていましたが、結局、現在の教 ... » more
テーマ 仕事 思索

タヌキの不定期日誌インシャ・アラー
イスラムの言葉で「神の思し召しのままに」。私は神を信じないですが、或る意味、人生の基本は「インシャ・アラー」。物事の最終の帰趨を決めるのは私ではない。人事を尽くして天命を待つ。私自身に出来るだけのことはす ... » more
テーマ 仕事 思索

哲学という言葉は、philosophia というギリシア語から来ているのですが、元の意味は、「知を愛する」。知りたいという気持ちがもたらすものが哲学だというわけです。では、「知る」とはどういうことでしょう?自分が ... » more
テーマ 思索

 

最終更新日: 2019/05/12 17:15

テーマのトップに戻る