誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ハイ・ファンタジー

ハイ・ファンタジー

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: ハイ・ファンタジー
テーマ「ハイ・ファンタジー」のブログを一覧表示!「ハイ・ファンタジー」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3    次のページ
私の中では、〈ひと〉と〈機械〉の狭間で揺れ動くものたちを描くSFファンタジーが菅浩江さんの最も美しいジャンルだと思っていたのですが、そんな思い込みを打ち破って〈少年少女の迷いと懊悩に満ちつつも、清々し.. » more

阿部智里さんの〈八咫烏世界シリーズ〉、第2部開始!です。1部で描かれた山内という世界とその危機、2部ではどう展開しているのか?と思っていたら、『楽園の烏』というタイトル。なんだか、意外なネーミングだと.. » more

『零號琴』/飛浩隆 ◎
いやあ、壮大というかもうホント、大変でしたわ~。『グラン・ヴァカンス ~廃園の天使Ⅰ~』で私の心をわしづかみにした飛浩隆さんの『零號琴』、SFでファンタジーでしかも世界観説明がないままに物語が始まるも.. » more

『グラン・ヴァカンス ~廃園の天使Ⅰ~』の第二弾。前作は一つの区界の崩落の1日を絶望をつぶさに描いた長編でしたが、本作は前作の前日譚など外伝的短編集。飛浩隆さん描く、〈数値海岸(コスタ・デル・ヌメロ).. » more

飛浩隆さんの『グラン・ヴァカンス ~廃園の天使Ⅰ~』 。私の〈読みたい本リスト〉のメモに、「AI達が封じられた、VR世界の崩落の一日」と書いてあって(このメモ書いたのがいつかも思い出せない・・・)、た.. » more

「鹿の王 水底の橋」感想/角川文庫 上橋菜穂子著  登場人物紹介を見てそりゃそうだと思いつつもやっぱり項垂れた。  とりあえず年長者はそれなりにこええと思ったのと若者は悩むものなのだとし.. » more

「鹿の王」感想/角川文庫 上橋菜穂子著  文庫にて全四巻なんですが二巻の中盤辺りで「ああ〜タイトルの意味はそうなのね完全に理解した」とか相当な見当違いな結論に勝手に達していて最後まで読み感動と.. » more

阿倍智里さんの〈八咫烏世界〉シリーズの、各長編の合間にあった、愛の物語6編。それぞれにとっての愛が、美しく力強く、描かれてていました。素晴らしかったです。『八咫烏外伝 烏百花 ~蛍の章~』ってことは、.. » more

前作『玉依姫』を八咫烏側から描いた、本作『弥栄の烏』。展開が分かっている分、ちょっと物足りなかった気がしますねぇ。もっと違う側面が見られるかと思ってたのですが・・・。とはいえ、シリーズ第一部完結、って.. » more

砂漠のどこかに時々出現するという、〈影の都〉。そこに唯一人君臨する〈影王〉は時折、人を呼び寄せるという。第一回創元ファンタジイ新人賞・選考委員特別賞受賞作、『影王の都』(受賞時タイトルは「砂の歌 影の.. » more

宮部みゆきさんの、『英雄の書』の続編。〈無明の地〉において〈万書殿〉を守る、『悲嘆の門』。その門番と戦うための力を集めている戦士・ガラ。ガラの存在を知ってしまった主人公・孝太郎は、彼女の力を分け与えら.. » more

〈もし、スターボードを手に入れたら〉の妄想が止まらない、水無月・Rでございます(^^;)。でも、小心者なので、一等賞のスタープレイヤーは辞退したい(笑)。籤を引かなきゃ大丈夫なのかしら。ていうか、一等.. » more

 
前のページ    1  2  3    次のページ

テーマのトップに戻る