誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    デキスメデトミジン

デキスメデトミジン

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: デキスメデトミジン
テーマ「デキスメデトミジン」のブログを一覧表示!「デキスメデトミジン」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ
・デキスメデトミジンとレミフェンタニルは麻酔からの覚醒時の気道反射を抑制することがよく知られているが、どちらがより効果的であるかは不明である。デキスメデトミジンとレミフェンタニルの咳嗽の発生抑制効果を.. » more

・吸入麻酔は、特に小児の麻酔導入によく使われる方法である。デキスメデトミジン前投薬の小児における吸入麻酔導入後の安全な静脈内カニュレーションに最適な時間に関する情報はない。本研究の目的は、デキスメデト.. » more

・帝王切開時の脊椎麻酔において、ブピバカインの補助薬を比較し、ブピバカイン単独とデキスメデトミジンまたはメペリジンとの併用における特異的ブロック特性と副作用を評価した。 ・本二重盲式無作為化臨床.. » more

・全身麻酔導入、気管挿管、抜管、喉頭鏡検査は、特定の血行動態の変化と関連している。気管挿管と喉頭鏡検査は交感神経刺激に関係し、高血圧と頻脈につながる。最近の研究では、デキスメデトミジンは呼吸機能を低下.. » more

・本研究は、関節鏡手術後の疼痛を予防・管理し、患者の満足度、リハビリテーション、日常生活への早期復帰につなげることを目的とした。膝関節鏡手術後の疼痛の程度に関して、デキスメデトミジン関節内注射とプラセ.. » more

・単回投与脊椎麻酔の持続性を高めるために、局所麻酔薬の補助剤としてフェンタニルやデキスメデトミジンの静脈内投与が広く用いられている。この非劣性試験では、デキスメデトミジン鎮静下の患者において、高比重ロ.. » more

・プロポフォールとデキスメデトミジンの鎮静による脳波パターンへの影響の差は以前から報告されている。しかし、デキスメデトミジンによる鎮静を評価するための Bispectral Index(BIS)値の信.. » more

・機能的内視鏡下副鼻腔手術(FESS)は、低血圧麻酔を必要とするよく見られる外科手術の 1 つであり、出血量を減らすために多くの薬剤が試みられている。本研究は、人為的低血圧をもたらす 2 つの薬剤の有.. » more

・喉頭鏡検査と気管挿管は、交感神経系の反応を引き起こす。この反応を抑制するために、デキスメデトミジンとフェンタニルボーラスの有効性を比較した。 ・全身麻酔下で待機的外科手術を受けるために入院した.. » more

・デキスメデトミジンは末梢神経ブロックの有効な局所麻酔薬の補助剤である。デキスメデトミジンの静脈内投与は、神経周囲投与と同等の効果があると示唆されているが、比較のエビデンスは相反するものである。このエ.. » more

・腕神経叢ブロック(BPB)は、上肢手術における全身麻酔の確実な代替手段として受け入れられている。デキスメデトミジンやスフェンタニルなどの補助薬を加えることで、臨床的にも薬理学的にも利点があることがわ.. » more

・気管挿管時にアドレナリン反応が制御されないと、生命を脅かす合併症を引き起こす可能性がある。デキスメデトミジンはα2 受容体に結合し、この反応を軽減する可能性がある。今回のメタ分析の主な目的は、気管挿.. » more

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ

テーマのトップに戻る