誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    洋書

洋書

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「洋書」のブログを一覧表示!「洋書」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「洋書」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「洋書」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

自動車オタクへの第一歩 自動車、自動車、トラック、ジープ・・・果たして、いまの日本の路上で「ジープ」とはっきり認識できるクルマと遭遇する機会はどのくらいあるのかは別として・・Car, Car, Truck, JeepBloomsbury Childre ... » more
テーマ 洋書

SWADA's Hobby RoomTOOTSIETOYの本
TOOTSIETOYの本 [https://swada.at.webry.info/201808/article_1.html]から、2018年7月29日に開催されたワンダーランドマーケット[https://swada.at.webry.info/201807/ar ... » more
テーマ TOOTSIETOY ミニカー 洋書

「The Origins of Political Order」読了 以前紀伊國屋で購入した洋書福袋(Nonfiction)に入っていた本の中の一冊。サブタイトルは「From Prehuman Times to the French Revolution」。このサブタイトルの通り、人類出現直前頃からフ ... » more
テーマ 英語 洋書

回転猫目歴史儀英国製そういうわけで。
そういうわけで。 約25年ぶりの新刊ですよ続き。スパイたちの遺産早川書房 ジョン・ル・カレ Amazonアソシエイト by 約四半世紀ぶりのスマイリーシリーズ新刊『スパイたちの遺産(The Legacy of Spies)』。ちな ... » more
テーマ le Carre 和書 洋書

いよいよ邦訳発売ということで。 やっとこの話ができる(笑)。いや、どっちにしろネタバレはしないけど。スパイたちの遺産早川書房 ジョン・ル・カレ Amazonアソシエイト by という、実に約25年ぶり、四半世紀ぶりのジョン・ル・カレの新刊。いや ... » more
テーマ le Carre 和書 洋書

回転猫目歴史儀英国製このシリーズ。
このシリーズ。 前半の勢いが最後まで持続できていればな。War of the Roses: Ravenspur: Rise of the Tudors Book Four (Wars of the Roses)Michael Joseph Co ... » more

紀伊國屋「夏の洋書市2017」行ってきた 紀伊國屋新宿南店で7/14(金)から 23(日)まで「夏の洋書市2017」というのをやっていたので初日に行ってみた。https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Books-Kinokuniya-Tokyo/ ... » more
テーマ 英語 洋書

「I Love Galesburg in the Springtime」読了 比較的昔のSF小説だという事は知っていたが今まで読む機会が無く、内容も知らなかった。しかし良い作品だという評判は聞いていたので、先日たまたまアマゾンで見かけた際にkindle版を衝動買い。表題作を含む短編集で、全体的に古い雰囲気はあ ... » more
テーマ Kindle 英語 洋書

「There Are No Shortcuts」読了 Twitterの洋書好きクラスタで知り合った人から頂いた本。ロサンゼルスの小学校で独特の教育方針で教師として高い評価を受けている著者の体験談。時に「出来すぎ」と感じるような箇所もあるが、様々なエピソードを通して教育について学べる所も ... » more
テーマ 英語 洋書

30年ほど前に書かれてキューブリックによる映画化で有名になった「シャイニング (The Shining)」の続編。以前洋書の安売りフェアで見つけて購入。良娯楽ホラースリラーとして楽しんで読むことが出来た。前作の主人公ダニー坊やの ... » more
テーマ 英語 洋書

「Stuff」読了 サブタイトルは「Compulsive Hoarding and the Meaning of Things」。物を大量に収集しないではいられず、そのために通常の生活が送れなくなるCompulsive Hoarding(脅迫的ホーディング ... » more
テーマ 英語 洋書

「Child 44」読了 面白いとの噂をネットで聞いたことがあったため、ブックフェアで安売りされている見つけて購入。スターリン統治下のソ連の状況描写が悲惨すぎて前半はなかなか読むペースが上がらなかった。しかし後半になって雰囲気に慣れてストーリーの全体像が見え ... » more
テーマ 英語 洋書

「Roadside Crosses」読了 リンカーン・ライムシリーズで有名なジェフリー・ディーヴァーによるミステリー小説。キャサリン・ダンスシリーズの2冊目。洋書フェアでたまたま見かけて購入。少々強引な感じの展開もあるがいつも通り読者を楽しませる安定した面白さ。 ... » more
テーマ 英語 洋書

文明と大部分の人類が滅んだ近未来を舞台とした小説。2007年にピュリッツァー賞(Pulitzer Prize for Fiction)を受賞。以前から噂を聞いて少し気になっていた小説だったので丸善で洋書安売りフェアの際に見つけて購入 ... » more
テーマ 英語 洋書

回転猫目歴史儀英国製それはもう。
それはもう。 個人的にメモっておかなければならない案件。スマイリー(と仲間たち)が帰ってくる!http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-39194013というわけで、ジョン・ル・ ... » more
テーマ le Carre 洋書

だからですね(笑)。 いつも言っていることなのだが、スパイがその経験をもとにしてスパイ小説書いていいのか、イギリス人(笑)。The Pigeon Tunnel: Stories from My LifeViking John Le Carre Ama ... » more
テーマ le Carre イギリス 洋書

「The Way of the Knife」読了 今年の始めに購入した紀伊國屋洋書初売りの福袋に入っていた本の中の一冊。9.11の同時多発テロ以降のCIAやペンタゴンの様々な活動を中心として説明したノンフィクション。それぞれの組織の歴史や対立、テクノロジーの進歩に伴う活動内容の変化 ... » more
テーマ 英語 洋書

「The Name of this Book is Secret」読了 洋書好きのツイッターの知り合いの方から譲って頂いた本の中の一冊。女の子が主人公でホラー+スリラー風味の冒険ファンタジー(?)もの。子供向けの本のため非常に読みやすく、楽しみながら読み進むことが出来た。著者:Pseudonym ... » more
テーマ 英語 洋書

「Being Mortal」読了 サブタイトルは「Illness, Medicine and What Matters in the End」。最終的に避けられない「人間の死」に関して、人はどのように自分や愛するものの死と向き合えば良いのか、などの問題について外科医であ ... » more
テーマ Kindle 英語 洋書

「The Best American Essays 2012」読了 今年初めに紀伊國屋で購入した洋書福袋の中の一冊。2012年にアメリカの様々な雑誌やWEBに載ったエッセイの中から編集者が選んで一冊の本にしたもの。私はあまりこのような「エッセイ集」というのは読んだことが無いので目新しくて楽しめた ... » more
テーマ 英語 洋書

のっけから物騒なことを言ってあれだが。 この表紙の赤は、赤薔薇の赤というより血みどろの赤。War of the Roses: Bloodline (The Wars of the Roses)Michael Joseph Conn Iggulden Amazonアソシ ... » more

「The Last Lingua Franca」読了 サブタイトルは「The Rise and Fall of World Languages」。今年はじめに購入した紀伊國屋福袋に入っていた本の中の一冊。これまでの人類の歴史で知られている様々な共通語(Lingua Franca)につい ... » more
テーマ 英語 洋書

個人的な都合でバタバタとしており、久しぶりの更新となってしまいました😅今回ご紹介するのは、皆さんお馴染みの"Winnie-the-Pooh"、くまのプーさんです。植物の名前やいくつかの動詞は難しいものも出てき ... » more
テーマ Milne 洋書 児童書

回転猫目歴史儀英国製幻の初版。
幻の初版。 というと、それだけで愛書家が狂喜乱舞しそうだが。こちらはルイス・キャロル作、ジョン・テニエル画の『不思議の国のアリス』の、22冊しか現存していないとされる幻の初版本のうちの1冊。これが来月ニューヨークでオークションに登場する ... » more
テーマ 洋書

6世紀頃のイギリスを舞台にしたファンタジー風小説。今年初めにマスマーケットのペーパーバック版が出た際に購入。これまでに読んだ著者の作風とは少々異なる印象を受けたが、ストーリーもテーマも良。ただ、少しはっきりしないモヤモした感じが ... » more
テーマ 英語 洋書

ちょっと中世イングランドの気分だったので。 という本日の読了本。A Burnable Book (John Gower 1)Harper Bruce Holsinger Amazonアソシエイト by 14世紀後半のイングランド、リチャード2世の時代を舞台に、 ... » more
テーマ 歴史 洋書

「The Burning Room」読了 刑事Harry Boschシリーズの17冊目。マスマーケット版を店頭で見つけて購入。落ち着いたちょっと暗めの良い雰囲気のストーリーだった。また今回新しく登場した後輩新米刑事のキャラ設定も魅力的。著者:Michael Co ... » more
テーマ Kindle 英語 洋書

「The Time Traveler's Guide to Medieval England」読了 サブタイトルは「A Handbook for Visitors to the Fourteenth Century」。昨年の紀伊国屋ブックフェアの際に購入した本の中の一冊。14世紀のイギリスの社会や文化や人々の暮らしを、その時代に訪 ... » more
テーマ 英語 洋書

ケン・フォレットのCentury三部作の最終巻。第二次大戦後からソ連崩壊までの様々な歴史の流れと、英米独ソのそれぞれの国で暮らす人々の様子を描いた小説。前二作同様に非常に長編で個人的にはロマンス要素が多すぎの印象はあるが、現代に直接 ... » more
テーマ 英語 洋書

「The World Until Yesterday」読了 サブタイトルは「What Can We Learn from Traditional Societies?」。このサブタイトルが示すように、現代西欧文明以前の伝統的な社会から我々が何を学ぶことが出来るかを考察した本。昨年の紀伊国屋ブ ... » more
テーマ 英語 洋書

 

最終更新日: 2018/09/13 23:43

テーマのトップに戻る