誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    初心者向け

初心者向け

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「初心者向け」のブログを一覧表示!「初心者向け」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「初心者向け」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「初心者向け」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

テニスの技術女性向けボレー
テニスの上達法は実はシンプルである。シンプルになったのは道具が大幅に進化したからだ。従って、現代のフォームを採用すれば、スクールの練習量でも3年程度で一人前になる。こんな練習量では10年は掛かったウッドラケット時代とは対称的である。難し ... » more

テニスの技術フットワークの強化
最近のテニス雑誌ではネタが尽きてきたのか、非常にマニアックな技術の解説が多い。その1つがフットワークの解説だ。例えば、スプリットステップの踏み方とかランニングショットのフットワークなどである。こうした解説は文部科学省も指定していないので、最 ... » more

今ではプロで通用しなくなったテクニックでも、未だにアマチュアでは有効なものが存在する。1. 相手のバックハンドを狙ったサーブアンドボレー。2. 相手のバックハンドを狙ったムーンボール。3. スライスによるアプローチショット。 ... » more

このブログでは以前、フォアハンドストロークで初心者フォームを憶えると、一生そのままで、決してプロの様なフォームに変化する事はないと解説した。これはイースタングリップの体重移動のフォームからウェスタングリップの体の回転を使用したフォームに変化 ... » more
テーマ テニス フォアハンドストローク 初心者向け

1980年代から1990年代終わりにかけて、パワーテニスが普及すると共に道具が大幅に進化したため、個性的なフォアハンドストロークが多数発生した。これは過去にも現在にも起こっていない珍しい現象で、テニスが技術的に最も面白い時期でもあった。しか ... » more
テーマ テニス フォアハンドストローク 初心者向け

今年も新年度が始まり、これからテニスを始めようという人も多いだろう。そこで、初心者への重要なアドバイスを記述する。実はテニスは部活動などで若い頃からやっていない場合、あまり上達しない。その最大の理由はフォアハンドストロークがなかなか上達 ... » more

トップスピンを掛ける方法はシンプルだ。ラケットを下から上に振り上げれば、スピンは必ず掛かる。スピンを自由にコントロールするには練習が必要だが、単に掛けるだけなら誰でもできる。しかし、スクールにはこれがなかなかできない者が厳然と存在する。 ... » more
テーマ テニス フォアハンドストローク 初心者向け

前回、Microsoftのキネクトによるクリニックをスクールのサービスとして提供する事を提案したが、今回、提案するのはさらに踏み込んで、ビデオカメラの情報を画像認識し、フォームの課題を見付けるAIのサービスである。このAIの特徴が個人の ... » more

このブログでは初めからプロの様にウエスタングリップでストロークを打つ事を提唱している。一方で、サービスは初心者がよく使う羽子板サーブから始める事を提唱している。これはテニス雑誌のアドバイスと全く逆だ。その理由を解説する。テニス雑誌ではま ... » more

テニススクールが初心者にイースタングリップを教えるのは、単にコーチング理論が古い事もあるが、初心者にはイースタンの方が教えやすい面があるからだ。イースタングリップは面をオープンにしやすい。従って、スウィングスピードが遅い初心者でも中ロブのボ ... » more

テニスの技術練習のメカニズム2
前回、練習には意識的にコントロールする部分と無意識にやった方が良い部分がある事を説明した。今回はこの具体的箇所を解説する。本当はこうした事は自分で研究すべきだが、時間のない人が多いだろう。そこで、手っ取り早く成果を公開する。一般に意識し ... » more

テニスの技術練習のメカニズム
多くの上級者は無意識にボールを打っている内に上手くなった。この時、運良く自分に合ったフォームを採用していたために特別なトラブルに遭遇しなかっただけだ。しかし、多くのプレーヤは技術的欠陥を抱え、それ以上上達しない。そこで、運に頼らない練習法を ... » more

テニススクールのコーチングが進歩しないのは競争がないからだ。そこで、競争を促すためにアフィリエイトサービスを提供する事を提案する。このサービスは元々はテニス専用ではない。あらゆる商品やサービスで利用可能だ。しかし、今回はこれをテニススクール ... » more

ウェスタングリップのフォアハンドストロークは初心者の打ち方と根本的に原理が異なる。その最大の特徴がウェスタングリップでラケットを握ると、手のひらは上を向いている状態でスウィングする事だ。この状態では肩の可動域が制限され、ラケットを前方に押し ... » more

テニス雑誌はテニスが上手くなる方法を書いてある様で、実はテニスに挫折する方法が書いてある。なぜ、そんな記事を書くのかといえば、それは役人の陰謀である。役人はテニスが人気競技になって欲しくない。なぜなら、人気が出れば役所の出番がなくなるからだ ... » more

テニスの技術ボールスピードの上げ方
テニススクールで観察をしていると、一部の生徒がどんどん上達し、ハードヒットができるようになるのに対し、多くの生徒が弱々しいストロークのまま停滞している。この違いはなぜ生まれるのだろう?これは練習時の心がけによる。上達している者は常にボー ... » more

このブログではテニスの効果的な上達法として、初めからウエスタングリップとオープンスタンスを使用する事を提案している。これは最初にイースタングリップでのフォームを憶えると、後でプロのフォームに変えるのが非常に困難だからだ。多くの場合、初心者は ... » more

テニスの技術サービスの改善法
一言でサービスの改善と言っても、より打ちやすい方法に変える場合とよりパワーを出す場合では全く反対の事をする事になる。前半はミスを減らすためにより簡単にする方法を書く。後半は逆に難しいが、パワーのでる方法を記述する。サービスのミスを減らす ... » more

テニスの技術羽子板サーブからの脱却
以前、老化現象で肩の可動域が落ち、プロのフォームでサービスが打てなくなった事を記事にした。対策として初心者の羽子板サーブに戻した。これは羽子板サーブがプロネーションをほとんど使用しないからだ。このサーブが安定したのは今年の1月になってからだ ... » more

テニスの技術トップスピンの習得
今月のスマッシュでは回転の習得がテーマになっている。その代表はもちろんトップスピンだ。しかし、記事を見ればがっかりする。書いてある事は極めて初歩的な初心者が申し訳程度に回転を掛ける方法だけだからだ。一概にトップスピンを習得すると言っても、対 ... » more
テーマ テニス フォアハンドストローク 初心者向け

テニスの技術インサイドアウト
テニスのコーチングにはいくつか謎の言葉が存在する。その最たるものが「インサイドアウト」でボールを打てというアドバイスだ。これは文字通りに解釈すれば、ボールを外側に向かって打てという事である。クロスコートへの返球が基本のテニスでこんな事をすれ ... » more

テニスの技術サービスの調整法
今回はサービスのフォームが既に完成している者が対象である。要するにサービスのコンディションを整えるノウハウだ。その方法は単純で、最初はスローボールを打ち、徐々にスピード上げるというありふれた方法である。あえてこの方法を記述するのは今まで ... » more

いつもはテニスの理論を掲載している当ブログだが、今回は筆者の個人的体験を載せようと思う。これは多くのプレーヤの参考になると思われるからだ。その体験とはシングルバックハンドのコツの習得過程である。筆者は高校時代はダブルバックハンドでテニス ... » more
テーマ テニス 初心者向け バックハンドストローク  コメント(1)

テニスの技術上級者と初心者の違い
グランドストロークにおける上級者と初心者の決定的違いはボールのコントロール法にある。初心者はボールにラケットを当てるだけであり、力加減でボールのコントロールを行う。しかし、上級者は常にハードヒットをする。スローボールを打つ時もスウィング速度 ... » more
テーマ テニス フォアハンドストローク 初心者向け

テニスの技術プロは違う
最近、ジミー・コナーズの書いた「強くなるためのテニス・レッスン」という本を買った。この本に書いてある面白い事実が、プロは自分のグリップを知らないという事だ。実際、コナーズも自分はコンティネンタルグリップを使用していると書いてあるが、写真を見 ... » more

テニスの技術プロの上達法
このブログではテニスの上達のためには他人の言う事に従うのではなく、自分で実験し、試行錯誤してフォームを見付ける事を推奨している。我々は工場における改善の専門家であり、改善の効果を良く知っている。そして、明らかに改善はスポーツにも応用可能だ。 ... » more

前回、解説した高齢化への対応は要するにプロのフォームから初心者フォームへの移行を意味する。プロの様に打てれば初心者の打ち方など簡単だと思うのは間違いだ。この両者には越えられない溝がある。フォームの変更はそれほど難しい事なのだ。そして、こ ... » more

前回、スクールでは初心者から脱却する事は不可能だと書いた。しかし、個人で努力をすれば、こうした環境でも上達は可能だ。それを今回は記述する。その前に重要な心構えがある。スクールで上手くなりたければコーチの言う事は聞かない事だ。コーチは本気で上 ... » more

テニスの技術初心者テニスの位置づけ
未だに多くのテニス初心者の陥っている非常に重大な間違いが存在する。それはスクールに入ると最初に教わる初心者テニスを一生懸命やっていれば、やがて上達し、プロの様に打てる様になるという考えだ。要するに初心者テニスは一時的なもので、やがて、錦織選 ... » more

テニスの技術テニスの系統
テニスの技術には主に3つの系統がある。それを以下に示す。1. 薄いグリップのフォアハンドストロークにシングルバックハンドストローク2. 厚いグリップのフォアハンドストロークにシングルバックハンドストローク3. 厚いグリップの ... » more

 

最終更新日: 2018/09/18 04:40

「初心者向け」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る