誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    落語

落語

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: お笑い
テーマ「落語」のブログを一覧表示!「落語」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
テーマ「落語」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

▼今からとっちめてやるから、待ってろよー!図書館での落語会が突然中止となった。理由は野暮な市の担当者の「図書館らしいことをやれ」のひと言。市から委託を受けた管理会社は反論など出来るわけがない。そんなことをすれば契約を解除され ... » more
テーマ 落語

▼図書館落語を「再開しようよ」と市長に直談判!ここでもうひと押し!市長へのお礼の手紙!市長へきのうはご多用の中を、私たちとの懇談の場を設けていただき、ありがとうございました。一人一人の問いかけに熱心にメモを取り、応え ... » more
テーマ 落語

▼笑うだけが落語ではない!小文治「幾代餅」!桂小文治師匠は日本舞踊を習っている。何十年も続けて踊りの師匠についている。もちろん落語の勉強の一環だ。落語には花魁やオカミサン、若い女の子などたくさん、いろんな女性が登場する。落語 ... » more
テーマ 落語

なんということでしょう、開口一番が一朝師匠なんです。その上さらに、高座がえしとめくりもするのだといいます。8月19日の「春風亭一朝を聴く会」は異様な興奮に包まれたのであります。それというのも一花さんが二つ目に昇進したお祝いな ... » more
テーマ 落語

マー助の人生走快無駄の文化
無駄の文化 無駄か無駄でないかで人生切り分けるのはつまらない。「60歳からの手ぶら人生」ではそんなことに時間を費やすのはもったいないという発想があった。無駄にもいろいろとありますが一番は無駄話かなー。無駄話ができる相手がいるというのが良い。 ... » more
テーマ 落語

▼開口一番、院長先生が私に行ったひと言!「どう、落語の方はやっていますか?」―。2カ月に一度の定期検診に行ったところ、開口一番、院長からこう問いかけられ一瞬、戸惑った。東大出のドクターにしてはさばけた先生で、私が行くと必ず小噺をせが ... » more
テーマ 落語

8月15日の「四人廻しの会」に行き、前から3列めの前回とほぼ同じ席に座りました。すぐに気がつきました。ワタクシの前の夫婦も前回、同じところに座っていたな。なぜ気がついたかというと、ダンナさんのほうが落語が始まるや否やすぐに爆 ... » more
テーマ 落語

猫は猫今いち「酢豆腐」@連雀亭
今いち「酢豆腐」@連雀亭 かなり久しぶりの連雀亭です。ぶらっと寄れるのが魅力の連雀亭だけど、メンバー変わってから初めてになります。(8/11)空いてるんじゃないかなと思いきや約30人ほどの入り。女性は5人で、ほとんどが熟年男性のような。誰か目当てがいる ... » more
テーマ 落語

▼「噺家が消える」?なんだいそりゃー?「噺家が消える」ってどういうことだ?八つぁんと隠居が会話する。どちらの人物も1人の噺家が演じている。ところが、上手い噺家の手にかかると、いつの間にか、観客の頭の中から噺家が消え、「八つぁんと隠居がそ ... » more
テーマ 落語  コメント(1)

▼ボディーブローのように効いてくると昇太!先月2日に慢性閉塞(へいそく)性肺疾患で亡くなった落語家桂歌丸さん(享年81)をしのぶ「桂歌丸追悼8月中席」が11日、東京・国立演芸場で初日を迎えた。8月中席は毎年、歌丸さんがトリを務め ... » more
テーマ 落語

本格派『鷺とり』(昇太)、一番弟子の自負『強情灸』(歌若)、思い出『師匠と国立演芸場』(歌蔵) 8月12日(日)は、国立演芸場8月中席、満員御礼。桂歌丸追悼とのシリーズで、マクラでは師匠の思い出話も多い。前座の金かんは『やかん』の前半部分の『魚根問』。昇吉の『七段目』はしっかりしている。歌蔵師匠は、歌丸師匠の4番弟子で、師匠の思い出話 ... » more
テーマ 桂歌蔵 春風亭昇太 落語

▼「あたぼう」どころか、「べらぼう」な安倍晋三の政治!チョイと、うれしいねー。けさの東京新聞が落語の「大工調べ」を取り上げていた。この噺はあたしが7月29日の落語会でかけたばかりだ。偶然にしても、うれしい限りだ。能書きはこの ... » more
テーマ 落語

猫は猫つる子@赤坂会館
つる子@赤坂会館 台風直撃の影響を受けたつる子三夜の最終日です。注目の八題噺が楽しみ。(8/9)ギリギリに千葉駅を出て溜池山王に19時到着。間に合ったかなーと会場に入ったら前座さんの落語が始まってました。前座 「手紙無筆」つ ... » more
テーマ 落語

にゅうおいらんず@浅草演芸ホール 久しぶりに浅草演芸ホールに行ってきました。お目当ては昇々さんと羽光さんに噺家バンドにゅうおいらんず。楽しみだなー。(8/8)例によって秋葉原まで行ってつくばエクスプレスで浅草へ。これが楽です。エスカレーター脇のポスターから阿 ... » more
テーマ 落語

落語の中の言葉185「広小路」 八代目 三笑亭可楽「二番煎じ」より江戸の名物を詠んだ歌は咄家によって少し違う。八代目可楽師匠は、「武士・鰹・大名小路・広小路・茶見世・紫・火消・錦絵」と話している。広小路は火除地や火除堤等とともに明暦の大火後に設けられた。比留間尚氏 ... » more
テーマ 江戸時代 広小路 落語

第644回紀伊國屋寄席 貫禄『鼓ケ滝』圓窓、人生『道具屋』(木久扇) 8月6日(月)午後6時半からは第644回紀伊國屋寄席。当日券はあり、9割程度の入りか?中トリは木久扇師匠で、マクラが面白かった。食品業を営んでいる経緯を話す。学校で食品化学を学ぶ、森永乳業に就職、その後、ラーメン店を経営。業界のラーメン ... » more
テーマ 林家木久扇 落語 三遊亭圓窓

8月4日の「白酒・甚語楼ふたり会」での甚語楼師匠の一席めは「胴切り」。この噺で何よりすごいのはおカミさんですね。上下二つに分かれた亭主を見ても慌てることなく、いつもと同じように平然として軽口をたたいたりしております。甚語 ... » more
テーマ 落語

「煮売屋」桂米輝「つぼ算」桂歌之助「金魚の芸者」柳亭こみち「七段目」桂歌之助中入「船弁慶」桂歌之助本当に久しぶりの落語会。最近落語会に足が遠のいていたのだけれど、歌之助独演会なので聴きに行く気になった。「つぼ算」、「 ... » more
テーマ 落語

▼いぶし銀の芸に「いよー、・・・ってましたー!」の声!「いよー、・・・ってましたー!」。師匠が高座に上がった瞬間に、待ってましたの「待」(ま)が聞こえるか、聞こえないか、ぐらいの調子で声をかけるのが難しい。あたしの落 ... » more
テーマ 落語

三遊亭円丈の名著『御乱心』が三十年以上の時を経て、『師匠、御乱心!』と改題され、ついに文庫化された。正直、新たにつけられた鼎談や夢枕獏の解説はつまらなかったのだが、そのむかし、『御乱心』をはじめて読んだときはまさに衝撃だった。スポー ... » more
テーマ 芸能 落語

ITA日記2018/07/28(土) かもしか亭
2018/07/28(土)元上司がやっている立ち飲み屋さんで落語会がありました。http://www.luciole.jp/tenants/kamoshika/台風が上陸直前で蒸暑さは最高で、そんな中、同僚に誘われて参加しま ... » more

▼安倍ソックリのゴウツク大家を叩きのめす!あす29日は落語会。落語の稽古はいつも散歩を兼ねて、歩きながらやっているが、今日は台風だ。うちで稽古するしかない。かける落語は「大工調べ」。天才、志ん朝師匠の名調子をDVDで聴き一目惚れ ... » more
テーマ 落語

▼ゴウツク大家を安倍晋三に見立てた「大工調べ」!あす29日は落語会。朝から降ったりやんだりで小康状態だった雨がピタッとやんだ。念のため雨合羽を着て最後の稽古をしようと表に出た。しばらくして急に雨が降り出した。風もある。いよい ... » more
テーマ 落語

桂歌蔵の会 パノラマチック『寝床』(歌蔵)粋な味『禁酒番屋』(小助六) 7月24日(火)午後6時からお江戸日本橋亭で、「桂歌蔵の会」だ。夜席だが、とても暑い中の高座。半分程度の入りだが、定席で、この季節では致し方ないだろう。歌丸一門だから落語芸術協会の面々。鯉白は、鳥取三朝温泉の出身でそのエピソードをマクラ ... » more
テーマ 雷門小助六 桂歌蔵 落語

7月21日「左龍甚語楼二人会」の冒頭トークで、甚語楼師匠がかつて歩くことにはまっていた、と知りました。落合にある自宅から都内の寄席にすべて歩いて行ったことがあるのだそうで。この会の会場であるお江戸日本橋亭にも一度歩いてきたことが ... » more
テーマ 落語

猛烈な暑さが続く7月17日、汗だくになって「四人廻しの会」を聞いてきました。いくら暑くてもさすがプロ。ふだんと変わらない達者な芸を披露してくれました。当日の番組・前座(ひしもち):「子ほめ」最近一番聞いている噺家 ... » more
テーマ 落語

落語の中の言葉184「馬子にも衣装、髪かたち」 三代目三遊亭金馬「浮世床」より咄の中で「馬子にも衣装、髪かたち」といい、江戸時代には頭を見ると、侍、職人、商人が分かったと話している。江戸時代の男の髪型も時代により大きく変化している。まずは幕末の様子を『守貞謾稿』から見てみ ... » more
テーマ 江戸時代 男の髷 落語

7月13日の「菊之丞文菊兄弟会」は面白うございました。どちらも負けず劣らずの好演でしたが、やはり全体的な表現力では菊之丞さんのほうが一枚上手であることを実感いたしました。菊之丞さんは、噺が体の中で消化され血肉となっているので ... » more
テーマ 落語

久しぶりの早朝寄席を友人たちと楽しむ 7月15日、久しぶりに鈴本演芸場の早朝寄席を聴きました。前日から農業短大園芸科同級生4人と共に行っている東京観劇ツアーの一環です。今回の出演者と演目は、演目ボードの写真にもあるように、鈴々舎八ゑ馬の「手水廻し」、林家木りんの「力士の春」 ... » more
テーマ 早朝寄席 落語 訃報・弔意

猫は猫羽光・茶光兄弟会@番衆亭
羽光・茶光兄弟会@番衆亭 番衆亭ってところに行くのは初めてです。昔の地名が新宿番衆町だったとか…。(7/6)新宿二丁目なのかな、ここは。新宿三丁目駅から10分たらず。商店と住宅が混在した裏通りのビルの2階にありました。ちょっとわかりにく ... » more
テーマ 落語

 

最終更新日: 2018/08/21 04:53

テーマのトップに戻る