誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    庭木・花木など

庭木・花木など

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 庭木・花木など
テーマ「庭木・花木など」のブログを一覧表示!「庭木・花木など」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3    次のページ
シラカシの葉に、緑色のコガネムシがいたことがあります。このコガネムシは、とても綺麗な色をしておりますが、そのままにしておくと葉をどんどん食べていき、葉脈だけが残るような状態になっていきます。この虫の名.. » more

ユキヤナギの木を見ていたら、ツノロウムシがいることに気がつきました。この虫は、ロウ物質に覆われたカイガラムシの仲間になります。ツノロウムシの角状の突起がある丸くて白いかたまりが枝について吸汁し、多発す.. » more

モッコク
モッコクに幼虫が枝の先端の葉を2~3枚ほど糸を使って巣をつくり、その中で葉を食害していきます。食害された葉は、茶褐色になり、見た目も悪くなり枯れていきます。この犯人は、モッコクヒメハマキといい、6月頃.. » more

松喰虫とは
松喰虫とは、マツノザイセンチュウのことをいいます。これは1mm以下の線形の生物が松を食害して葉が急激に黄化し、やがて全体が赤褐色になっていき枯れていきます。この対処法は、発生源の枯れた松はすぐに伐採し.. » more

マユミ
4月から6月にかけて、葉の裏側にたくさんのミノウスバの幼虫がいることがあります。早めに発見できるといいのですが、わからないでいると、幼虫の成長とともに下の方へ移動しながら食べていくので、木が丸裸になっ.. » more

マサキ
マサキの葉に、白いうどん粉のようなカビが点々と生えていき、しばらくすると全面に広がっていきます。これは、うどん粉病といって、ひどくなると、植物全体がカビに覆われ生育が悪くなります。枝葉が茂りすぎたとき.. » more

バラにでる症状
バラの葉に、紫黒色のしみたような病斑ができて広がり、しばらくすると黄色くなって落葉します。これは、黒星病といって、多発すると茎もしおれてきます。発病した枝・葉はすぐに取り除き、落ち葉も掃除しておきまし.. » more

ボケ
ボケの葉の表に鮮やかなオレンジ色をした斑点ができ、葉の裏をみると、ひげ状の毛が生えていることがあります。これは、赤星病といって多発すると葉が落ちて発育が悪くなります。この葉を見つけたら、すぐに処分しま.. » more

ハナミズキ
ハナミズキの葉に、円形でうどん粉のような白いカビがでているときがあります。これは、うどんこ病といって、このままにしておくと、全面に広がっていき枯れていきます。枝葉が茂りすぎたり、まわりに病気の枝葉があ.. » more

サツキ
サツキの新しい葉に、葉が焼いた餅のように膨んでくることがあります。そのままにしておくと、白い粉に覆われ、褐色になって枯れていきます。この白い粉はカビの胞子になっているので、これが飛散して被害が拡大して.. » more

ツツジにいる害虫
家のツツジの手入れをしていると、幼虫がたくさんいて、葉をたべていることがあります。この幼虫は、緑色で頭が黒く、側面に黒い斑点がいくつも並んでいます。この幼虫をそのままにしておくと、集団で葉の縁から葉脈.. » more

サザンカ
サザンカの葉に、びっしりと小さな虫がついていることがあります。これは、コミカンアブラムシといって4月頃に発生し、葉や梢に群生して吸汁加害します。吸汁されると芽の伸びが止まり、生育が悪くなっていき、やが.. » more

 
前のページ    1  2  3    次のページ

テーマのトップに戻る