誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    読書雑記

読書雑記

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 読書雑記
テーマ「読書雑記」のブログを一覧表示!「読書雑記」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2    次のページ
風邪をひいて学校を休みました。一昨日の雪がかなり残っていて、風も冷たいのですが、部屋にいれば明るい光が入ってきて気持ちがいいです。『チャーリーとの旅』を読了しました。スタインベックが、1960年に、愛.. » more
テーマ 読書雑記

David Bevington が校訂した New Cambridge Shakespeare, Antony and Cleopatora の updated edtition (2005) を隅か.. » more
テーマ 読書雑記

★TBに関するお知らせ★
最近、スパムTBが大量に送りつけられるようになりました;;; 対応が追いつかない為、 トラックバックは承認制にします!! スパム以外のトラックバックについては、 出来るだけ早く.. » more
テーマ 読書雑記

本当は「6月のまとめ」でウダウダつぶやこうと思ってたんだけど、きっと長ぁ~~くなりそうだし(笑)、UPしなきゃいけない感想記事がたまってて、つぶやけるのがいつのになるかわからなかったので、先に単独記事.. » more
テーマ 読書雑記

The Bridge of San Luis Rey (1927) は,Thornton Wilder がピュリッツァー賞を取った名作です.正月の三日間で,原書と解説を読み,Audio CDを聞き,ロ.. » more
テーマ 読書雑記

 G. ガルシア=マルケス,後藤政子訳,『戒厳令下チリ潜入記』(岩波新書)を読みました.IFTR(国際演劇学会)でサンチャゴに行った際,自分がチリのクーデタと弾圧についてあまりに無知なことを恥ずかしく.. » more
テーマ 読書雑記

ラス・カサス著,染田秀藤訳,『インディアスの破壊についての簡潔な報告』(岩波文庫,1976).原典は1552年セビリアで出版されました.著者のラス・カサスはドミニコ会修道士で,1514年から1566年.. » more
テーマ 読書雑記

憤りと悲しさと
悔しくって、悲しくって涙が出た。 角川書店と有川浩さんのそれぞれから公表された「本屋大賞辞退」のお知らせ。 *角川書店 「本屋大賞」有川浩氏辞退のお知らせ *有川浩ブログ『有川日.. » more
テーマ 読書雑記

亀井勝一郎,『大和古寺風物誌』(1952)を再読しました.11月6~7日に奈良で開催された日本演劇学会秋の研究集会に行く電車の中の読書です.この本は,私が中高生の頃,つまり30年前にはよく推薦図書にあ.. » more
テーマ 読書雑記

ジョン・バニヤン,池谷敏雄訳,『天路歴程:正篇』,『天路歴程:続篇』,(新教出版社,正篇1976;続篇1985)を読みました.意外に面白く,ほぼ二日で正続を読み終えました.訳者は間違いなく熱心なクリス.. » more
テーマ 読書雑記

高木徹,『大仏破壊:ビンラディン,9.11へのプレリュード』,文春文庫,2007年.〔初版,文芸春秋,2004年〕. タリバンを内側から蝕んでいく寄生者アルカイダ.タリバンの良識派は次々と退けら.. » more
テーマ 読書雑記

高木徹,『ドキュメント戦争広告代理店:情報操作とボスニア紛争』,講談社文庫,2005年.〔初版,講談社,2002年〕. この本の読者は,ドキュメンタリー・ドラマの最上の楽しみを味わうことができま.. » more
テーマ 読書雑記

 
前のページ    1  2    次のページ

テーマのトップに戻る