誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    落語

落語

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: お笑い
テーマ「落語」のブログを一覧表示!「落語」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
テーマ「落語」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

春風亭一之輔の独演会を見に行った 12月13日に川崎市の高津市民館大ホールで行われた春風亭一之輔の独演会を見に行ってきました。高津市民館は溝の口駅前のマルイの11階にありました。終演後はマルイは閉店していて、エレベーターが非常に混みました。一之輔は三席演って ... » more
テーマ 春風亭一之輔 ホール落語 落語

▼とにかくクサクテたまらない、と粋なダンナ!8月31日以来、約3カ月半ぶりに高座に上がって正座した。9月以降も、何度も出前寄席はやっているが、右足のアキレスけんを痛めて正座することが出来ないので立ったまま落語を披露した。 ... » more
テーマ 落語

▼笑三師匠が肺炎のため死去多彩な才能で魅了!落語家・三笑亭笑三(本名:斧田道男=おのだ・みちお)さんが、10月24日に肺炎のため死去した。93歳だった。なお、葬儀は近親者のみで密葬にて執り行われた。 役員として長く落語芸 ... » more
テーマ 落語

面白い落語のことを書いているのに、落語評論家とか落語ライターの書いた本は面白くありません。もちろんワタクシが読んだ範囲での話ですけど。眉間にシワを寄せていたり肩を怒らせていたりしている文章が多いような気がいたします。昔の人の ... » more
テーマ 読書 落語

12月10日の「三三・左龍の会」で思わず笑ったのは三三師匠のセリフなんですが、これが冒頭の対談の時に言ったのか、1席めのマクラで言ったのか、まだ2日しかたっていないというのにもう判然としないのであります。物忘れが激しく進行し ... » more
テーマ 落語

末廣亭12月上席 新進気鋭『かっぱ出汁』(きく麿)鉄キチ『戦国鉄道絵巻』(駒治) 新宿末廣亭12月上席夜の部途中から入る。8割程度の入りで順調。中堅、若手で新作が5つもあった。馬桜師匠の『歯ンデレラ』はきく麿師匠のネタ?駒治は9月に真打ちに昇進したばかり。東急東横線が東急から脱退という鉄道ネタ。文蔵師匠、「とは」は主任に ... » more
テーマ 古今亭駒治 落語 林家きく麿

12月3日の「柳家三三独演会」(栗好みの会)は、前座の代わりに主催者(元某ラジオ局アナウンサー栗村氏)が着物姿で出てきて、座布団に座り、挨拶や出演者の紹介、チケットが売れ残っている会への支援要請などを話しました。さすがアナウンサ ... » more
テーマ 落語

12月1日の「伝承話芸を聴く会」、今回のトップバッターは講談の琴柳先生です。昨年からずっと「祐天吉松」を読み続けています。ときどき訳がわからなかったり面白くなかったりしたこともあって、いつまで続くのかなあと思うことも正直ありまし ... » more
テーマ 落語

落語を聞く楽しみの一つは演者が途中で入れるくすぐりやギャグですね。11月30日の「白酒・甚語楼ふたり会」でも絶妙のタイミングでそれらが散りばめられて、笑わされました。笑いながら、このくすぐりサイコー、覚えておこうと頭の中にし ... » more
テーマ 落語

▼ついでだからソバの器も返しておいで!28日夜開催の小文治師匠の独演会について川ア悦子さんがさっそく、こんな感想を寄せた。今夜は楽しみにしていた小文治師匠の会に伺わせて頂きました。満員御礼でした。私は歌舞伎好きな ... » more
テーマ 落語

▼外は気温13度、会場は熱気でムンムン!うれしい悲鳴!「店内に高座がセットされているのには驚きだ。Aさんの落語は、とても素人とは思えない話芸で、いつも楽しませてくれます。今回の演目は「寝床」。ある商家の旦那がヘタな義太夫に凝 ... » more
テーマ 落語

▼開演5分前ー、いよいよ始まる桂小文治独演会!開演5分前ー。いよいよ始まる。桂小文治師匠の独演会が11月28日、東京・新橋の内幸町ホールで開催される。2018年締めの独演会とあって、飛び切りすごいネタがかかる。 「七段目 ... » more
テーマ 落語

▼自分が、一人一人が行動しないと政治は変わらない!木村康一さんが真剣に訴えた。 私は最近特に、FBの多くの人、グループのコメントを拝見しています。ほとんど自民党、ア〇の悪口オンパレード。もちろん、批判をすることが悪いことでは ... » more
テーマ 落語  コメント(1)

▼安倍政権を非難して野党に評判のいい男!立川談四楼がこう切り返した。なんだ、かんだ、と注文が付くということは、それだけ注目されている証拠である。「自民党落語議連に取り込まれるな」と言う人がまだいる。だから私は会見のの ... » more
テーマ 落語

▼想像を超えるスピードで爆発的にはじけた!若手落語家の中でいま、誰が一番かと聞かれたら、私は間髪入れず、「桂 宮治」の名を上げたい。何年前だろう。東京会館で開かれた十一代桂文治の襲名披露パーティーで初めて言葉を交わした。彼は ... » more
テーマ 落語

▼鋭い洞察力、この切り口はどこから出て来るのか?核心を突く、この鋭い切り口は一体、どこから出て来るのか?感性の豊かさ、洞察力の鋭さに座布団を11枚やりたい!この人はその辺の閣僚よりも「ウイング」が広い。知性に裏打ちされたユーモアセン ... » more
テーマ 落語

▼「年末ジャンボ宝くじ」当たれば若い彼女と豪華な船旅!チョイと、来たよ、来たよ、福の神がー。きょうから「年末ジャンボ宝くじ」が売り出された。1等が当たると前後賞と合わせて10億円。こんなのが当たったら、どうする?私は ... » more
テーマ 話題 落語

▼落語人気に便乗、さっそく自民党に議連が誕生!自民党有志議員による「落語を楽しみ、学ぶ国会議員の会」(落語議連)が20日、発足した。メンバーは遠藤利明や河村建夫、小泉進次郎ら約40人。噺家は笑点司会の春風亭昇太をはじめ柳家さ ... » more
テーマ 落語

落語大好き落語の中の言葉190「フグ」
落語の中の言葉190「フグ」 十代目柳家小三治「らくだ」よりらくだとあだ名される無法者がフグに当たって死ぬ。訪ねてきた兄貴分が発見し、弔いの真似事でもしたいと思うが銭がない。通りかかった屑屋に家財道具を売り払おうとするが買える物はないと断られる。屑屋を脅して使い ... » more
テーマ 江戸時代 落語

甚語楼師匠は今、ノリにノッているのではないでしょうか。11月11日の「左龍・甚語楼二人会」で甚語楼師匠は「粗忽長屋」と「火事息子」(ネタ出し)の2席。滑稽噺と人情噺。どちらも惚れ惚れする高座でした。「粗忽長屋」では突き抜 ... » more
テーマ 落語

「社友会」で浅草へ ここで「社友会」とは、ロボット(私)が定年退職した会社の、退職者による同窓会のようなもので、・・・会社の事業所ごとの退職者で構成されている支部組織と、各支部組織をまとめる本部組織とからなり、会社には世話人がいて資金も一部会社が補助 ... » more
テーマ 50代以上のblog 落語 社友会

文化の日の立教、海洋、落語+1週後の落語、ジャズ 今日は「文化の日」。学園祭の季節ということで、向かった先から大変でしたが、その後はユニークな展開になりました。今日の記事の登場人物は、つりビット、落語家などです。まず、池袋にある立教大学の学園祭「セントポール祭」に、橋本 ... » more
テーマ つりビット 橋本環奈 落語

落語の中の言葉189「てんぷら・下」 次に江戸のてんぷらそのものについて考えてみたい。京山の話では、天明初年の頃の江戸には胡麻揚げの辻売りはあったが、魚肉を使ったものはなかったという。当時の胡麻揚げ・てんぷらとはどんな料理だったのであろうか。小説等から拾うとされ ... » more

▼いよっ、待ってました!小文治師匠!今回はすごいよ!待ってました!桂小文治師匠の独演会が11月28日、東京・新橋の内幸町ホールで開催される。2018年締めの独演会とあって、飛び切りすごいネタがかかる。「七段目」と、ご存知 ... » more
テーマ 落語

▼今、旬の番組がこれ!「昭和元禄落語心中」!累計190万部を突破、魅力的なキャラクターと骨太なストーリーでマンガ賞を総なめ、若者たちを中心に落語ブームを巻き起こしている雲田はるこの『昭和元禄落語心中』をドラマ化!戦争の時代の ... » more
テーマ 落語

▼10億円当たる年末ジャンボがネットで買える!総務省は23日、数字選択式のナンバーズやロトに限定していた宝くじのインターネット販売を、24日からジャンボなどにも広げると発表した。宝くじの公式サイトで、スクラッチを除くほぼ ... » more
テーマ 落語

▼安倍晋三よりサルの方がずっといい!落語仲間と「今度のけいこ会は、何をやるんだい?」などと落語の話をしていても、最後はいつも安倍晋三の話に行きつく。日ごろから、野郎に対する不満が鬱積しているからである。晋三が首相になってよく ... » more
テーマ 安倍晋三 落語

ごまよ◆初生落語@なかのZERO
◆初生落語@なかのZERO 何事も“初めて”がありますが、エンタメ事で、初めてのジャンルにとうとう足を踏み入れました。2018年10月20日(土)記念すべきこの日、場所はお初のなかのZERO大ホール、初めて落語を生で体験しました。 ... » more

迫力『三方一両損』(一朝)、実験『遙かなるたぬきうどん』(彦いち) 国立演芸場10月中席、10月19日(金)は10月中席の金曜日の夜の部に行った。主任は春風亭一朝師匠。4割程度の入りか?中身はなかなかの面白さで得した気分。思い切って力が入る。歌奴師匠は、『宮戸川』だが、サゲを一朝誕生の一席としたのはな ... » more
テーマ 春風亭一朝 林家彦いち 落語

10月14日「柳家甚語楼の会」(お江戸日本橋亭)、甚語楼師匠はいつもどおり3席。その2席めは「茶金」でした。これは上方の「はてなの茶碗」を東京に移したものです。当日のプログラムに甚語楼師匠は書いています。〈この『茶金』という ... » more
テーマ 落語

 

最終更新日: 2018/12/17 23:53

テーマのトップに戻る