誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    三島由紀夫

三島由紀夫

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 三島由紀夫
テーマ「三島由紀夫」のブログを一覧表示!「三島由紀夫」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ
「大酒を飲んで失敗した人はかず多い。とりたてて残念なことである。まずは自分の酒量をよく知って、それ以上は飲まないようにしたいものだ。そうしていても、ときによっては酔いすごすことがある。酒の座ではいつも.. » more
テーマ 三島由紀夫

スカラベ三島由紀夫論2
スカラベとは糞転がし虫のことだ。三島自身こう語っている。 「過去の作品は、いわばみんな排泄物だし、自分の過去の仕事について嬉々として語る作家は、自分の排泄物をいじって喜ぶ狂人に似ている。」(「『.. » more
テーマ 三島由紀夫

スカラベ三島由紀夫論1
 小説の優劣など、さうあるものではない。いや、あるにせよ、それを云々するのと、読んで堪能することとは別事である。  畢竟するに、それぞれの作家がどういふ趣きで作品を書いてゐるのか、その違ひでしか.. » more
テーマ 三島由紀夫

読まれない三島由紀夫
日本人全体が紙の本から縁遠くなりつつある現在、三島由紀夫が読まれなくなっているのに、隔世の感がある。 大学生で三島由紀夫を読んでいるのは、10パーセントにすら達しない。私が明治大学法学部で担当し.. » more
テーマ 三島由紀夫

◆きょう11月25日は『憂国忌』です。 「三島由紀夫には現実がよく見えていました。  しかも、三島は論理的一貫性を守り通して逝った。それは弱者のごとく、かつ強者のごとくでありました。  三島はわ.. » more
テーマ 三島由紀夫

歌島へ
岡崎に住んだら絶対行こうと思ってた神島へ行ってきた。 伊良湖岬まで車で行って、高速船「かみしま」で約15分。 「歌島は人口千四百、周囲一里に充たない小島である。」という書き.. » more
テーマ 三島由紀夫

昔の人々
 ずいぶん前のことだ。某テレビ局で「書聖 王羲之の革命」という番組を放送していた。興味があって少し見たのだが、王羲之の書がなぜそれほど有難いのか、よくわからなかった。AD4世紀の人。それまでは甲骨文字.. » more
テーマ 三島由紀夫

『昭和維新史との対話 検証 五・一五事件から三島事件まで』保阪正康 鈴木邦男著 現代書館 2017年3月30日第1版第1刷発行 2018年3月13日(火)読了 (注意!)ネタバレあり 対.. » more
テーマ 三島由紀夫

「美しい星」_三島由紀夫のSF小説
度々立ち寄るTSUTAYA植木店にて「美しい星」を観る。 三島由紀夫の同名小説の映画化。(未読) 三島由紀夫の作品は、学生、社会人になってから新潮文庫でいくつか読んだ事がある。(三島由.. » more
テーマ 三島由紀夫

◆きょうは『憂国忌』三島由紀夫の命日・・・『五衰の人』  きょう11月25日は『憂国忌』 三島由紀夫の命日です。  朝から徳岡孝夫著『五衰の人・・・三島由紀夫私記』を読んでいました。  小生.. » more
テーマ 三島由紀夫

これから、私はなぜ三島由紀夫があのような異様な死に方をしたかについて、私なりの答をこのブログに、二回に分けて記そうと思っている。三島がなぜあのような死に方をしたかについて、説得力ある説明をなした批評を.. » more
テーマ 三島由紀夫

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ

テーマのトップに戻る