誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    勝海舟

勝海舟

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 勝海舟
テーマ「勝海舟」のブログを一覧表示!「勝海舟」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6    次のページ
外に出掛けやすい気温、新型コロナウイルスの様子も少し落ち着いてきたので、注意しながらも、洗足池に出掛けた。勝海舟記念館が閉館中だったが、再開しているとの知らせがあったからである。 洗足池畔に.. » more
テーマ 勝海舟

いわゆる「黒船来航」(1853年)によって外国(アメリカ)から開国を求められる ことになった幕府でしたが、ハナから相手の希望に沿うつもりは持っていません でした。 鎖国政策は権現様、つまり幕府創.. » more
テーマ 勝海舟

 明治150年にあたる平成30年、産経新聞社では明治年間に書かれた先達の作品を紹介していきます。著作権も切れ、ともすれば忘れがちになる古典をもう一度再認識させてくれる好企画です。  波乱に満ちた.. » more
テーマ 勝海舟

勝海舟邸跡
東京都港区赤坂の本氷川坂の下にある勝海舟邸跡。勝海舟は安政6年 (1859年)から明治元年(1868年)までをこの地で過ごしましたが、文久2年 (1862年)12月、坂本龍馬が勝に面会するために訪れた.. » more
テーマ 勝海舟

勝安芳邸跡
静岡に移住していた勝海舟が、明治5年(1873年)に東京に戻ってきて 明治32年(1899年)に亡くなるまで住んでいた所で、勝海舟の終焉の地でもあります。現在は特別養護老人ホーム「サン・サン赤坂」とな.. » more
テーマ 勝海舟

勝海舟・坂本龍馬師弟像
東京の赤坂にあった勝海舟の旧邸宅跡に建てられている二人の像。尊王攘夷派だった龍馬は、開国を唱える勝を斬ろうとして勝海舟の屋敷を訪れましたが、 勝の思想に触れて考えを変え、弟子入りを願ったという逸話があ.. » more
テーマ 勝海舟

もし、明治新政府側が聞く耳持たぬという強硬姿勢を崩さなかったら、あるいは 幕府側があくまでも抵抗の意思を示し続けたとしたら、「江戸開城」(1868年)は 史実のようには運ばなかったのかもしれません.. » more
テーマ 勝海舟

明治時代に入ってからのこと、元幕臣・勝海舟(1823-1899年)が こんな回想をしています。  ~おれは今までに天下で恐ろしいものを二人見た。    それは横井小楠と西郷南洲とだ~ この場合の.. » more
テーマ 勝海舟

維新直前の1858年のこと、演習航海を兼ねた長崎海軍伝習所 の練習艦・咸臨丸は、幕臣・勝海舟や練習生たちを乗せ、 薩摩の山川港へ入りました。 そしてこの時、薩摩藩主・島津斉彬(1809-18.. » more
テーマ 勝海舟

2010年3月31日発行の海音寺潮五郎記念館誌 第31号です。平成も20年代に入って、いよいよ海音寺潮五郎記念館の活動も残り少なくなってきた(実際にはその時点では分かっていませんでしたが)時期の活動が.. » more
テーマ 勝海舟

海音寺潮五郎記念館が解散して以降、ファンの使命感としてここで海音寺潮五郎さんに関する情報を公開し続けていますが、遅々として進みません。ようやく記念館誌第29号をアップすることができました。 とこ.. » more
テーマ 勝海舟

モダンダンスの創始者といわれるアメリカの舞踊家・ イサドラ・ダンカン(1878-1927年/女性)が、イギリスの作家・ バーナード・ショー(1856-1950年/男性)に、こう言って結婚を 申し.. » more
テーマ 勝海舟

 
前のページ    1  2  3  4  5  6    次のページ

テーマのトップに戻る