誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    なっこからの脱出

なっこからの脱出

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: なっこからの脱出
テーマ「なっこからの脱出」のブログを一覧表示!「なっこからの脱出」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2    次のページ
さて、22日は1日お付き合いくださり、ありがとうございました。 今回は初心者用読者参加企画ということで、ペナルティや死亡などのシリアスはなし、エンディングランクもなし、でお送りしております。ちゃんと.. » more

「ついに私の出番のようですね」 ナース帽をかぶりながら、善行は女物の看護士の服を着た広い背中を見せた。 鍛えまくっている関係で、その背は鬼が泣いているようにも見える。盛り上がった筋肉が顔のような陰.. » more

<本文なし> 綺麗な草原と青空をお楽しみください。(作者) .. » more

お母さん――。 僕の墓碑には、こう書いてください。 紫苑は、最後まで我慢したと。 紫苑はあきらめて、なにもかもを運命に投げ出した。心が、折れた。 そして10秒。 .. » more

2006年4月22日限定の初心者向け(初心者かどうかは自己判断どうぞ)読者参加ゲームにようこそ。 このゲームは、ある意味イケメン格好つけ男子高校生にとって死な状況から脱出させるために参加者が天.. » more

竜造寺は、やつれていた。頬がこけている。心労であった。 目の前では尿瓶を持った斉藤が万事この斉藤にお任せくださいと大声で言っており、竜造寺を見て、良く狙ってびーすればいいだけですよと、優しく言っ.. » more

竜造寺は毎度のことながら追い詰められていた。 どうでもいいがこのイベントで一日中張り付いている読者も書いてる作者も、暇だな。おい。 竜造寺はもはや我慢の限界である。  我慢しすぎて下半身の感.. » more

竜造寺は、瞳を輝かせた。このチャンスを逃せば、死、あるのみ。 「いくぞっ」  思わず心の声が、実際に出た。どうでもいいがかなりテンパってるな、お前。 「え?」  びっくりする柱に、いや.. » more

竜造寺は、手の小指の第一関節の外側を懸命に押していた。 いや、全然効果なかった。 いけない。これではいけないと考える竜造寺。少々髪を乱して汗ばんでいるあたり、かなり追い詰められている。 .. » more

 追い詰められつつある竜造寺は、斉藤をはじめて真面目に見ていた。 そして少し、反省した。  考えれば当たり前だが、斉藤にも色々な表情があることに、気づいたのだ。 殺人的な医療技術だけではない.. » more

竜造寺は、英吏と源をひとしきり呪った後、冷静に考えた。 まだだ。まだ終わっていない。 <國分くん、いいかい> <おお、なんだ> <ちょっと助けて欲しいことがあってね。困っているんだ> <.. » more

英吏の投げたソフトボールのボールは、源の丈夫なことで知られる後ろ頭に、当たった。 派手にぶっ倒れる源。 その光景を呆然と深澤と結城が見ている。  0.5秒で立ち上がってボールを投げ返して走って.. » more

 
前のページ    1  2    次のページ

テーマのトップに戻る