誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    北森鴻

北森鴻

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 写真・カメラ
テーマ「北森鴻」のブログを一覧表示!「北森鴻」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5    次のページ
メビウス・レター 北森鴻 過去の手紙をうまく使った、叙述トリックによるサスペンスミステリ。 主人公はこの手の作品にありがちな作家だが、小説が登場することはなく、いわゆる作家系トリックでは.. » more
テーマ 北森鴻

『暁英 贋説・鹿鳴館』(北森鴻)
絶筆のため未完ではあるものの、 北森氏の作品はもう読めないと思っていただけに感激です。 タイトルの「暁英」は、明治政府に雇われた建築家、 ジョサイア・コンドルの雅号とのこと。 メインとなる.. » more
テーマ 北森鴻

『うさぎ幻化行』(北森鴻)
著者最後の一冊。 読み進むにつれ、残りページが少なくなっていくのが なんとも切なくて。 ああ、もう、これで北森作品は読めないんだなぁ…と。 亡くなった義兄が残した“音”を追ううちに見えてく.. » more
テーマ 北森鴻

『虚栄の肖像』(北森鴻)
絵画修復師・佐月のシリーズ。 やっぱり私には分からない世界の出来事で 手に取るからには嫌いではないんだけど それ以上は特に…という不思議な感じ。 エピローグがあるってことは このシリーズ.. » more
テーマ 北森鴻

『なぜ絵版師に頼まなかったのか』(北森鴻)
タイトルだけで、なんとなくニヤリ。 歴史には全く詳しくないので どこまで史実に沿っているのか判断できませんが、 断片的な知識や聞き覚えのある人名を見つけると フィクションであると分かってい.. » more
テーマ 北森鴻

『香菜里屋を知っていますか』(北森鴻)
香菜里屋・工藤氏のシリーズ最終作ということで、 温存していたのに、ついに読んじゃったよぅ。 工藤を含め、おなじみの面々が 人生の新たな局面へ踏み出していきました。 これでもう、控えめながら.. » more
テーマ 北森鴻

『深淵のガランス』(北森鴻)
花師にして絵画修復師、佐月恭壱が主人公。 彼が生きる世界からしても、他シリーズとの リンクがありそうな臭いが感じられました。 北森氏の『花の下にて春死なむ』は ミステリーというジャンルの中.. » more
テーマ 北森鴻

『ぶぶ漬け伝説の謎』(北森鴻)
有馬次郎君の裏京都ミステリー。 エキセントリックな人物たちの言動に惑わされたり、 ディテールの力の抜き加減に苦笑させられたり、 美味しそうな食べ物の方に目を奪われたりしがちですが ミステリーと.. » more
テーマ 北森鴻

『桜宵』(北森鴻)
桜の季節だねぇ…と『花の下にて春死なむ』を読んだら 続きも読みたくなりました(単純)。 以前は図書館で借りたので、文庫を買って再読です。 この香菜里屋・工藤氏のシリーズは大好きで なかでも先述.. » more
テーマ 北森鴻

北森さんお得意の美術もの、それも絵画修復師のお話 ということで、期待大。そして読み出したら、なんとかっちょいい じゃございませんか、佐月恭壱!腰までの黒髪にニヒルな横顔、 そして表の顔は花師、裏.. » more
テーマ 北森鴻

北森鴻さんのライトミステリー。京都の嵐山の奥にある 名刹・大悲閣千光寺。風景抜群なのに、切り立つ石段が 参詣者の行くてをはばむ超マイナースポット。 そこの寺男であり昔は裏稼業にいた男、有馬次郎。.. » more
テーマ 北森鴻

新作を心待ちにしているシリーズの一つ、北森鴻さんの 蓮丈那智フィールドファイルでございます。 クールで美貌の蓮丈那智様。たとえ就職が決まっていても 平気で学生をガンガン落第させ、助手の内藤クン.. » more
テーマ 北森鴻

 
前のページ    1  2  3  4  5    次のページ

テーマのトップに戻る