誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    身につまされる(笑)

身につまされる(笑)

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 身につまされる(笑)
テーマ「身につまされる(笑)」のブログを一覧表示!「身につまされる(笑)」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3    次のページ
離婚して実家に出戻って来たフードコーディネーターの香子と、認知症の症状が出始めた母・琴子。2人の名前を合わせたのが、この作品のタイトル『ことことこーこ』なんだけど、香子のフードコーディネーターという職.. » more

シリーズ当初「融通キカンチン」と称され、猪突猛進新人検事だった凛々子も6年目を迎え、尼崎支部の筆頭検事として、忙しい日々を送っている。 阿川佐和子さんの〈正義のセ〉シリーズ4冊目です。 『負けるも.. » more

私、かなりの冷え性でございます。 冬は、靴下なくして眠れない、基本衣類はタートルネック、タイツと靴下とズボンの重ね履きがデフォルト、夏だって、スーパーの食品売り場に行くなら長袖カーディガンが手放せな.. » more

けっこうなスピードで読めました。面白かった&興味深く切実でした!!私も、主人公の篤子さんと同じく小心者なので、共感する部分が多かったですね(笑)。いずれ我が身かもしれない展開、参考になるネタも.. » more

『七人の敵がいる』の続編。 陽子、相変わらずブルードーザー過ぎますよ・・・。読んでてヒヤヒヤするわ~。 ホントにもう、加納朋子さん、心臓に悪いですよ、この作品・・・。 中学生になった息子が入った.. » more

夫婦の日常の機微を描いた、短編集。 夫婦関係の破綻を描いたものもあるというのに、何故か淡々と進む物語に「結婚ってこんな感じよね…」と、ちょっと諦念を感じてしまいました。 あっさりとした文体で描かれ.. » more

伊藤計劃さんの構想を引き継いで『屍者の帝国』を書き上げた作家さんであり、『日本文学全集11』で雨月物語を現代訳していた円城塔さんとその妻の田辺青蛙さんのリレー書評エッセイ、『読書で離婚を考えた』です。.. » more

これは・・・、ちょっと切ないわぁ。 そろそろ、親がそういうお年頃なので、「介護する側」として読むと、大変切実で・・・。 群ようこさんの描く「親の老い」についての8編。 『ついに、来た?』ってタイ.. » more

とある『迷える四姉妹』それぞれの日常を描く、短編集。 まあ、どちらかというと〈迷える〉ではなく〈迷走する〉な気がします(笑)。 四姉妹それぞれが、微妙に上手くいってない感が、大変、迷走している。 .. » more

~~日本史は物語のように読めば絶対に忘れない ―― ロザン 宇治原史規~~(帯より引用) この宇治原さんの勉強法を、〈菅さんがタイムマシンに乗って日本の歴史上のいろんな時・場所を訪れてインタビューす.. » more

うわ~、なんだろう、このあるある感…。 正社員・派遣社員時代を思い出しました。津村記久子さんのお仕事小説って、なんでこんなに刺さるんだろうねぇ(^_^;)。事務系で会社勤めしてたの、もうずいぶん昔の.. » more

前作『正義のセ 2』が、「うわぁ!なんでここで終わる?!」ってところで終わったので、入手した途端がつがつ読みはじめちゃいましたよ、阿川佐和子さん~。 本作『正義のセ 3』は、主人公・凜々子の大ピンチ.. » more

 
前のページ    1  2  3    次のページ

テーマのトップに戻る