誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    西尾幹二

西尾幹二

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 西尾幹二
テーマ「西尾幹二」のブログを一覧表示!「西尾幹二」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4    次のページ
おはようございます。 今日もどんよりとした鬱陶しい梅雨の空模様です。 最近みた篠原常一郎氏のYouTube: #2020/07/02 『Fukushima 50』の真実、山岡鉄秀氏、福島県 .. » more
テーマ 西尾幹二

◆きょう11月25日は『憂国忌』です。 「三島由紀夫には現実がよく見えていました。  しかも、三島は論理的一貫性を守り通して逝った。それは弱者のごとく、かつ強者のごとくでありました。  三島はわ.. » more
テーマ 西尾幹二

 題名に書いた具体的な名前を書けば西尾幹二氏である。ゴルフに行って疲れていたので産経紙(9月7日)を読み始めたが寝てしまった。  起きて、正論を読んでこの記事を書いています。 〇今の世の中.. » more
テーマ 西尾幹二

 西尾幹二氏の分厚い日本の歴史がブックオフで100円で売られていたときその内容に共感したわけでもなく一応目を通そうと思い買ってみた。それから10年になるのだろうか。今ではこの西尾さんの正論に全面的に共.. » more
テーマ 西尾幹二

2016.6.10 09:00 【正論】 トランプ外交も本質変わらず…米国への「依頼心」こそ最大の敵 評論家・西尾幹二  米大統領選挙のあとに日米関係は大きな変化が訪れ、わが国は今まで考えて.. » more
テーマ 西尾幹二

 最近体調を崩していて、自分のテーマを追い続ける気力を失っていたこともあって、気分転換に鈴木敏明氏の自伝小説『えんだんじ 戦後昭和の一匹狼』(文芸社)を読んだ。昨年の夏に贈呈されて、読まなければと思い.. » more
テーマ 西尾幹二

ニーチェが登った階段
西尾幹二氏によると 「最近の世の中は余りにも物事を簡単に考える人が多くなっている。ニーチェはニーチェを読む人に自らの体験を求めている。ニーチェはまず自分の読者であることを止めよと言っている。.. » more
テーマ 西尾幹二

ニーチェ 神になった悲劇人
ブクログ・パブーに今年唯一の論考『ニーチェ 神になった悲劇人』を公開したのでお知らせいたします。 http://p.booklog.jp/book/93502 .. » more
テーマ 西尾幹二

 天下分け目の関ヶ原、大坂冬の陣、夏の陣。  二度あることは三度あると言うが、太閤恩顧の大名が秀頼を担ぎ上げて、家康に敵対する事件もやはり三度出来した。  家康はこれに対し、仏の顔も三度までと、三.. » more
テーマ 西尾幹二

徳川家康の天下取り 【二】 大坂の陣
徳川家康は豊臣秀吉のよき理解者ではなかった。  彼の才気に満ちた天下への仕置きの多くを、物好きから来る私的行為とみなしていたらしく思える。  例えば、方広寺の大仏建立である。  この事業.. » more
テーマ 西尾幹二

 家康は狸親父といわれ、大変な陰謀家と思われているが、必ずしもそうではない。  確かに、彼は秀吉に六尺の弧、すなわち遺児秀頼を託されておきながら、後にこれを滅ぼした。これほど後世の印象を悪くしたこと.. » more
テーマ 西尾幹二

徳川家康と天道
 徳川家康が織田信長のことをどう思っていたか分らない。  しかし、彼にもまた、信長・秀吉とはその内容のやや異なる、独自の天道思想があったことは確かだ。  家康は源頼朝の天下統治のあり方を模範と.. » more
テーマ 西尾幹二

 
前のページ    1  2  3  4    次のページ

テーマのトップに戻る