誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    二十四節気

二十四節気

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「二十四節気」のブログを一覧表示!「二十四節気」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「二十四節気」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「二十四節気」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

小満の初候“蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)”である。改めて小満の意味を調べてみたら「万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る」ということだった。文字通り4月の若葉から、葉の緑もいよいよ濃さを増して夏らしい季節になっ ... » more
テーマ 七十二候 小満 二十四節気

立夏の初候“蛙始鳴(かえるはじめてなく)”である。世間では十連休が終わりを迎えるようだ。あちこちへせっせと遊んできた人たちは、今頃どっと疲れが来ているのではないだろうか。確かに、爽やかな気候に日々が続く今の季節は、人がす ... » more

穀雨の初候“葭始生(あしはじめてしょうず)”である。田んぼは雪解け水で満たされ、代掻きが始まるのももう間もなくのことだろう。米作りには多くの水を必要としているから、桜が散り切ったこの時期に降る雨もまた重要なのだと古の ... » more

清明の初候“玄鳥至(つばめきたる)”である。ここまで来れば“春”である。たまには肌寒い日もあったりするが、厚い上着に別れを告げても大丈夫になってきた。この時期、段階的に少しずつ冬物衣料を片付け始めて、夏に向かって“衣 ... » more

変話§雀始巣〜七十二候〜春分 春分の初候“雀始巣(すずめはじめてすくう)”である。春分を迎えた。昼と夜が同じ12時間ずつになるのが春分だと言われているが、実は4日早い17日(赤ライン)がその日にあたっている。今日(グレーライン)は既に昼のほうが長 ... » more

まさじの暦Keichitsu 啓蟄
Keichitsu 啓蟄 2019年の啓蟄は3月6日。大地が温まり冬眠をしていた虫が穴から出てくるころ。『暦便覧』には「陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出ればなり」と記されている。 Wikipedia ... » more
テーマ 二十四節気

啓蟄の初候“蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)”である。啓蟄がやって来て、ようやく春めいてきたような心持ちになった気がする。家から見えるコブシの綿帽子も、ずいぶんとふくらんできているが、去年コブシが開花したのは3月7日のこと ... » more

まさじの暦Usui 雨水
Usui 雨水 2月19日は雨水。空から降るものが雪から雨に変わり、雪が溶け始めるころ。『暦便覧』には「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり」と記されている。今年は、あまり雪をみなかった。 ... » more
テーマ 二十四節気

雨水の初候“土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)”である。雨水だからといって油断は禁物である。去年や3年前には、東京で雪が降っている。だから“もうすぐ三月”というのも、安心材料と言うことは、とてもできないのだ。せい ... » more

まさじの暦Risshun 二十四節気 立春
Risshun 二十四節気 立春 冬が極まり春の気配が立ち始める日。『暦便覧』には「春の気立つを以って也」と記されている。今年の立春は春の陽気。2019年2月4日 ... » more
テーマ 二十四節気

立春の初候“東風解凍(はるかぜこおりをとく)”である。あけましておめでとうございます……旧暦の新年ということですね。そして、この一年の頭文字は“変”で続けます。この日、日の出は6時39分で日の入は17時11分で、12月初 ... » more

まさじの暦Daikan 二十四節気 大寒
Daikan 二十四節気 大寒 2019年は1月20日が大寒。『暦便覧』には「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」と記されている。関連大寒@Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4% ... » more
テーマ 二十四節気

大寒の初候“款冬華(ふきのはなさく)”である。そして大寒である。ここから2月一杯が寒さ厳しき時期なのである。朝方に外を出歩くことがほとんどなくなってしまったので、この寒さの中、霜柱を踏んで歩く機会もない今なのだ。 ... » more

まさじの暦Shokan 二十四節気 小寒
Shokan 二十四節気 小寒 2019年は1月5日が小寒。『暦便覧』には「冬至より一陽起こる故に陰気に逆らふ故、益々冷える也」と記されている。関連小寒@Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wik ... » more
テーマ 二十四節気

小寒の初候“芹乃栄(せりすなわちさかう)”である。二十四節気の小寒と、続く大寒でもって七十二候の一年が終わる。季節の暦は立春に始まるのだ。いよいよ一年の中でも一番に寒い時期となる。ちなみに、2015年から去年まで4年 ... » more

まさじの暦Toji 二十四節気 冬至
Toji 二十四節気 冬至 2018年は12月22日が冬至。『暦便覧』には「日南の限りを行て、日の短きの至りなれば也」と記されている。関連冬至@Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8 ... » more
テーマ 二十四節気

冬至の初候“乃東生(なつかれくさしょうず)”である。今日は冬至。日の出は6時48分、日没は16時33分……日の出はこの先もう少し遅くなるが、日没時刻は既に遅くなり始めた。世間は、年明け前から春へと向かっていくのだ。前 ... » more

まさじの暦Taisetsu 二十四節気 大雪
Taisetsu 二十四節気 大雪 2018年は12月7日が大雪。『暦便覧』には「雪いよいよ降り重ねる折からなれば也」と記されている。関連大雪@Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7 ... » more
テーマ 二十四節気

大雪の初候“閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)”である。閉塞感満載の候である。太平洋側に住んでいるから少しましな日々を過ごせるのはありがたくはあれど、日本海側や北国に住むの人たちの気鬱感を考えると申し訳ない季節でもあるのだ。 ... » more

まさじの暦Shosetsu 二十四節気 小雪
Shosetsu 二十四節気 小雪 2018年は11月22日が小雪。『暦便覧』には「冷ゆるが故に雨も雪と也てくだるが故也」と記されている。関連小雪@Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0% ... » more
テーマ 二十四節気

小雪の初候“虹蔵不見(にじかくれてみえず)”である。しばしば尾瀬で見られるのが“白い虹”なるもので、本当に真っ白なアーチが展開するのだ。通常の七色の虹を作る雨粒よりも小さい霧の粒なので、雨粒のようにプリズムにはならず ... » more

まさじの暦Ritto 二十四節気 立冬
Ritto 二十四節気 立冬 2018年は11月7日が立冬。『暦便覧』には「冬の気立ち始めて、いよいよ冷ゆれば也」と記されている。関連立冬@Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%8 ... » more
テーマ 二十四節気

立冬の初候“山茶始開(つばきはじめてひらく)”である。冬が立った。緑の海だった我が家周囲の木々の葉もすっかり様変わりして、春先の爽やかな緑の面影などはなくなってしまっている。10日前の日曜日未明には、ヨーロッパが ... » more

まさじの暦Soko 二十四節気 霜降
Soko 二十四節気 霜降 2018年は10月23日が霜降。『暦便覧』には「露が陰気に結ばれて霜となりて降るゆゑ也」と記されている。朝から小雨。朝夕寒くなってきた。関連霜降@Wikipediahttps://ja.wikip ... » more
テーマ 二十四節気

霜降の初候“霜始降(しもはじめてふる)”である。ラグビーのシーズンがたけなわになりつつある。来年2019年は日本でワールドカップが開催されることもあって、巷でも徐々に盛り上がりつつあると感じるが、まだまだである。それ ... » more

まさじの暦Kanro 二十四節気 寒露
Kanro 二十四節気 寒露 2018年は10月8日が寒露。『暦便覧』には「陰寒の気に合つて露結び凝らんとすれば也」と記されている。関連寒露@Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF% ... » more
テーマ 二十四節気

寒露の初候“鴻鴈来(こうがんきたる)”である。今日の日没は17時17分……17時を過ぎれば、どんどん夜が迫ってきてあっという間に世間は真っ暗なのだ。汗ばむような時期もさすがに終わって、降る雨も冷たいものとなる。そ ... » more

まさじの暦Shubun 二十四節気 秋分
Shubun 二十四節気 秋分 2018年は9月23日が秋分。『暦便覧』には「陰陽の中分なれば也」と記されている。関連秋分@Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%8B%E5%88%8 ... » more
テーマ 二十四節気

秋分の初候“雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)”である。東京の今日の日の出は5時29分、日没は17時38分だ。4日後の27日は日の出5時32分、日没17時32分で、ちょうど昼と夜が12時間ずつになってくれる。な ... » more

白露の次候“鶺鴒鳴(せきれいなく)”である。日本に帰ってきて気がつけば、日没時刻がずいぶんと早まっていた。8月に日本を出た時は18時25分だったが、帰国した9月7日の日没は18時1分……もう18時過ぎに電気を点けずに風呂 ... » more

 

最終更新日: 2019/05/21 08:00

「二十四節気」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る