誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    戦後70年

戦後70年

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「戦後70年」のブログを一覧表示!「戦後70年」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「戦後70年」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「戦後70年」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

「私の戦後70年」 東京新聞ー発言 I 東京新聞が毎月第4金曜日に掲載する「私の戦後70年」。10月も6人がよせています。いずれも貴重な戦争体験、平和への強い思いが記されていますが、今回はその中から「満洲」関連のものを転載します。「『私の一枚』父の残したアルバム」も加えます。 ... » more
テーマ 東京新聞から 永井至正 戦後70年

【ゲルマニア】ハラルド・ギルバース ★★★ 1969年生まれのドイツ人作家ハラルド・ギルバースの処女作【ゲルマニア】を読んだ。ドイツヒトラーの「ゲルマン帝国」の夢破れんとする時代。ユダヤ人元刑事の猟奇殺人事件捜査を通じて戦火のベルリンを描いた意欲作である。解説によれば、当 ... » more
テーマ 書評 ゲルマニア 戦後70年

「ソ満国境 15歳の夏」 テーマは日中友好 果てしなくひろがる大平原。地平線を真っ赤に染める夕日。終戦の夏、ソ連との国境に近い農場に勤労動員として送られた15歳の中学生たち。彼らには過酷な道のりが待ち受けていました。(しんぶん「赤旗」16日付・コラム「潮流」)▼8月9日、 ... » more
テーマ 永井至正 しんぶん「赤旗」 戦後70年

戦後70年 「平和の俳句」 東京新聞 −33− 東京新聞掲載の「平和の俳句」が今回で33週目に入った。昨日は「終戦記念日」。紙面は「平和の俳句」を軸に、多彩な企画、句の英訳あり、瀬戸内寂聴さんへのインタビューありで、読み応え充分の編集だった。ここでは11日に行われた9月掲載分についての選 ... » more
テーマ 東京新聞から 平和の俳句 戦後70年

三鷹の一日戦後70年-敗戦記念日に
戦後70年-敗戦記念日に 日本は、1931年からの「満州」事変、37年からの日中戦争、そして41年からのアジア・太平洋戦争と足かけ15年間にわたる侵略戦争を続けてきました。そして1945年8月14日、日本政府は、ポツダム宣言を受諾し、翌15日、昭和天皇は「玉音放送」 ... » more

袖擦りあうも他生の縁137 〜伝える! 伝わる! 伝えたい!〜 今日は終戦記念日で、戦後70年ですね。私は当時3歳で戦争の記憶は殆どありませんから、ま、戦争を知らない子供達(老人達)の一人でしょう。そんな私でも、戦争法案は困ったものだ! と日々憂いています。この国が戦後70年にして大きく右にカーブを ... » more
テーマ ひげ 関ヶ原の合戦 戦後70年

「『万歳』で送る姿に憤り」 堀 文子さん もうすぐ終戦記念日。先の戦争では夫や息子、兄弟を失った多くの女性が涙に暮れた。一方で、女性たちは「総力戦」の戦時体制の下、戦争遂行の一翼を担いもした。(東京新聞・8月8日付ー特集「戦争と女性」から)以下は今年97歳になる日本画家・堀文子さん ... » more
テーマ 東京新聞から 永井至正 戦後70年

「平和を語り合う夕べ」ー青年学習講座 被爆70年の節目の年に長崎市で開催された「原水爆禁止世界大会」に参加した若者が大会の様子をスライドショーを交えて報告します。また、今回は趣向を凝らし、涼を感じるソーメンを食べ、ビールを飲みながら交流したいと考えています。皆さまお誘いあわせて ... » more
テーマ 永井至正 戦後70年

「仔羊たちの戦場」 ソ満国境 新京1中生 続 「安達君が下痢をしていて、歩けなくなった。ソ連兵が『早く歩け』と怒鳴る。(私は体の具合が悪くて)背負ってやることができない。『一緒に死んでやるから』と肩へ手を回して励ましたんです」。(読売新聞・1988年9月4日付「編集手帳」) ... » more
テーマ 永井至正 土屋洸子 戦後70年

「戦争と女性」 怖かった満州の出来事 東京新聞の発言欄に掲載されている「私の戦後70年」のテーマ投稿「戦争と女性」の中から満州関連のものを一遍転載いたします。東京小金井市の若林高子さん(79)が「怖かった満州の出来事」を書いています。(同紙8月10日付)敗戦時、私は ... » more
テーマ 東京新聞から 永井至正 戦後70年

戦後70年〜福山雅治「クスノキ」 1945年8月9日午前11時02分長崎に原子爆弾が投下された。職場で全員で黙祷。。。戦後70年。。。毎日、特攻隊に行った方や被爆者の声を、テレビで聞いている。今朝は早くから、福山雅治さんの ... » more
テーマ 長崎原爆 福山雅治「クスノキ」 戦後70年  コメント(2) トラックバック(1)

戦後70年 「平和の俳句」 東京新聞 −32− 東京新聞の毎日掲載「平和の俳句」も32週目に入った。敗戦記念日が近づくに連れ作品のトーンも迫真迫るものになってきた。例にによるトップの「私が選ぶー平和の俳句」(伊藤美津子作)はテレビでお馴染み立川志の輔さんに登場願おう。 ... » more
テーマ 東京新聞から 平和の俳句 戦後70年

湯の花トンネル列車銃撃事件 アジア・太平洋戦争の末期、1945年8月5日午後0時20分頃、八王子市裏高尾の湯の花トンネル付近で、新宿発長野行きの列車に4機の米軍戦闘機が機銃掃射、列車は客車の途中までトンネルに入って止まり、複数回の銃撃にさらされました。警察の記録では5 ... » more
テーマ アジア・太平洋戦争 戦後70年

土屋洸子さん 「引き揚げ体験」語る 新宿 東京・新宿の「平和祈念展示資料館」では、毎月海外からの引き揚げ者などから貴重な体験談を聞く会が開催されています。その語り部の一人として、このほど「公主嶺会」の土屋洸子さんが招かれ、この夏は、8月19日(水)にお話しすることになりました。以下 ... » more
テーマ 公主嶺 土屋洸子 戦後70年

戦後70年 「平和の俳句」 東京新聞 −31− 年初来、このブログに掲載してから31回目になる「平和の俳句」。今回のトップ掲載の1句は東京・武蔵野市の小学4年生の「一人の手何もできない可愛い手」だ。愛知県で開かれた「平和を願う市民典」に紹介されたのを契機に祖父との交流があり、平和への思い ... » more
テーマ 東京新聞から 平和の俳句 戦後70年

戦後70年 「平和の俳句」 東京新聞 −30− 年初からスタートして今回で30週目に入った東京新聞の「平和の俳句」。本ブログでは一句残さず転載してきたが、ここに来て若干の息切れを覚えてきた。しかし、全句掲載すると決意した手前、終止符を打つわけにはいかず、さらに進めることにした。例により冒 ... » more
テーマ 平和の俳句 戦後70年

「私の戦後70年」 東京新聞ー発言 F 今年初から東京新聞が毎月第四金曜日の発言欄に掲載している「私の戦後70年」。今回は7回目になる。6本の投稿の内埼玉県鳩山町の近藤凱和さん(77)による「今こそ声を上げて闘う時」を転載する。私は1937(昭和12)年12月9日に生 ... » more
テーマ 永井至正 戦後70年

戦後70年 「平和の俳句」 東京新聞 −29− 東京新聞が年初から一面に掲載している「平和の俳句」。本ブログでは一週間分をまとめて転載しているが今回で29週目に入った。恒例による冒頭部分のリードは7月15日に載せられた「8月分選考会」の模様を紹介しよう。作り手に余裕出てきた金 ... » more
テーマ 東京新聞から 平和の俳句 戦後70年

戦後70年 「平和の俳句」 東京新聞 −26− 東京新聞のシリーズ「平和の俳句」も本ブログに転載すること、今回で26度目を迎える。同紙26日付の報道ではこれまでの応募数は3万通に達したという。また同日付13ページには「皆で紡ぐ言葉の力」と題して特集を組んでいる。選者の金子兜太さんといとう ... » more
テーマ 東京新聞から 平和の俳句 戦後70年

「私の戦後70年」東京新聞ー発言 E 東京新聞が年初来、毎月第四金曜日の「発言欄」で特集している「私の戦後70年」。今回で6回目。いつものように6本が掲載されている。その内の一本というといずれも捨て難い力作だが、今回は福井大空襲の壮絶な光景を描写した体験談を転載する。 ... » more
テーマ 永井至正 戦後70年

戦後70年 「平和の俳句」 東京新聞 ー25− 今好評の東京新聞の「平和の俳句」シリーズ。今回で25週目に入りました。18日付同紙「応答室だより」では多くの読者の方から「毎日ノートに書き写しています。、私の日々の楽しみです」などと感想が寄せられているようです。「平和の俳句」多 ... » more
テーマ 東京新聞から 平和の俳句 戦後70年

戦後70年 「全空連」が大集会のお知らせ 「早くも6月を迎えました、戦後70年東京大空襲70年の節目にあたって、『まだ戦後は来ていない』と戦争被害のすべての解決を願い、下記のように大集会を開きます」、と全国空襲被害者連絡協議会からのご案内です。時代は動いている−戦争 ... » more
テーマ 東京空襲 永井至正 戦後70年

ハルビン同窓 9条も話題に 昭和9年、北朝鮮生まれで終戦時は旧満州のハルビンで迎えた映画俳優の宝田明さん(80)。同級生が先だって開かれた同窓会の模様をしんぶん「赤旗」に投稿しています。(福岡・仲山公政さん)京都で5月27日、旧「満州」ハルビン市の元白梅国 ... » more
テーマ 永井至正 満洲 戦後70年

戦後70年 「平和の俳句」 東京新聞 −23− 23週目に入った東京新聞一面に掲載されている「平和の俳句」。日に日にいやます平和への想いあふれる句の連続だ。恒例による冒頭の句の紹介は、開拓団で満州に渡った東京港区の田代チズ子さんが父親の壮絶な体験談を詠む。水ぜめの刑に耐え父女 ... » more
テーマ 東京新聞から 平和の俳句 戦後70年

戦後70年を迎え終戦前後の思い出! 昭和19年夏、小学校学校3年生の時、高知県土佐佐喜浜町まで貨物船に乗り1週間を要して縁故学童疎開をしました。山、森、海、川、畑などのどかな風景の中、1年間を過ごしました。4kmある小学校へ通学しておりましたが、海岸の砂浜での学校の帰 ... » more
テーマ 終戦前後 戦後70年

東京に平和祈念館早期に 東京民報が報道 戦後70年に「東京都平和祈念館(仮称)」の建設を求める運動を大きく広げようと、同館の「建設を進める会」はポスターを作成し(写真),活用を呼びかけています。(東京民報5・31付)広島、長崎、沖縄にあって東京にはない戦争末期 ... » more
テーマ 東京空襲 永井至正 戦後70年

戦後70年 「平和の俳句」 東京新聞 −21− 東京新聞の「平和の俳句」も今月で21週目に入る、今回は5・17〜23日の7句。多数の投稿の中から選ばれただけに「ハッ」とさせられるものばかり、ご覧ありたい。なお、来月分搭載の選考会が行われ、その模様が20日付の紙面で報じられている。先ずはご ... » more
テーマ 永井至正 平和の俳句 戦後70年

「私の戦後70年」東京新聞ー発言 D 戦後70年。東京新聞が年初来、毎月第4金曜日「発言欄」に掲載する「私の戦後70年」。今月も六本、いづれも読むほどに胸に迫るものばかり。今回は旧満洲関連の投稿を転載いたします。必死に子育て 母の人生は関美智子(77)東京都 ... » more
テーマ 永井至正 戦後70年

戦後70年 「平和の俳句」 東京新聞 −20− 続けて、続けている20週目に入った東京新聞の「平和の俳句」。今回の冒頭の句は、一面に掲載されなかった中から同紙・事務局が選んだ2句を紹介しましょう。4月24日付け「平和の俳句」の特集ページ52句からのものです。孤児生きて未だ親の ... » more
テーマ 東京新聞から 平和の俳句 戦後70年

「私の戦後70年」 東京新聞 −発言・特ー 東京新聞が毎月第4金曜日の「発言欄」に掲載している「私の戦後70年」。今月は特に8日にも載せることになりました。例月同様寄せられた投稿は6本、その中から横浜市の細嶋敬三さん(81)の思いを取り上げましょう。歴史の歯車 逆転させるな ... » more
テーマ 東京新聞から 永井至正 戦後70年

 

最終更新日: 2016/11/20 20:49

楽天市場のおすすめ商品

「戦後70年」のブログ関連商品

» 「戦後70年」のブログレビュー をもっと探す

「戦後70年」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る