誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    研究実況中継

研究実況中継

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 研究実況中継
テーマ「研究実況中継」のブログを一覧表示!「研究実況中継」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4    次のページ
多賀大社梵鐘銘文(天文24年)
  多賀大社鳧鐘銘文 天文二十四年九月二十日                           本願上人祐尊謹誌  大日本国近江州多賀大社鳧鐘     天文廿四年九月廿日奉鋳之畢 佐々木.. » more
テーマ 研究実況中継

『天文三年浅井備前守宿所饗応記』
『天文三年浅井備前守宿所饗応記』 浅井備前守(亮政) 御屋形様(京極高清) 御曹司様(高広) 「一族衆」 京極加賀守政数 加賀五郎(政数甥) 黒田四郎左衛門尉(宗清) 岩山民部少輔.. » more
テーマ 研究実況中継

 鎌倉期の土岐氏は美濃の有力御家人で、北条氏と姻戚関係を結び、土岐隠岐守光定は北条氏を妻としていた。光定の庶子は隠岐太郎・三郎と称し、嫡子は隠岐孫太郎・孫二郎と称した。系図では頼貞母を北条貞時女とし、.. » more
テーマ 研究実況中継

永原氏の系譜(2訂)
 永原氏は『源行真申詞記』に登場する愛智家次の一族という系譜伝承をもつ。愛智家次は近江愛智郡大領愛智秦公の子孫と考えられるが、佐々木荘下司源行真の女婿となることで佐々木一族化した。家次の弟田中入道憲家.. » more
テーマ 研究実況中継

久留里藩主黒田家の系譜
 一般に宇多源氏佐々木氏庶流黒田氏というと外様大名の筑前福岡藩主黒田家が有名だが、実は譜代大名である久留里藩主黒田家も先祖が近江出身であり、宇多源氏佐々木氏庶流黒田氏の子孫の可能性がある。  『寛政.. » more
テーマ 研究実況中継

 木地師は、戦国期に近江守護佐々木六角氏の支配下にあって甲賀銀山の開発を担っていた。その木地師の統括者であった小椋氏が、鎌倉幕府草創期には近江守護佐々木氏の郎党であったことが、九条兼実の日記『玉葉』や.. » more
テーマ 研究実況中継

後南朝の系譜伝承についての雑考
 正長元年(1428)7月に称光天皇が嗣子のないまま危篤状態に陥ると、父の後小松上皇は北朝系の伏見宮家から彦仁王(後花園天皇)を後継者に選ぼうとした。これは南北朝合一の条件のひとつ両統迭立を無効とする.. » more
テーマ 研究実況中継

 武田氏二十四将のひとり横田高松の孫伊松は徳川家康に五千石で召しだされて幕府旗本となり、さらに田沼意次の側近横田準松(筑後守)のときには御側御用取次として権勢を振るい、加増されて家禄九千五百石となり、.. » more
テーマ 研究実況中継

横山氏の系譜―高島七頭(3)
 高島郡横山郷地頭職は鎌倉初期には大江広元であったが、佐々木広綱に譲られた(地蔵院文書)。このことから、佐々木広綱が大江広元の女婿であったことが分かる。広綱の「広」の字は、烏帽子親であり舅でもある広元.. » more
テーマ 研究実況中継

朽木氏の系譜―高島七頭(2)
 朽木氏は、高島高信の次男出羽守頼綱に始まる佐々木出羽家のうち、頼綱の次男出羽守義綱が承久勲功の朽木庄を相続したことに始まる。頼綱は霜月騒動で活躍し、安達泰盛(城陸奥守)追討賞で出羽守を受領した。安達.. » more
テーマ 研究実況中継

西佐々木氏(高島七頭)の系譜  近江守護佐々木近江守信綱の次男近江二郎左衛門尉高信は高島郡田中郷を与えられ、その子孫は繁栄して「西佐々木」あるいは「高島七頭」と呼ばれる武士団を形成した。高信の母は長.. » more
テーマ 研究実況中継

永原氏の系譜
 永原氏は『源行真申詞記』に登場する愛智家次の一族という系譜伝承をもつ。愛智家次は近江愛智郡大領愛智秦公の子孫と考えられるが、佐々木荘下司源行真の女婿となることで佐々木一族化した。家次の弟田中入道憲家.. » more
テーマ 研究実況中継

 
前のページ    1  2  3  4    次のページ

テーマのトップに戻る