誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    脳科学

脳科学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「脳科学」のブログを一覧表示!「脳科学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「脳科学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「脳科学」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

http://kusuyama42.amebaownd.com/posts/4798408/ ... » more
テーマ 脳科学

yukusu40ハイブリッド思考法
http://kusuyama42.amebaownd.com/posts/4792050/ ... » more
テーマ 脳科学

良いサイコパスと悪いサイコパス(再々々々掲) これまで何冊が本を読んでいるうちに、サイコパス=変質犯罪者とは限らないサイコパスもいるのではないかと思ってきた。ちょっとした事には動じず、冷静に、淡々と物事をこなし、口達者で交渉も見事。確かに共感力は低くて、感情も浅薄だが、多忙な仕事をこな ... » more

http://kusuyama42.amebaownd.com/posts/4786381/ ... » more
テーマ 脳科学

http://kusuyama42.amebaownd.com/posts/4621819/ ... » more
テーマ 脳科学

http://kusuyama42.amebaownd.com/posts/4581518/ ... » more

良いサイコパスと悪いサイコパス(再々々掲) これまで何冊が本を読んでいるうちに、サイコパス=変質犯罪者とは限らないサイコパスもいるのではないかと思ってきた。ちょっとした事には動じず、冷静に、淡々と物事をこなし、口達者で交渉も見事。確かに共感力は低くて、感情も浅薄だが、多忙な仕事をこな ... » more

http://kusuyama42.amebaownd.com/posts/4558266/ ... » more
テーマ 脳科学

良いサイコパスと悪いサイコパス(再々掲) これまで何冊が本を読んでいるうちに、サイコパス=変質犯罪者とは限らないサイコパスもいるのではないかと思ってきた。ちょっとした事には動じず、冷静に、淡々と物事をこなし、口達者で交渉も見事。確かに共感力は低くて、感情も浅薄だが、多忙な仕事をこな ... » more

良いサイコパスと悪いサイコパス(再掲) これまで何冊が本を読んでいるうちに、サイコパス=変質犯罪者とは限らないサイコパスもいるのではないかと思ってきた。ちょっとした事には動じず、冷静に、淡々と物事をこなし、口達者で交渉も見事。確かに共感力は低くて、感情も浅薄だが、多忙な仕事をこな ... » more

【意識はいつ生まれるか】マルチェロ・マッスィミーニ ジュリオ・トノーニ 神経科学や精神科学が専門の二人のイタリアの医師による、古きからの素朴でとても深淵な問い、「意識とは何だろう」という疑問に、科学の光を当てた共著【意識はいつ生まれるか】(原題:『これほど偉大なものは無いー覚醒から睡眠、昏睡から夢まで。 ... » more
テーマ 書評 統合情報理論 脳科学

ストレスで太るは本当だった ストレスを抑えるのに『筋トレ』と『運動』が脳科学の見地からとても有益だということです筋肉中にはストレスによって生じるキヌレンという代謝物質を無害化する物質が含まれているらしくストレス軽減には、適度な筋肉トレーニングと適度に心 ... » more
テーマ アロマセラピートリートメント 減量 脳科学

脳科学とアロマセラピー 人体に関することはだまだ解明されていないとは言えそのなかでも とりわけ脳科学には個人的にもかなり興味をそそられますアロマセラピーと脳科学というのが切り離せないというのも興味を引く要素です扁桃体が情動を司るのはアロマセ ... » more

良いサイコパスと悪いサイコパス これまで何冊が本を読んでいるうちに、サイコパス=変質犯罪者とは限らないサイコパスもいるのではないかと思ってきた。ちょっとした事には動じず、冷静に、淡々と物事をこなし、口達者で交渉も見事。確かに共感力は低くて、感情も浅薄だが、多忙な仕事をこな ... » more

皮脳同根からみるリラクゼーション効果で健康維持 皮脳同根(表皮と脳神経は同じ外肺葉由来であるということ)という考え方からあたりまえですが、脳(意識または心) と身体はつながっているのがわかりますですから、切り離してどちらか一方だけをケアするのではなく 両方同時にととのえて ... » more
テーマ アロマセラピートリートメント アロマセラピー 脳科学

脳科学なんてあり得ない!! 11月10日(金)朝、母のところに行き、お線香をあげて帰ってきた。少し風邪気味だったので、今日は外に出ず部屋の中で休んでいた。このところエヘン虫が出没している。NHKスペシャル“人体”の「第 2 集驚きのパワー!“脂肪と筋肉”が命を守る ... » more
テーマ 人体 脂肪 脳科学

「「サイコパス」中野信子著(文春新書)」読みました! 「サイコパス」中野信子著(文春新書)を読みました。経歴を詐称し、過去に語った内容とまるで違うことを、平気で主張する人。あり得ないような嘘をつき、それがばれても恥じることなく自分の正当性を平気で主張する人。自分に都合の悪い報道や反論には、 ... » more
テーマ 人間 脳科学

「寝る直前10分の勉強」が効果絶大なワケhttp://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160905-00133690-toyo-bus_all&p=3合格を勝ち取る人は…私 ... » more

【寝る直前の勉強が効果絶大なワケ】http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160905-00133690-toyo-bus_all&p=2[脳の健康維持にも役立つ] ... » more

「寝る直前10分の勉強」が効果絶大なワケhttp://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160905-00133690-toyo-bus_all 脳科学的に見て、学習と ... » more

夏はスペシャル!ヒッポ編1 新宿ヒッポぼらまてぃDaysにようこそ!グレースです。新宿でヒッポファミリークラブの多言語活動を主催しています。毎週水曜日夜は歌舞伎町で、毎週土曜日の午前中は四谷3丁目でやっています。多言語、多文化にご興味のある ... » more
テーマ ヒッポ 脳科学 自然習得

人の専門家の判断と統計的アルゴリズムの計算はどちらが未来を正しく予測できるか?:ポール・ミールの研究 『統計的な傾向・事実』というのは信じられないほどに軽視・無視されるものだが、これは人間の認知傾向が基本的に『統計を経験的実感としては理解できないこと』に由来しているとされる。個人的な経験・感覚・自信に基づく印象というのは、一般的に統計的な傾 ... » more

シンプルに信じられることの幸福・自信とファンドマネージャー(専門職)の『スキルの錯覚』 一般的に、人間の脳の認知機能は『もっともらしい物語性・因果関係(結果バイアス・後知恵)』を非常に強く好む傾向があるので、『統計的な平均回帰(偶然・運の要素)』は軽視されるか無視されやすい。『こういう原因があったからこの結果が生まれたのだとい ... » more

もっともらしい因果関係やストーリーを作り出す人間の脳:結果バイアス・ハロー効果 高度な教育や特別な訓練を受けた専門家でも、専門分野をはじめとするさまざまな分野の対象について『遠い未来の出来事・今と異なる状況での行動』を正確に予測することは不可能である。『客観的な因果関係』についての人の認識もいい加減な部分が多く、結果を ... » more

精神状態がリラックスしていて気分・機嫌が良い時の問題は、システム1の認知容易性と相関した直感性・創造性が優れやすくなる代わりに、緊張感・警戒心が弱まるために『物事を疑って深く思考すること(システム2による努力と集中を要する思考)』ができなく ... » more

認知容易性(分かりやすさ)による直観的な判断:馴染みがあるものほど信じやすい プライム(先行刺激)によって、人間の認知・行動は『プライミング効果』の無意識的な影響を受ける。先行刺激のプライムを与えられることによって『認知容易性(見慣れていることによる認知のしやすさ)』が高まるのだが、あまり深く考えなくてもすぐに認識で ... » more

本人が『何でもない言語・感覚の刺激(プライム)』と思っているものが、自分の想定を超えた『連想活性化の作用=プライミング効果』をもたらすことがある。プライミング効果の実際に確認できる効果は、事前の心理状態やパーソナリティーによって個人差がある ... » more

人間の認知には“ある言葉(観念)”から“別の言葉(観念)”が自動的に連想されて、更に別の言葉(観念)が呼び起こされて次々につながっていくという『連想活性化(連合心理学の観念連合)』の機能がある。連想活性化は、自動的かつ反射的に働く“システム ... » more

セルフコントロールと認知能力の相関とシステム2:努力・意志を必要とせずに課題をこなすフロー 心理学者のキース・スタノビッチとリチャード・ウェストが、人間の脳機能を『自動的・直感的に働く脳機能(システム1)』と『意識的・理性的に働かせる脳機能(システム2)』に分けて考える認知モデルを初めて提唱したが、このモデルは人間の認知的な間違い ... » more
テーマ 心理学 脳科学

人間の脳はなぜ間違えるのか?:システム1の自動的な印象・バイアスとシステム2の知識・努力 システム1の脳機能は衝動的な自動反応であり、システム2は意識的なセルフコントロールである。システム2はシステム1の何も考えていない衝動を、『知識・努力・計画・注意力』などを働かせながら、より状況適応的な行動へと調整していくと考えることができ ... » more
テーマ 心理学 脳科学

 

最終更新日: 2018/08/28 11:58

「脳科学」ブログのユーザランキング

yukusu40 1 位.
yukusu40

テーマのトップに戻る