誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    三島由紀夫

三島由紀夫

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「三島由紀夫」のブログを一覧表示!「三島由紀夫」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「三島由紀夫」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「三島由紀夫」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

三島由紀夫の怪談『月澹荘綺譚(げったんそうきたん)』に登場する下田東急ホテルと和歌の浦遊歩道を訪ねる 写真上は下田東急ホテル6階の部屋から東の方向を撮ったもので右端にある三角形の島が赤根島(茜島)中央の小高い山が下田公園のある城山です。城山の岬近くに下田海中水族館があり下田東急ホテルから水族館まで海岸沿いの「和歌の浦遊歩道」を歩いて行くこと ... » more
テーマ 下田東急ホテル 三島由紀夫 月澹荘綺譚

福田恒存他六氏著・”憂国”の論理 「”憂国”の論理」・福田恒存他六氏著(日本教文社)昭和45年5月1日刊。戦後24年、経済的繁栄の陰に忘れてきたものを問う。福田恒存氏他六氏による講演録とエッセィ。右寄り学生 ... » more

コンビニに居た三島由紀夫 コンビニに居た三島由紀夫画像は平成8年8月15日刊の新潮文庫であるが、一般書籍店ではなく、セブン・イレブン限定で販売されたものの一冊である。同時に江戸川乱歩、太宰治、芥川龍之介 ... » more

やっぱり舛添氏、圧勝でした。 やっぱり、決められていたんですね。どんなに脱原発とさけんでも原発貴族イコール五輪利権貴族の力には庶民は選挙のようなものでは太刀打ち出来ない。そもそも小泉氏が「脱原発」という短いキャッチフレーズを使って選挙 ... » more
テーマ 三島由紀夫

三島由紀夫著・旅の墓碑銘・ラディゲの死・復讐・施餓鬼舟 「ラディゲの死」・三島由紀夫著(新潮文庫)より(旅の墓碑銘) 昭和28年6月、「新潮」に発表、29年10月、「鍵のかかる部屋」(新潮社・昭和名作選5)に収録。著者は昭和 ... » more

ジッド・ツルゲーネフ・ニーチェ・三島再読―文学・哲学・社会学は営業力につながるか害になるか【上】 [第228回]営業と会社の話(57)‐1(一)大学受験失敗談。今となっては、高校を卒業したのはもう35年以上前になる。昨日か一昨日のことのような気がするのだが、35年以上前である。中学校を卒業したのは40年近く前になってしまう。その ... » more

三島由紀夫・伊藤勝彦著・対話・反ヒューマニズムの心情と論理 「対話・思想の発生」・伊藤勝彦著(昭和42年11月/番町書房)より伊藤そうですね。日本の場合、ヒューマニズムというのは思想でなくて、「かわいそう」というような低い感情の次元 ... » more

「ラディゲの死」・三島由紀夫著(新潮文庫)より(花山院)昭和25年1月、「婦人朝日」に発表、26年7月、「遠乗会」(新潮社)に収録。安倍清明の一挿話。寛和二年のころである、清明は若く美しい花山帝の治世が長く続くよう祈 ... » more

三島由紀夫と野田地図「MIWA」 三島由紀夫が切腹してこの世を去ってから今日で43年である。小学校の低学年だった私は、テレビが報じるはちまきをした軍服の男がなんとなく怖く思えた。野田地図の「MIWA」は美輪明宏の物語だが銀巴里の常連として描かれている野田演じ ... » more
テーマ MIWA 演劇 三島由紀夫

きょうは『憂国忌』、三島由紀夫が市ヶ谷の自衛隊のなかで自決した日です。あの日もきょうと同じように今にも氷雨がふりそうな鬱陶しい空でした。紀藤先生が三島氏の自決の感想をつづった随想を掲載します:三島ショック紀藤元之介三 ... » more
テーマ 紀藤元之介 周易こよみ 三島由紀夫

マルジナリア三島由紀夫著・作家論
三島由紀夫著・作家論 「作家論」・三島由紀夫著(中公文庫)初版は昭和45年10月31日、中央公論より上梓される。箱入りの、いかにも論集らしい飾りっけのない本で、三島生前最後の単行本でもある。「林 ... » more

三島由紀夫著・みのもの月・山羊の首・大臣・魔群の通過 「ラディゲの死」・三島由紀夫著(新潮文庫)より(みのもの月) 昭和17年11月「文芸文化」に発表、19年10月「花ざかりの森」(七丈書院)に収録。三島の短編集は巻頭 ... » more

三島由紀夫著・師・清水文雄への手紙 「師・清水文雄への手紙」・三島由紀夫著(新潮社)私は学校時代を通じて、本当の意味での「師」と呼べる人はいないのだが、これを残念なことであると、思う人はいるかもしれない。ある ... » more

三島由紀夫著・夜の仕度・家族合せ・宝石売買・孝経 「中世剣」・三島由紀夫著(講談社文芸文庫)より(夜の仕度)昭和22年8月「人間」に発表、23年12月、短編集「夜の支度」鎌倉文庫刊。冒頭、〈七に二を足してまともに九 ... » more

谷川渥編・三島由紀夫の美学講座 「三島由紀夫の美学講座」・谷川渥編(ちくま文庫)編纂本。谷川渥氏選定による三島由紀夫の美術論集。三島の主要作品は文庫で出尽くしているので、これからは編纂本が多くなるのではな ... » more

マルジナリア三島由紀夫著・剣
三島由紀夫著・剣 「剣」・三島由紀夫著(昭和38年12月・講談社刊)より剣道の体験からヒントを得た短編。昭和38年10月「新潮」に発表。ある大学の剣道部での物語り。主将・国分次郎は剣道部の誇りである ... » more

中村光夫・三島由紀夫・対談 人間と文学 「対談 人間と文学」・中村光夫・三島由紀夫著(講談社文芸文庫)三島由紀夫の対談で重要だと思われるのは本書と林房雄との「対話 日本人論」(昭和41年10月・番町書房)で数多い対談 ... » more

三島由紀夫著・わが友ヒットラー 「わが友ヒットラー」・三島由紀夫著(新潮文庫)三幕。「文学界」12月号(昭和43年)に発表、同年12月、新潮社より単行本。「サド侯爵夫人」と対の戯曲。男性4人だけの芝居、即ち、ヒッ ... » more

三島由紀夫他・討論 日本人の再建 「討論日本人の再建」・三島由紀夫他(昭和46年1月20日/原書房刊)(概要)昭和46年1月20日発行。「日本人の再建」は昭和43年1月14日から15日にわたり、箱根・湯本「松之茶屋 ... » more

マルジナリア三島由紀夫著・芸術断想
三島由紀夫著・芸術断想 「芸術断想」・三島由紀夫著(ちくま文庫)より昭和38年8月―39年5月、「芸術生活」連載。初版は昭和40年8月20日、集英社刊。第一部が「芸術断想」、第二部が「PLAY BILLS ... » more

三島由紀夫著・サド侯爵夫人 「サド侯爵夫人」・三島由紀夫著(新潮文庫)戯曲、三幕。一言で言えば、牢獄に繋がれた夫・サド侯爵を待つルネの心理を、他者との対話を通しての解剖を試みたものである。登場人物は女性のみ6 ... » more

鹿島 茂編・三島由紀夫のフランス文学講座 「三島由紀夫のフランス文学講座」・鹿島 茂編(ちくま文庫)編纂本である。生前の三島由紀夫に「フランス文学講座」という著書のないのは序で鹿島氏が述べている通りである。三島由紀夫全集よ ... » more

映画な日常「春の雪-豊饒の海(一)」
「春の雪-豊饒の海(一)」 三島由紀夫の豊饒の海の第一部「春の雪」を読了。この作品は2005年に妻夫木聡、竹内結子主演、行定勲監督によって劇場公開されている。 ... » more

マルジナリア三島由紀夫著・旅の絵本
三島由紀夫著・旅の絵本 「旅の絵本」・三島由紀夫著(ちくま文庫「外遊日記」より)〈旅であとあとまでも残る思い出というものは、美しい風景それだけの力によるのではない。永らく見たいと願っていた或る土地の風光の、予想を裏切らない壮麗さと、それを見たときの私の内的 ... » more

池田理代子脚本・構成 宮本えりか画・春の雪 「春の雪」・三島由紀夫原作/池田理代子脚本・構成宮本えりか画(中公文庫)三島由紀夫原作「春の雪」を劇画化したもの。表紙画は薄化粧した松枝清顕が宝塚の男役、目鼻のはっきりした綾倉 ... » more

マルジナリア三島由紀夫著・文章読本
三島由紀夫著・文章読本 「文章読本」・三島由紀夫著(「婦人公論」昭和34年1月号附録)初版は新書版の粗末な冊子である。著者生前中に出版された本のうちで、最も雑な装丁の本である。古本屋でよく目にするが、たい ... » more

三島由紀夫著・仮面の告白 「仮面の告白」・三島由紀夫著(新潮文庫)戦後の三島由紀夫の始まりとなった小説である。短編集「花ざかりの森」に代表される三島の十代小説は抒情詩的で、体験より先に言葉で世界を考える早熟な、 ... » more

ちくま文庫「私の遍歴時代」(三島由紀夫著)より。(実感的スポーツ論)・昭和39年10月5日、6日、9日、10日、12日、読売新聞〈今私がいっぱしのスポーツマンのような顔をすれば、むかしの青白き文学青年時代の私を知っている友人 ... » more

きょう11月25日は『憂國忌』、三島由紀夫がなくなった日です。『散るをいとう世にも人にもさきがけて散るこそ花と吹く小夜嵐』三島の辞世です。事件の詳細についてはつぎのブログをみてください:http://akahiro. ... » more
テーマ 周易こよみ 易経 三島由紀夫

三島由紀夫著・私の遍歴時代 「私の遍歴時代」・三島由紀夫著(ちくま文庫)多少の前後は有るが、三島由紀夫の17歳〜26歳まで、作品では処女作「花ざかりの森」から「禁色」までの文学遍歴を、往時の文壇との交流を交え ... » more

 

最終更新日: 2018/08/13 10:54

「三島由紀夫」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る