誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    本にまつわる業界の物語

本にまつわる業界の物語

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 本にまつわる業界の物語
テーマ「本にまつわる業界の物語」のブログを一覧表示!「本にまつわる業界の物語」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5    次のページ
碧野圭さんの〈書店ガール〉シリーズ7作品目にして、完結編です。シリーズ当初から、書店でのお仕事について色々知って〈本屋さんの魅力を再確認した!〉とか〈リアル本屋さんで本を買おう〉とか、本当に色々な思い.. » more

ザッツ・マジックリアリズム!!面白かったですよ、深緑野分さん!物語読みな私にとって「平凡な日常が呪いにより〈物語世界〉に変容してくる」なんていうシチュエーションは、大好物でございますとも!!私設蔵書館.. » more

ヨシタケシンスケさんの『あるかしら書店』を訪れる人達は、「こんな本はあるかしら?」と店主に尋ねます。そうすると店主のおじさんは店の中から何冊かの本を取り出し、紹介してくれるのです。さてさて、私だったら.. » more

清少納言が『枕草子』を書くに至ったその背景と、彼女の宮廷出仕生活を中心に描いた、『はなとゆめ』。中宮定子の教養の高さや一族の反映を担う強さ、一条帝との深く温かい愛情、周囲の人々を盛り立て華やがせるその.. » more

まさかの、著者・佐藤友哉氏ご本人による〈読者告発〉が物語中で行われようとは(笑)。いやいや、参るわぁ。『クリスマス・テロル』という、物騒かつ何となくメルヘンなタイトルからは、想像できなかったですよ全く.. » more

どこともわからぬ場所で、尾の短い子狐にせがまれて古今東西の物語を語る「草どん」。物語の持つ「力」とその運命、希望の持てる終わりにホッとしました。朝井まかてさんの語る『雲上雲下』すべての世界の物語、〈物.. » more

『砂上』/桜木紫乃 〇
北海道の片隅で細々と生きている、作家志望の柊玲央。数年前に離婚した元夫からの慰謝料とビストロ勤務で、何とか生活をしている。桜木紫乃さんの描く作家という者の業の物語『砂上』は、桜木さんの私小説ではないか.. » more

本好き、図書館好きにはたまらない、ほのぼのとした、いい物語でしたねぇ!私、大崎梢さんの〈本にまつわる業界〉の物語はどれも好きですが、これは1・2位を争うかも!!種川市の移動図書館『本バスめぐりん。』の.. » more

前作:『書店ガール5 ~ラノベとブンガク~』に引き続き、本作『書店ガール6 ~遅れてきた客~』も、駅ナカ書店店長・彩加とラノベ編集長・伸光のダブル主人公で、〈書店ガール〉シリーズ6作品めです。しかし碧.. » more

週刊誌って、新聞の下段の広告や吊り広告の見出しを見てるばかりで、ちゃんと読んだことないですねぇ、そういえば。イメージと言えば主人子・日向子と同じような感じ。大崎梢さんの『スクープのたまご』は、そんな未.. » more

・・・なんか、すっごく、良かった!!辛辣で率直すぎる小説家・ひろ江と、ひろ江を支え続ける姪の明子の物語、『我慢ならない女』。桂望実さんは、初めて読む作家さんですね。エキセントリックな作家の物語はたくさ.. » more

小学生の時に腹心の友になった二人の女の子。水商売の母親と二人暮らしで、「大穴(ダイアナ)」という名前にコンプレックスを持っていたダイアナ。裕福で文化的な家庭で大事に育てられてきた、彩子。2人は本の趣味.. » more

 
前のページ    1  2  3  4  5    次のページ

テーマのトップに戻る