誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ストラヴィンスキー

ストラヴィンスキー

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: ストラヴィンスキー
テーマ「ストラヴィンスキー」のブログを一覧表示!「ストラヴィンスキー」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6    次のページ
もう50年このかたクラシックを楽しんできた。そうした中で、多くの 演奏家の演奏が、同じ作品でも異なった解釈があるのだということが ほんの少しではあるけれどわかってきたような気がする。 それこ.. » more

1月13日(日)午後2時からは新国立劇場でニューイヤーバレエ 35分の3演目を2回の25分休憩を挟んで上演。 ペトルーシュカは、前回は2000年2月のことで、実に19年ぶり.. » more

ミューザ川崎、日曜日18時開演のズビン・メータ&バイエルン放送交 響楽団の演奏会を聴いてきた。 シューベルト:劇付随音楽『ロザムンデ』序曲 D797 シューベルト:交響曲第3番 D-Du.. » more

一昨日は、オペラシティコンサートホールで行われた、フランソワ= グザヴィエ・ロト指揮によるレ・シエクルの演奏会を聴いてきた。 プログラムは以下の通り。 ドビュッシー:牧神の午後への前.. » more

ストラヴィンスキーのバレエ音楽『春の祭典』が初演。 20世紀におけるクラシック音楽の歴史の中の最大の事件が、ストラヴ ィンスキーの手になる『春の祭典』の初演と、その時の騒動であるこ とを否定.. » more

 11月17日(日)、新国立劇場で、久々にバレエを鑑賞した。バレエというよりバレエ音楽といった方が正確かもしれない。ストラヴィンスキーの『火の鳥』、これまで、ベルリン国立歌劇場で『春の祭典』、新国立劇.. » more

[承前] そしてストラヴィンスキー『春の祭典』。 最初に謝っておく……ごめん、かんべんである。いつぞやパリ管の演 奏した実演が拍子抜けするほどあっさりと演奏されたのを聴いたり、 ブ.. » more

バッハの無伴奏チェロ組曲に始まり、仮名手本忠臣蔵を観た翌日に、 サー・サイモン・ラトル率いるベルリン・フィルのコンサートをサン トリーホールで聴いた。 シューマン:交響曲第1番 B-Du.. » more

ストラヴィンスキーが1913年に作曲したバレエ音楽『春の祭典』が、 今日で初演から百年という記念の日を迎えた。パリで初演された時の 伝説的な騒乱を経て、20世紀のスタンダードの地位に君臨している。.. » more

《春の祭典》三昧
また、なんか凄いのがでるようですね。 若い頃ほど思い入れはなくなってしまいましたが、やはり、良い演奏で聴いたら興奮すること間違いない、20世紀前半衝撃の名作ストラヴィンスキーの《春の祭典.. » more

 残念ながら”バレエ”は付いていない公演。(失礼)  「火の鳥」(1919年版)   華々しく、又壮大にフィナーレとなり気持ちいい。  「ペトルーシュカ」(1947年版)   鮮明な音.. » more

 ストラヴィンスキー作曲で「兵士の物語」という題名で上演されることもあるようです。ロシアの民話を題材にしたもので、本来は朗読と演劇とバレエがミックスされているということですが、この日の上演は3人の語り.. » more

 
前のページ    1  2  3  4  5  6    次のページ

テーマのトップに戻る