誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    デキスメデトミジン

デキスメデトミジン

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: デキスメデトミジン
テーマ「デキスメデトミジン」のブログを一覧表示!「デキスメデトミジン」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ
・腕神経叢ブロック(BPB)は、上肢手術における全身麻酔の確実な代替手段として受け入れられている。デキスメデトミジンやスフェンタニルなどの補助薬を加えることで、臨床的にも薬理学的にも利点があることがわ.. » more

・気管挿管時にアドレナリン反応が制御されないと、生命を脅かす合併症を引き起こす可能性がある。デキスメデトミジンはα2 受容体に結合し、この反応を軽減する可能性がある。今回のメタ分析の主な目的は、気管挿.. » more

・デキスメデトミジン(DEX)は、吸入麻酔でも全静脈麻酔でも全身麻酔を施行された患者の術後の認知・行動機能障害の減少と関連している。そこで、非心臓手術の全身麻酔患者における術後の興奮やせん妄に及ぼす .. » more

・デキスメデトミジンは鎮静・鎮痛剤であり、近年、全身麻酔と区域麻酔の補助薬としての使用が増加している。今回の系統的レビューとメタ分析では、デキスメデトミジンの静脈内投与を伴うくも膜下ブロックの特徴の変.. » more

・デキスメデトミジンは、末梢神経ブロックと切開部位の局所麻酔薬の効果的な補助薬として使用されている。著者らは、腰椎椎弓切除術中の総部散布において、ブピバカイン単独とデキスメデトミジン添加ブピバカインの.. » more

・本研究は、帝王切開(CS)を受けた分娩患者と待機的婦人科手術を受けた非妊娠女性における鎮静用のデキスメデトミジンの有効量を調査および比較するために計画された。 ・本研究は、年齢 25 歳から .. » more

・研究の目的は、脊椎麻酔における局所麻酔薬の補助薬としてのデキスメデトミジンと硫酸マグネシウムの有効性を比較することであった。 ・PubMed、Medline、Embase、Cochrane L.. » more

・覚醒時咳嗽は手術の完了後に患者に害を及ぼす可能性があるが、この症状を軽減するのにどの薬が最も効果的かは不明である。 RCT の系統的レビューとネットワークメタ分析を実施して、全身麻酔後の中等度から重.. » more

・ICU ではせん妄がよくみられ、発生率は 70% 以上と報告されている。せん妄に関連する重大な合併用と死亡のため、せん妄のない鎮静剤は ICU 入室した高齢者の転帰を改善すると仮定されている。研究目.. » more

・脊椎麻酔下に人工膝関節全置換術を受ける患者で、デキスメデトミジン vs プロポフォールによる術中鎮静が術後鎮痛に及ぼす効果をで比較した。デキスメデトミジンによる鎮静は、プロポフォールよりも術後のオピ.. » more

・心臓手術後せん妄は、入院期間の延長、集中治療室の長期在室、死亡率の増加などの有害転帰に関連している。効果的な予防的介入と治療はまだほとんど知られていない。この系統的レビューは、心臓手術を受ける成人患.. » more

・デキスメデトミジン(DEX)は、鎮静、鎮痛、不安緩解、交感神経緊張抑制を含む幅広い薬理効果を有する高度に選択的α2-アドレナリン受容体作動薬である。ここでは、周術期の手術患者のストレス、炎症、免疫に.. » more

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ

テーマのトップに戻る